岐阜県

馬籠城の解説 島崎藤村の先祖が守備した城跡

馬籠城




馬籠城(まごめ-じょう)は、岐阜県中津川市馬籠にある丘城で、丸山と呼ばれた高台に築かれていました。
標高は571m、比高は20mほどです。
その脇には中山道が通り、坂道は「丸山の坂」と言い、約400m北側には、江戸時代に整備された宿場町「馬籠宿」があります。
最初の築城は不明ですが、室町時代、馬籠・遠山氏の所領となっており、馬籠城は遠山十八支城のひとつにもなります。





1473年には、小笠原家長と木曾家豊が伊那谷と木曽谷から遠山荘に侵攻し、馬籠付近は木曽氏が領することになったようです。
その後、甲斐の武田信玄が信濃に勢力を伸ばすと、天文24年(1555年)に、木曾氏は武田氏に降伏し、遠山氏も武田家の傘下に入りました。

下記は、馬籠城に繋がる中山道を、妻籠宿から撮影したものです。

中山道

戦国時代の1558年、相模の三浦氏一族とされる島崎重綱が、木曾義在(きそ-よしあり)に仕えて、馬籠城を与えられたとあります。
妻籠宿の脇にある永昌寺は、島崎重綱が菩提寺として建立したとされます。
島崎重綱の出自は、三浦義明の3男・大多和義久の系統になる三浦一族で、横須賀の楠ヶ浦(アメリカ海軍横須賀基地)の領主である永嶋正義(永嶋出雲守正義)の弟・永島正胤(まさたね)が、南北朝時代の幼年期に出家して、木曽に移ったことから始まるともありますが、よくわかりません。
永嶋家は楠木正成の血を継いでいる可能性もあります。





武田勝頼が、織田信長の軍勢に敗れると、本能寺の変を経て、馬籠城は木曽家の最前線となったようです。
滝川一益も、尾張に逃れる際に、通行したことでしょう。

馬籠宿の坂道を抜けた、妻籠宿側の最上部には「陣馬上展望広場」があります。
戦国時代の天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いの際に、木曾義昌豊臣秀吉に寝返ったため、徳川勢である信濃・飯田城菅沼定利高遠城の保科正直、諏訪の諏訪頼忠ら7000が馬籠城を攻撃する際に、陣を張った場所にもなっています。
下記が、その陣馬展望台からの風景です。

陣馬展望台

馬籠城を守備したのは、豊臣秀吉に恭順した、木曽福島城主である木曾義昌の家臣で、島崎重綱の子・島崎重通となります。
戦略的に劣勢な島崎重通は、馬籠城を放棄して、山村良勝が守る妻籠城に入り、徳川勢の撃退に成功しています。

その後、木曾義昌は徳川家に帰参し、木曾氏を含めた信濃の諸将は、徳川家康の傘下に組み込まれました。
そして、1590年、豊臣秀吉の小田原攻めにて、徳川家康が江戸城に移ると、木曾義昌は、1万石にて千葉の芦戸城に移ります。
このとき、島崎重通は、木曽氏に付き添わず、馬籠に残る選択をし、郷士となりました。

1600年、関ヶ原の戦いの際にも、中山道を進んだ、徳川秀忠の軍勢が通過したものと推測されます。

江戸時代に入り、中山道が制定されると、宿駅として馬籠を整備し、島崎氏は、明治に至るまで、代々、本陣や庄屋、問屋を務めました。
妻籠宿の本陣も、島崎氏の一族が任に当たっています。
そして、明治5年には、小説家・島崎藤村が、妻籠の本陣で生まれました。





馬籠城ですが、特に遺構などなく、案内板がある程度となります。

馬籠城への交通アクセス・行き方ですが、当方のオリジナル地図にてポイントしております。
なお、旧中山道の1.5車線道路は、路線バスも通ります。
駐車場はありませんので、じっくり見学する場合には、馬籠宿の無料駐車場に止めて、中山道を中津川方面に、徒歩5分ほどになります。
電車の場合、JR中津川駅から、3番乗り場「北恵那交通バス」の馬籠線「落合・馬籠方面」行きに乗車して、所要25分、終点の馬籠バス停下車し、徒歩5分となります。

馬籠宿のみどころ解説 ノスタルジーな江戸時代を歩く
苗木城 景色もバツグン見どころ満載の続日本100名城
妻籠城の解説 妻籠城の戦い





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 河崎氏館
  2. 丹後・谷垣城
  3. 摂津・三田城
  4. 志村城
  5. 日向・淡路城
  6. 相木城
  7. 柿岡城
  8. 越後・琵琶島城
  9. 丹後・石川城
  10. 真田氏館跡

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP