京都府

上宮津城 盛林寺にある明智光秀の首塚も

上宮津城

丹後・上宮津城(かみやづ-じょう)は、別名を喜多城、小倉城とも言う山城で、標高は98m、比高は80mになります。
最初の築城などはもちろん不明ですが、一色氏の時代には、大久保山城主ともされる小倉播磨守、小倉玄蕃允などが上宮津城主だったと伝わります。

本丸は山頂の南端部にある最高所で、切り立った崖になっています。
北尾根へと繋がる二郭は南北に長く、北端には神社があります。
主郭の周囲は帯曲輪で巡らされており、二郭の西下からは北側へと続いているそうです。

上宮津城

上宮津城から川を挟んだ対岸に、盛林寺(せいりんじ)があります。

丹後・盛林寺

戦国時代の1577年に、丹後守護一色家の重臣である上宮津城主・小倉播磨守が菩提寺として創建した寺になります。
一色義定の位牌も納められているそうです。

宮津・盛林寺

この小倉氏は、1578年に細川藤孝が上宮津城を攻めた際に討死しています。
上宮津喜多城の戦いと言うみたいです。

宮津・盛林寺

盛林寺には、悲劇の武将・明智光秀の供養塔があります。

明智光秀の首塚

この宝篋印塔首塚とされ、大久保山城にいた細川ガラシャに送られ、供養したと推定されているようです。
ただ、現実的に、謀反人の首が細川家に届けられることは無いでしょうから、あっても遺髪か何かなのかも知れません。
盛林寺は、もともとは宮津の大久保城近くにありましたが、1603年に移転したと言います。





明智光秀の首塚としては、他には丹波・神尾山城から近い谷性寺と、京都・東山の明智光秀首塚碑、美濃・桔梗塚(伝明智光秀公墓)にもあります。
あとは、明智光秀が命を落としたとされる明智薮の北にある山科区の勧修寺町に「
明智光秀之塚」の石碑があり、明智光秀の「胴塚」とされています。

あと、明智光秀の首塚の右わきには、新しいものですが、一色氏の供養碑もありました。

一色氏の供養碑

なお、盛林寺にある一色義定の位牌には、同じその位牌に、明智光秀の名も刻まれていることから、明智光秀の首塚は、一色義定の墓とする説もあるようです。





交通アクセスですが、上宮津公民館の駐車場などを拝借できるようです。
KTR宮福線の喜多駅からは徒歩10分程度でしょうか?
上宮津城への登城口は数馬神社の参道から登っていく感じです。

宮津城とセットでどうぞ。

宮津城 丹後の中心地と細川ガラシャも暮らした大久保山城
弓木城 一色義定や一色義清の最後と鉄砲の名手である稲富祐直
丹後・八幡山城 細川氏が入った最初の本拠地
建部山城 先祖伝来の地を守り切れなかった一色義道
細川忠興~文武両道の名将として戦国の世を・・
細川ガラシャの悲しい生涯を知って頂きたい(明智珠、明智玉)
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名
明智光秀と本能寺の変はこちら
明智藪 明智光秀絶命の地はこんなところ
明智光秀の首塚(京都・明智明神) 明智光秀の最後とは
桔梗塚(伝明智光秀公墓)
丹後の史跡巡りにも便利なオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
4 based on 1 votes
攻略難易度
中級者向け
旧国名
丹後
著者コメント
皆様からの情報もコメント欄にてお待ちいたしております。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 丹後・石川城 丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?
  2. 福知山城 福知山城のみどころ 塩見頼勝・小野木重勝も(続日本100名城)
  3. 丹波・山家城 丹波・山家城(山家陣屋) 和久義国や谷衛友
  4. 丹後・久美浜城 丹後・久美浜城(松倉城) 丹波水軍を率いて活躍
  5. 神尾山城 神尾山城(本目城) 柳本賢治の解説も 波多野一族として奮戦する
  6. 丹波・八木城 丹波・八木城 丹波守護代の居城と内藤貞勝
  7. 二条城 二条城とは~京都における徳川家康の豪華滞在先【国宝・世界遺産】
  8. 勝竜寺城 勝竜寺城 細川家が整備した見事な山城国の城跡

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 二俣城
  2. 美濃・金山城(兼山城)
  3. 信濃・飯田城
  4. 丸亀城
  5. 武蔵・高幡城
  6. 甲斐・勝山城
  7. 朽木城(朽木陣屋)
  8. 小野路城
  9. 能登・荒屋城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP