佐賀県

水ヶ江城の歴史解説 龍造寺隆信が生まれた地

水ヶ江城




水ヶ江城(みずがえじょう)は、佐賀県佐賀市中の館町にある館跡(平城)です。
最初の築城は不明ですが、室町時代後期の文明年間(1469年〜1487年)に、龍造寺康家が館を建設開始したとされます。
龍造寺康家(りゅうぞうじ やすいえ)は、龍造寺氏14代当主で、龍造寺氏の主君は、九州・千葉氏の千葉胤朝となります。
明応年間(1492年~1501年)の末に、嫡男・竜造寺胤家に家督を譲ると村中城(佐賀城)から退去して、龍造寺康家は近くの水ヶ江城に入った模様です。





この頃、主君・千葉胤朝が死去すると、筑前・高祖城の少弐政資が九州千葉氏を乗っ取りますが、大内義興に敗れて自刃しました。
龍造寺胤家(りゅうぞうじ-たねいえ)は、千葉氏寄りだったようで、立場を悪くしたのか、家中で折り合いがつかなかったのか、出奔しています。

そのため、龍造寺家(村中家)の家督は、次男の龍造寺家和(りゅうぞうじ いえかず)が継ぎました。
これに対し、5男の龍造寺家兼(りゅうぞうじ いえかね)は、分家である水ヶ江龍造寺家を興したと言う事になります。
そして、水ヶ江城は、堀がめぐらされるなど、改修されて城塞となりました。
西館・中館・東館など五館の曲輪群があり、その周囲は水堀になっていたとされます。





なお、村中・竜造寺家は、龍造寺胤和の早世などもあり、龍造寺家兼は本家の補佐をするうちに、影響力を強め、主家・少弐資元の筆頭重臣にまでなりました。
その後、1548年、村中家の龍造寺胤栄(りゅうぞうじ たねみつ)が嫡子なしで死去すると、分家の水ケ江龍造寺氏から本家の家督を継承する事になったのが、肥前の戦国大名龍造寺隆信」となります。
龍造寺隆信は、水ヶ江城の東館天神屋敷にて、1529年に誕生していました。
弟の龍造寺長信が、水ヶ江城を継いだ模様です。

1584年、龍造寺隆信は、有馬晴信との沖田畷の戦いにて討死したため、龍造寺家臣の鍋島直茂が実権を握ると、佐賀城を大改修します。
その頃、水ヶ江城も、佐賀城の外郭に組み込まれ、屋敷割りが行われた模様で、廃城(合併)になったようです。

現在の水ヶ江城跡は、中の館自治会館、中の館児童公園があり、遺構は水路くらいです。
ただし、中の館児童公園の中に、龍造寺隆信の大きな誕生碑や、胞衣塚(えな-づか)があるようです。





当方は、駐車できないと諦めて、トップの写真1枚だけ撮影させて頂いたのですが、隣の乾享院(けんこういん)さんの参拝用駐車場が利用できると言うような、話もあります。(未確認)
JR長崎本線の佐賀駅から歩くと徒歩35分くらいです。
もちろん、佐賀城とセットでどうぞ。

佐賀城(村中城) 復元された御殿が見事な日本100名城
龍造寺隆信とは~5分でわかる龍造寺隆信
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡
慶誾尼(けいぎんに)と龍造寺周家~龍造寺家兼から龍造寺隆信のゴダゴダ騒動
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 井田城
  2. 鈴垂城 (鈴垂山城)
  3. 横岡城
  4. 妻籠城
  5. 徳丹城
  6. 一色城跡
  7. 美作・岩屋城
  8. 高天神城
  9. 守礼門
  10. 出羽・浜館

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP