東京都

深大寺城 東京にも貴重な遺構が復元されている国史跡の平城

深大寺城




深大寺城(じんだいじじょう)は、東京都調布市深大寺元町にある平城跡で、武蔵七党の狛江入道増西による築城との伝承がある国史跡。
戦国時代の1524年に、北条氏綱(北條氏綱)が江戸城を攻略すると、川越城主・扇谷上杉朝興の家臣である難波田城主・難波田憲重(なんばだ-のりしげ)が、深大寺城主も兼ねた可能性がある。
1530年6月12日、上杉朝興と北条氏康の戦いとなる「小沢原の戦い」が多摩川の南となる小沢城などにて行われたが、この時、進軍する扇谷上杉勢は「ふるき郭」と当時の記述がある深大寺城に駐屯したものと推測される。





1537年4月、扇谷上杉家を継いだ上杉朝定は、江戸城奪還を目論み、更に、小田原城主・北条氏綱の武蔵進出を食い止めるため、難波田広宗(難波田弾正広宗)を深大寺城に入れて、改修させている。

深大寺城

深大寺城の警戒の為、北条氏綱は家臣の高橋氏を牟礼砦と烏山城に入れて、深大寺城への備えとし、直接、上杉朝定の本拠・河越城を攻撃した為、深大寺城の扇谷上杉勢は急ぎ河越城へと後詰している。
扇谷上杉家と北条家とで河越城の奪い合いが行われたころには、深大寺城から扇谷上杉勢は撤退していたようで、北条家による大規模な改修も行われたようだ。

深大寺城

その後、1546年4月20日、河越城の戦い(河越夜戦)にて北条氏康が大勝利を収めると、深大寺城の重要性は薄れた。

深大寺城

上記は、深大寺城の二の郭(二の丸)で、結構広いです。

深大寺城の土塁

二の丸と一の郭(本丸)の間には、堀と土塁が発掘・復元されています。

深大寺城の建物跡

上記は建物跡です。
発掘調査しますと、史跡保存の為、単純に埋め戻す事が多いのですが、このような形で見えるようにして頂けますと、建物の大きさなどが想像できて良いですね。

深大寺城の土塁

また、土塁の復元と言い、草刈の整備状況と言い、素晴らしいです。

深大寺城の土橋

上記は、本丸と二の丸との間の土橋ですが、昔は当然もっと細かったようです。

深大寺城の本丸

深大寺城は標高50mにある連郭式平城であり、東の湿地帯との比高は約13mとなります。

深大寺城

南側の崖下には現在、中央高速が通過しており、うるさいです。

深大寺城

上記は東の湿地帯から撮影した深大寺城の高台です。

深大寺城の湿地帯

とにかく、深大寺と言い、水が豊富なところですね。

交通アクセスですが、現在、深大寺城は、東京都が整備した神代水生植物園の園内にあります。
開園時間は朝9時30分~閉門が16時30分となっています。
また、定休日があり、月曜日(月曜日が祝日の場合には翌日)と年末年始がお休みです。
実は、先日、火曜日に訪問したのですが、前日が祝日だったので閉まっていて入れませんでしたので、再訪問となった次第です。

深大寺城

深大寺の北にある神代植物公園とは異なり、水生植物園は入園無料です。
水生植物園(深大寺城)への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点が入園口となります。
駐車場はありませんが、入園口のすぐ西側にタイムズがありますので、非常に便利です。
バスの場合には、終点・深大寺バス停から、徒歩3分となります。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

深大寺(お寺の方)の訪問記はこちら
難波田城と難波田憲重とは~難波田氏を継承した難波田憲次も
小沢城(川崎市)と小沢原の戦い~勝坂と隠れ谷・小沢蔵屋敷
江戸にある史跡巡り用オリジナルGoogleマップ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP