広島県

備後・大可島城 鞆の浦にある風光明媚な海城

大可島城

備後・大可島城(だいがしまじょう)は、標高10mの岬にある水軍城で、鞆の浦(とものうら)にあります。
瀬戸内海国立公園の鞆の浦は、古くから瀬戸内海の潮待ちの港として知られ、また万葉集にもうたわれた風光明媚な場所です。

すぐ近くの鞆城よりは古い時代から城郭があったようで、1342年に岡部出羽守が築いたと言う伝承があります。
大可島というくらいですので、昔は今のように陸続きではなく「島」になっていました。

大可島城

この1342年に、四国の伊予・仏殿城が、北朝の細川頼春によって攻撃されており、救援に赴いた南朝方の伊予衆は、燧灘(ひうちなだ)で北朝方に阻止されたと言います。
仏殿城(川之江城)の土肥義昌が討たれて落城すると、敗れた伊予衆は折からの突風にあって、鞆に流れ着き、再起を図り築いたのが大可島城と言う事になります。

大可島城

しかし、伊予の世田山城と笠松城が落城の危機に瀕すると、伊予衆の大半が本国に帰ってしまいます。
そして、1342年5月には、鞆沖大海戦が十数日間もに及び、大河島を中心に鞆の浦が戦場となり、小松寺を始め古寺や街並みは焼失しました。

備後・大可島城

戦力が低下する中、残っていた桑原重信(桑原伊賀守重信)の大可島城も北朝に攻略され、桑原一族は滅亡します。

円福寺の階段わきにあるいくつかの五輪塔は、桑原伊賀守一族の墓となります。
下記写真にある右側の白壁の向こうが墓所です。

桑原伊賀守一族の墓

桑原伊賀守一族の墓は下記のようになっていました。

桑原伊賀守一族の墓

丁重にお参りさせて頂きました。

桑原伊賀守一族の墓

1349年には、足利尊氏の弟・足利直義の養子である足利直冬が、四国探題として赴任した際に、大可島城に約半年いたと言います。

当然、鞆港を防衛する目的の城(砦)ですが、戦国時代までは、主に水軍基地でした。
下記は、鞆城から見た、大可島城方向です。

鞆城から見た大可島城

村上水軍が台頭してくると、村上水軍の因島村上氏の一族が大可島城を拠点に、海上交通の要所である鞆の浦一帯の海上権をにぎっています。
足利義昭毛利輝元を頼った際には、村上亮康が関船で出迎え、警護役として足利義昭の直臣扱いとなり、毛利氏と足利氏の両方から知行を得て大可島城に入ったようです。





関ヶ原の戦いのあと、広島城主となった福島正則が、鞆城(ともじょう)を大改修した際に、鞆城の城域を広げたことから陸続きとなりました。
大可島城跡にある現在の円福寺は、真言宗で1601年頃に建立されたようです。

鞆の浦・円福寺

なお、江戸時代には遠見番所が置かれたようで「舟番所」が現在ありますが、訪問時は危険なためか、立入禁止になっていました。

この舟番所は、最初の鞆奉行・萩野新右衛門重富が設置したもので、船の出入りや安全を管理・監督する事務所と言う事になります。

鞆の浦「安国寺」 国の重要文化財も見学可能
鞆城 鞆の浦にある軍事拠点
鞆の浦はなぜ重要な地点になったのか?
いろは丸沈没事件を追って鞆の浦へ 坂本龍馬の海援隊
鞆の浦(とものうら)の古い街並とみどころ~仙酔島
山陽にある史跡めぐり用オリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
備後
著者コメント
明確な遺構はないが、今は陸続き。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 岩国城 岩国城の見どころ 冬夏青青たる「錦帯橋」の優美~岩国城訪問記
  2. 福山城 福山城 天守もあり新幹線の福山駅からも近い福山のシンボル
  3. 広島城 広島城 見どころと歴史~駐車場情報などの訪問記
  4. 備後・亀寿山城 備後・亀寿山城 幻の名族となった宮一族の滅亡
  5. 神辺城(村尾城) 神辺城(村尾城) 約280年間も備後の中心地だった山城
  6. 相方城 相方城 山上に築かれた石垣が戦国を偲ばせる山城
  7. 鞆城 鞆城 鞆の浦にある軍事拠点と鞆幕府

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 大桑城
  2. 越中・木舟城
  3. 蟹江城
  4. 佐賀城
  5. 安土城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP