長野県

仁科城(信濃・森城) 仁科盛能と仁科盛政

仁科城(信濃・森城)




仁科城(にしな-じょう)は長野県大町市にある平城で、またの名を信濃・森城とも言います。
信濃・森城と呼ぶケースと、仁科城と言う場合は半分半分くらいと言う印象です。
立山連邦の景色も美しい、木崎湖の湖畔にある5mほどの小高いところが城域になっていたようです。
最初の築城は不明ですが、仁科氏の居城であったことから、仁科城とも呼ばれます。





仁科氏は、第10代天皇・崇神天皇の子ともされる仁品王(仁品主・仁品親王)が先祖とされますが、諸説あります。
いずれにせよ、ヤマト朝廷に関連する古代豪族と考えら仁科御厨を本拠とすると、安曇野氏などにもつながったと推定されます。
そのため、古代から柵として使用していた可能性も指摘されています。
668年、仁科高明は和泉守に就任しますが、このとき森和泉守とも呼ばれています。
平安時代末期には、仁科氏が安曇郡一帯の領主として見られ、大町周辺の荘園である仁科荘、伊勢神宮領の仁科御厨(にしな-みくりや)などを支配していました。

屋敷は舘之内にあったようですが、仁科城(森城)は、北方の抑えとして機能させたようです。
鎌倉時代になると、仁科氏は天正寺館を本拠にしています。

木曽義仲が挙兵した際には、仁科盛家(仁科二郎盛家)が従っており、横田河原の戦い、倶利伽羅峠の戦いなどで武功を上げましたが、水島の戦いで討死しています。

仁科城(信濃・森城)

仁科盛遠(にしな-もりとお)の時には、熊野参詣した際に、後鳥羽上皇と知り合い、その後、西面武士として仕えています。
しかし、信濃守護を兼ねていた執権・北条義時に無断で何事かと怒られて、所領没収となりました。
その後、奥州・安倍貞任の末裔と言う、阿部貞高(阿部五郎丸貞高)と言う武将が、仁科城に詰めて板荇野谷政治(いたかんのや-まさはる)を討って仁科城に入ったと言います。
しかし、悪逆不道であったともされ、鎌倉幕府の命を受けた木曾義仲の次男・木曾義重が、1233年に森城を攻めて阿倍貞高(五郎丸)を追放したともされます。(時代・討伐者なども含めて諸説あります。)

このように、古い時代の仁科氏は、色々と交錯していて、よくわかりません。

仁科城(信濃・森城)

戦国時代には、信濃大町の天正寺館(仁科氏館)から、本拠地を仁科城にしていたようで、信濃守護・小笠原長時に、信濃・森城主の仁科盛能(にしな-もりよし)が従っています。
妻は小笠原長時の娘です。

1548年、武田信玄上田原の戦いで葛尾城主・村上義清に敗れると、小笠原長時の軍勢として下諏訪へ侵攻しました。
しかし、小笠原家と諏訪の支配を巡って対立し、兵を引き上げており、そのあと、塩尻峠の戦いで小笠原勢は大敗を喫しています。





武田信玄によって小笠原家が滅亡すると、その日のうちに武田家の駒井高白斎と交渉をしており、仁科盛能は武田家に臣従しました。

その後、仁科盛康(にしな-もりやす)が家督を継いで、子の仁科盛政(にしな-もりまさ)と共に切り盛りしていたようです。

信濃・森城

1561年、上杉謙信と激戦になった第4次・川中島の戦いには、仁科盛政の名が見られます。
しかし、このとき、留守を守っていた信濃・森城の家臣が上杉家に寝返ったことから、武田勢の山県昌景が仁科城を攻撃して陥落させました。
この責任を取って、仁科盛政は甲斐にて切腹したようで、仁科氏は断絶しています。





ただし、武田信玄の5男が仁科盛政の娘と結婚して養子に入る形で、仁科盛信と称し、仁科家の名跡を継ぎました。
そして、仁科城は、武田家によって改修されたようです。
北東には、武田家特有の三日月堀もあると言います。

仁科城の地勢ですが、かつては木崎湖に突き出た半島になっていました。
現在は、西側が干拓されて水田になっているため、半島のようになっていません。

仁科城

本丸は先端部で、安倍氏を祀っていると言う阿部神社の境内になっています。
仁科城への交通アクセスですが、本丸に繋がる神社の入口を当方のオリジナル関東・信越地図にてわかるようにポイントしておきます。
駐車場は、神社の境内を利用可能です。
見学所要時間は20分くらいといったところです。
冬季は、確実に雪深く、気温も低いので凍結します。
スタッドレスタイヤにてご訪問願います。

小笠原長時~信濃守護の戦国大名
天正寺館(仁科氏館) 300年続いた仁科氏の本拠地
仁科盛信とは【高遠城の戦い】武田滅亡に向かうなか一矢を報いた猛将
根知城 村上義清終焉の地 糸魚川の山城
日本全国のお城マップ(オリジナル)





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 日向・松尾城(縣城)
  2. 陸奥・根城
  3. 明智長山城(美濃・明智城)
  4. 墨俣城
  5. 古堀田城
  6. 出羽・亀田城
  7. 国宝・彦根城
  8. 荒砥城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP