長野県

妻籠城の解説 妻籠城の戦い 山村良勝

妻籠城




妻籠城(つまご-じょう)は、長野県木曽郡南木曽町吾妻にある山城で木曽川に面しています。
標高は521m、比高は150mほどの要害です。
中山道の抑えであり、のち江戸時代に整備された妻籠宿の北にあります。
主郭・二の郭・空堀・帯曲輪をそなえた規模の大きい山城となっています。





最初の築城は不明ですが、室町時代の中頃までは馬籠・遠山氏の所領となっていました。
ただし、妻籠城は遠山十八支城に含まれないため、城があったかは定かではありません。
1473年には、小笠原家長と木曾家豊が伊那谷と木曽谷から遠山荘に侵攻して、木曽谷は木曽氏が統一しました。
その後、甲斐の武田信玄が信濃に勢力を伸ばすと、天文24年(1555年)に、木曾氏は武田氏に降伏し、遠山氏も武田家の傘下に入っています。

武田勝頼が、織田信長の軍勢に敗れると、本能寺の変を経て、1584年、小牧・長久手の戦いの際に、徳川勢である信濃・飯田城菅沼定利高遠城の保科正直、諏訪の諏訪頼忠ら7000が、隣の馬籠城を攻撃しました。

この時、妻籠城を守備したのは、木曽氏の家臣である山村良利と子の山村良候(やまむら-よしとき)と、その子の山村良勝(やまむら-よしかつ)になります。
山村氏は、1555年に、木曾義康が甲斐の武田信玄に降伏してから、武田家に重用された武将であり、武田家より美濃の安弘見・千旦林・茄子川に600貫を与えられていました。
山村良候の正室は、千村重政の娘です。
その子、山村良勝の正室は、飯羽間城主である遠山友忠の娘です。

妻籠城

1582年、武田勝頼も織田勢の攻撃を受けて滅亡し、本能寺の変を経て、前述のとおり、1584年に、小牧・長久手の戦いの際に、小笠原貞慶を鳥居峠にて撃退した木曽勢でしたが、更に攻撃を受けた馬籠城の島崎重通は、妻籠城に退却しました。
そのため、菅沼定利、保科正直、諏訪頼忠ら7000は、700が守る妻籠城にも押し寄せ「妻籠城の戦い」となっています。
この時、山村良利・山村良候・山村良勝と中関大隅守、島崎重通は、籠城しました。
竹中小左衛門が、鉄砲の火薬などを補給すると言う活躍もあり、豊臣勢で、美濃・近在城の森忠政が加勢にすると言う情報を得た徳川勢は、挟み撃ちになるのを恐れて撤退しています。

妻籠城

その後、木曾氏を含めた信濃の諸将は、徳川家康の傘下に組み込まれました。
そして、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにて、徳川家康が江戸城に移ると、木曾義昌は、1万石にて千葉の芦戸城に移ります。
このとき、山村氏も、木曽氏に従って、千葉に移りました。
しかし、木曽義利が不行状により改易されると、山村氏は徳川家康の家臣に加わっています。

1600年、関ヶ原の戦いの際には、中山道を進んで上田城の戦いなどで遅延していた、徳川秀忠は、9月17日も妻籠城にて東軍勝利の知らせを聞きました。
この時に妻籠城は改修されたようです。

妻籠城

一方で、山村良勝は、徳川勢として犬山城攻めにて武功を挙げ、1万6200石の大名となりました。
尾張藩の木曾衆として、木曽福島に山村代官屋敷を置き、木曽谷の統治を行っています。

1615年、大坂の陣の際には、馬場半左衛門など11名が妻籠城を守りましたが、元和二年(1616)に廃城となっています。





妻籠城は、登山道もしっかり整備されていて、スニーカーでも登りやすいようですが、訪れた日は本降りの雨でしたので、登城は控えました。
本丸からの展望もよく、妻籠宿を一望できるようです。
登城口から本丸までの所要時間は片道10分ほどのようです。
妻籠城の資料は、妻籠宿の脇本陣にある資料館にて、少し展示されていました。

妻籠宿のみどころ解説 素朴な江戸時代にタイムスリップ
馬籠城の解説 島崎藤村の先祖が守備した城跡
徳川秀忠 徳川幕府第2代将軍~凡庸ではなかった武勇ある実直な武将





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 院庄館
  2. 賀儀城
  3. 畠山重忠の墓
  4. 衣川城
  5. 井草屋敷(井草城)
  6. 聖通寺城
  7. 庄ノ城(壇城)
  8. 矢部氏館(矢部城)
  9. 大峪城
  10. 日向畑遺跡

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP