神奈川県

相模・真田城 大森藤頼自刃の地?

相模・真田城

スポンサーリンク

相模・真田城

相模・真田城(さなだ-じょう)は、神奈川県平塚市真田1丁目にある平山城(丘城)です。
別名は真田要害とも言います。
鎌倉御家人として有名な佐奈田義忠(佐奈田与一)が城主を務めたのが相模・真田城とされます。
まさに、真田氏発祥地とも言える場所です。


スポンサーリンク

鎌倉期の真田城は、現在の天徳寺境内と此定されています。
その後、しばらく、真田城は使われなかったようですが、応永年間(1394年~1428年)に、相模・岡崎城主である岡崎義実の子が、真田城に入って、真田義忠(佐奈田義忠)と称したともあります。

また、1495年頃に伊勢宗瑞(北条早雲)が小田原城を奪取すると、逃亡した大森藤頼は、岡崎城主・三浦道寸を頼って真田古城(実田城)に入り、改修したともあります。

天徳寺(相模・真田城)

ただし、1498年頃には、伊勢宗瑞(北条早雲)によって相模・真田城は陥落しました。
この時、大森藤頼は自刃したとも言われています。(諸説あり)

なお、大森藤頼の子・大森泰頼は、まだ幼かったようで、甲斐国に逃れたともされます。

1504年には、両上杉氏による真田合戦(真田城の戦い)となり、真田城は落城・廃城になった模様です。


スポンサーリンク

その後、戦国時代の1574年に、鈴木隼人なる北条家の家臣が天徳寺を創建しました。

天得寺の山門を入ってすぐ左手に進むと、一段高くなったところに与一堂(眞田明神)があります。

相模・真田城

その場所が一番高い所で、標高30m。
麓の田んぼとの比高で15mとなります。

真田城

本堂の裏手辺りに土塁があるとの話があったのですが、確認はできませんでした。
もしかしたら、かなり低い土塁となってしまっているのかも?知れません。
周辺は土地区画整備が進み、真新しい住宅も建設しているように開発が進んでいる場所でした。

相模・真田城

天徳寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
境内の檀家さん用駐車場を拝借させて頂きました。御礼申し上げます。

真田発祥の地はココ~間違えてはいけない真田氏発祥
相模・岡崎城 三浦同寸の城
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
相模・石田城 石田為久の石田館
佐奈田義忠【佐奈田与一】わかりやすい解説~郎党・文三とは
大森氏頼居館【大森氏頼】わかりやすい解説
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP