神奈川県

武蔵・権限山城の歴史解説 権現山城の戦い 横浜駅近くの城跡 上田政盛

武蔵・権限山城

スポンサーリンク



権限山城とは

武蔵・権限山城 (ごんげんやまじょう) は、神奈川県横浜市神奈川区幸ケ谷にある平山城で、別名は神奈河城とも書きます。
最初の築城としては、室町時代に扇谷上杉家に従っていた、上田蔵人とされます。
この上田政盛(上田蔵人政盛)は、相模守護代と言う実力者とされます。(なぜ、武蔵国にあたる横浜市を知行したのかは、よくわかりませんが・・。)
相模国守護代・上田正忠(上田政忠)の子が、上田政盛(うえだ まさもり)と推定されているようです。
相模・上田氏の出自は、武蔵七党の西党の庶流となる上田氏の嫡流とされます。


スポンサーリンク



長享元年(1487年)からの長享の乱で上田氏は活躍し、山内上杉家領だった神奈川湊を領地に加えたようです。

武蔵・権限山城

永正2年(1505年)に扇谷上杉氏が、山内上杉家に降伏したため、不満を抱いた上田政盛は、永正7年(1510年)6月に、小田原城の伊勢宗瑞の調略に応じて、武蔵・権現山城に立てこもりました。
そのため、上杉憲房(山内上杉氏)の援軍を得た、上杉朝良(扇谷上杉氏)は、2万の大軍にて、権現山城を攻撃しました。 (権現山城の戦い)
間宮林蔵のご先祖様である、笹下城の間宮氏も、駆けつけて、一緒に籠城していた模様です。

権現山城の戦い

この時、後詰めとして駆けつけた北条勢は「本覚寺の地蔵堂」を根城(本城)として籠城したとありますが、激戦のすえ、上杉氏が勝利しました。
その本覚寺は、尾根伝いだったようで、その後、北条早雲の支配下となると、武蔵・青木城として、整備されており、権限山城は青木城の一角となった模様です。

権現山城

上田政盛(上田蔵人政盛)に関しては、上田正忠ら一族と共に、伊勢宗瑞の許に逃れたともあり、明確ではありません。
いずれにせよ、相模・上田氏は没落し、庶流とされる、武蔵・松山城上田朝直らが、扇谷上杉家の重臣として活躍するようになりました。

権現山城

江戸時代に入ると、権現山と、横浜の間には、東海道の神奈川宿が整備されています。

幕末に黒船が来航すると、神奈川台場建設のため、権限山城後は、山頂が削られました。

権現山城

また、明治時代には、日本初の鉄道の建設により開削され、地形は原型を留めておらず、遺構はありませんが、現在、幸ヶ谷公園となっています。


スポンサーリンク



交通アクセス

武蔵・権現山城への交通アクセス・行き方ですが、最寄り駅は京急本線の神奈川駅(各駅停車)から、徒歩5分くらいの距離です。
横浜駅からでも徒歩圏内です。
駐車場はありませんので、横浜駅周辺のコインパーキングに止めてから、徒歩で向かう事をお勧め申し上げます。
青木城とセットでどうぞ。

武蔵・青木城の解説 多米元忠
北条早雲の解説【詳細版】戦国時代の幕開け~伊勢宗瑞の生涯
笹下城 間宮氏が城主を務めた横浜の拠点のひとつ
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP