福岡県

久留米城 石垣が残る本格的な城跡

久留米城

スポンサーリンク



久留米城とは

久留米城(くるめじょう)は福岡県久留米市篠山町にあり、別名を笹原城、篠山城篠原城、久留目城、来目城、雨城とも言う、筑後川沿いの連郭式平山城です。
なお、現地では「篠山城」と呼ぶ場合が多いようです。

久留米城

最初の築城者は現地の土豪と考えられますが名前は不明です。
しかし、篠原城と言う名称で室町時代の後期に見受けられます。
ただし、規模的には砦程度だったようです。

久留米城

1587年に豊臣秀吉が九州攻めしたあと、大友宗麟の娘婿・毛利秀包が7万5000石となって久留米城に入りました。

久留米城

この時、堀を掘削し石垣を積んで、天守を建造するなど、久留米城主として大改修したようです。
朝鮮攻めの功績により合計13万石となった毛利秀包(毛利筑後守秀包)がですが、1600年の関ヶ原の戦いでは西軍・石田三成に協力した為、改易され所領没収となりました。

久留米城

その後、筑後32万5000石で柳川城主となった田中吉政の支城として、久留米城には2男の田中吉信が入っています。

久留米城

田中氏が改易されたあとには、柳川城に立花宗茂が10万石で復帰し、久留米城には知山城主・有馬豊氏が21万石で封じられ、幕末まで続きます。

久留米城

有馬豊氏は黒田長政の指導を受けて、1631年に筑前堀の工事を行い、1649年からは外郭部を設けて城下町を整備しました。

久留米城の井戸

久留米城の井戸の中にも石が配置されています。

久留米城の井戸

最終的には1691年になって城郭が完成したと言います。

久留米城

大雨の中で撮影したため、写真には雨粒も入っていますこと、謹んでお詫び申しあげます。

久留米城の土塁

本丸に天守はなく、二重の多聞櫓で連結された三重櫓が各隅に7棟配置されていたようで、本丸の中心部には本丸御殿がありました。
現在、本丸御殿跡には篠山神社があります。

篠山神社

久留米城の見学所要時間ですが、私の場合で約30分でした。

久留米城

本丸の標高は20m、比高は15mです。

久留米城

築城には年月を掛けただけあって、かなり丁寧に作り込んであると言う印象を受けます。

久留米城

交通アクセス

久留米城の駐車場ですが、下記の地図ポイント地点に10台ほどの無料駐車場がありました。

柳川城からはクルマで50分ほどの距離となります。

小早川元総(毛利秀包) 文武に優れた武将・小早川秀包
立花誾千代と立花宗茂の2人の夫婦関係とスゴイところ
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡
大津城の戦い~京極高次と京極竜子~武田元明や京極高知との関係も
毛利秀元とは~毛利秀元陣跡と安国寺恵瓊の陣跡~関ヶ原・南宮山の高所に陣を?
蒲池鑑盛と蒲池鎮漣~柳川城主として忠義を貫くも


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP