新潟県

根知城 村上義清終焉の地 糸魚川の山城

根知城

スポンサーリンク

根知城(ねちじょう)は、新潟県糸魚川市根知谷区にある山城で、標高は370m、比高270mと大変堅固な城です。
実際には、根小屋城、上城山城、栗山城と言う主に3つの城で構成されていて、郭跡17、削平地201、堀切16、竪堀15と大規模になっていることから全体で、根知城と呼ばれます。

西には姫川、東から北にには根知川が流れており、自然条件を最大限に活用した山城です。

最初の築城は不明ですが、城主としては、禰智氏(ねち-し)がいたようです。
禰智大炊助清政、根知掃部助と言う名が見受けられます。

戦国時代になると春日山城上杉謙信によって改修されたようで、1565年には、上杉家を頼って逃れていた村上義清を根知城主になっています。

根知城

村上義清は、根知城で死去しており、伝承では、根小屋の安福寺に墓があるといわれています。

御館の乱になると、根知城主である赤見小六郎・吉江丹波守らは武田家に寝返りました。
結果的に、上杉景勝を助けた武田勝頼に割譲され、仁科城仁科盛信の所領になったようで、渋田見盛種など安曇野衆が入っています。
しかし、武田家が滅亡すると、再び上杉家の領地として復活しており、西方房家(にいかた-ふさいえ)、桜井晴吉(桜井三助晴吉)、吉江民部少輔、長尾市右衛門尉、山岸豊後らが城主を務めています。

その上杉家も会津に移ると、1598年、春日山城に入った堀秀治の一族である堀清重(堀備中守清重)が根知城主となりました。
しかし、1599年、上杉遺民一揆が発生したため、根知城を破却して、糸魚川の清崎城へと居城を移しています。


スポンサーリンク

交通アクセスですが、電車の場合、JR根知駅から徒歩5分で登山道入口となります。
勝蓮寺に大手門の遺構とされる石垣があり、勝蓮寺の先から、大手道への登山道の石碑脇から入って行けるそうです。
山頂までは片道約90分くらいの模様です。
登城する場合には根小屋会館の近く(勝蓮寺入口)に5台ほどの駐車場がありますが、今回は、能登に向かう途中、通りすがりの為、遠景だけの撮影に留めました。

上杉謙信の解説~越後の龍と呼ばれた長尾景虎・上杉景虎の人物像に迫る
村上義清~北信の雄・葛尾城主【村上義清居館跡など】
仁科城(信濃・森城) 仁科盛能と仁科盛政
越後・勝山城(糸魚川) 難所「親不知」の防衛拠点
日本全国のお城マップ(オリジナル)


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP