佐賀県

佐賀城(村中城) 復元された御殿が見事な日本100名城

佐賀城

佐賀城(さがじょう)は、別名を、村中城、佐嘉城、栄城、沈み城、亀甲城と言う輪郭梯郭複合式平城で、佐賀県佐賀市にあります。

佐賀城

いくつもの外堀が巡られており、敵が攻めてきた場合には、主要な部分以外は「水没」させることができる仕組みになっていた為「沈み城」とも呼ばれます。

佐賀城

もともとは、龍造寺家の本拠地で、1569年に大友宗麟が筑後・吉見岳城に本陣を置いて佐嘉へ攻め込んでいます。
この時は、村中城(佐賀城)が包囲されますがは和議となりました。





そして、再び、1570年に大友宗麟が大軍を派遣した際には、龍造寺隆信が村中城(佐賀城)に籠城しています。
この時、鍋島直茂が夜襲に撃って出て、今山の戦いとなり、総大将・大友親貞を討ち取りました。

佐賀城の石垣

その後、龍造寺家の実権を握った鍋島直茂が実質的な政務をすべて取り仕切り、1600年、関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方し、久留米城主・小早川秀包柳川城主・立花宗茂を攻略するなどした功績により、所領が安堵されています。
鍋島直茂は1602年から村中城を拡張する形で大改修を開始し、鍋島勝茂の時代となる1611年に佐賀城が完成しました。

佐賀城の天守台

村中城の本丸があった場所は、佐賀西高校一帯と考えられています。
ここでお断りしておきますが、撮影した写真は大雨警報中で、大粒の雨が写真に入り込んでいます。ご了承願います。

佐賀城の本丸

天守台には4重5階の望楼型天守がありましたが。1726年(享保11年)に焼失したあと再建されることはありませんでした。
下記は佐賀城の天守台への入口で、実際に天守台まで登れます。
小倉城の天守に似た四層五階の天守があったそうです。

佐賀城の天守台入口

下記は佐賀城の鯱の門で国の重要文化財です。
鯱の門は、1836年に再建された現存遺構で、本丸の表門となります。

佐賀城の鯱の門

後日、雨が降っていない日に立ち寄り、雨粒が入っていない門も撮影して参りました。

佐賀城の鯱の門

鯱ノ門の「鯱」(しゃち)は、瓦ではなく、細かくした銅版を貼り付けると言う加工が施されています。

鯱ノ門の「鯱」

テレビを見ていますと、たまにしゃちほこは天守だけにあると言う間違いにて説明されたりしますが、このように、寺院や一般家屋でも屋根に用いられる事があります。
銅板の代わりに金板を貼れば、金の鯱と言う事です。

門の扉には、明治7年(1874年)の江藤新八を中心にした「佐賀の乱」での銃弾跡が無数にあります。

鯱ノ門の銃弾跡

南西隅櫓台は、六角形に整形した石を使う亀甲積(亀甲乱積)と言うもので大変珍しいです。

亀甲積(亀甲乱積)

佐賀城本丸歴史館では本丸御殿が復元されいます。

佐賀城の本丸御殿

建物の入り口前には、大砲の模型も置かれていました。

佐賀城の大砲

有料でもおかしくないのですが、建物内部は「無償」で公開させています。

佐賀城の本丸御殿

ただし、藩主の居間「御座間」は残存建物です。
これは10代藩主・鍋島直正が再建したもので、藩主の居間として使われていました。
のち、大木公園に公民館として移築されていたものを、本丸御殿復元り際に再度移築したと言う事になっています。

佐賀城

本丸御殿の建物内部は、撮影が許可されている展示物で、撮影禁止の展示物がありますので、ご注意願います。

甲冑

本丸御殿は入場料無料ですが、出口に「募金箱」が設置されており、満足度に応じた寸志制となっているのもなかかな良い趣向です。

佐賀城の本丸御殿

下記は駐車場付近に新しく設置された鍋島直正の銅像です。

鍋島直正の銅像

佐賀城へのアクセス・行き方ですが、下記の地図ポイント地点が無料駐車場の入口となります。

下記は佐賀・高伝寺にある龍造寺政家の墓(龍造寺肥前守政家の墓)です。

龍造寺政家の墓

下記は龍造寺高房の墓(龍造寺駿河守高房の墓)となります。

龍造寺高房の墓

以上、訪問するたびに広場が新しくなっている佐賀城でした。

この記事は当方運営の戦国武将列伝Ωより再編集したものとなります。

龍造寺政家と龍造寺高房~鍋島化け猫騒動
龍造寺隆信とは~5分でわかる龍造寺隆信
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡
慶誾尼(けいぎんに)と龍造寺周家~龍造寺家兼から龍造寺隆信のゴダゴダ騒動
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
肥前
著者コメント
復元された御殿はみどころです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 肥前・名護屋城 肥前・名護屋城 全国から30万もの兵の陣立てをした広大な豊臣秀吉…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 備中松山城
  2. 諏訪原城
  3. 志摩・田城城
  4. 十河城
  5. 直峰城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP