広島県

鞆城 鞆の浦にある軍事拠点

鞆城

鞆城(ともじょう)は、備後国の鞆(広島県福山市鞆町)にある平山城で標高24m、比高22mとなります。

瀬戸内海は、干潮と満潮で潮の流れが代わりますがその真ん中に位置するのが「鞆の浦」(とものうら)という事で、瀬戸内海を行き来する船は、必ずと言ってよいほど、鞆に寄港し、潮目が変わるのを待ちました。

足利尊氏がまだ、室町幕府を開く前の話です。
鎌倉幕府を滅ぼし、後醍醐天皇の建武の新政に協力するも反旗を翻し、足利尊氏は九州に逃れます。





そして、1336年、宗像大社を参拝した後、筑前・多々良浜の戦いにて、天皇方の菊池武敏らを破り、京に上る途中、30万を率いた足利尊氏は鞆の浦(とものうら)に寄ります。
この時、光厳天皇から新田義貞追討の院宣を、鞆の浦で受けました。
そして、大義名分を得た足利尊氏は軍勢を二手に分け、自らは水軍7500席を率い、足利直義の軍勢20万人は山陽道を進みました。
湊川の戦いでは新田義貞・楠木正成の軍を破り、京を制圧し、後醍醐天皇を追い詰めて建武式目を制定し、室町幕府を開きました。
このように、足利家にとって、鞆の浦は転機となる縁起の良い場所となりました。

鞆城

南北朝時代には、鞆合戦と呼ばれる戦もあり、静観寺・五重塔などが焼失しています。

近年発見された史料によると、戦国時代の1553年頃に毛利元就の命により乗山城の領主・渡辺氏が丘陵に「鞆要害」を築いたとあります。
そもそも海上交通の要所であったことから、当然、軍事的にも敵に奪われるとやっかいな場所であったため、南北朝時代までには、大可島城がありました。
大可島城は現在の円通寺がある場所となります。

そして、戦国時代に入ると1553年頃に、毛利元就の命により渡辺氏(名前不明)が築いたのが、市街中心部の丘陵にある「鞆要害」となります。

鞆城

織田信長によって将軍になった足利義昭でしたが、1573年に追放されます。
このとき、足利義昭は毛利輝元を頼って、1576年に鞆に移りました。
鞆の浦は、足利家にとって、由緒ある吉兆の地だったからですね。
鞆幕府とも呼ばれ、鞆には足利氏の近臣である伊勢氏・上野氏・大館氏など、多数の名門武家が集まったため「鞆幕府」と称されました。

鞆城

下記は、毛利家にゆかりのある早毛利稲荷神社でして、鞆城内にあります。

早毛利稲荷神社

そして、この鞆から武田勝頼上杉謙信などに、織田信長をみんなでやっつけようと書状を出したのです。
大可島城主・村上亮康が実質的な護衛をしたようです。

ちなみに足利氏は「鞆で興り鞆で滅ぶ」と言われております。

1578年、尼子再興軍の尼子勝久・尼子氏久が切腹し、山中鹿之助が毛利家に捕まります。
護送中に山中鹿之助は、備中・松山城近くにある高梁川と成羽川の合流点「阿井の渡し」で殺害され、備中松山城にいた毛利輝元は首実検をしています。
その後、足利義昭も首実検したと伝わっており、山中鹿之助の首は最終的に鞆に埋葬されました。
現在の静観寺に、山中鹿之助の首塚があります。

山中鹿之助の首塚

そして、足利義昭がまだ鞆に滞在中である天正10年(1582年)6月2日に、明智光秀による本能寺の変で、織田信長・織田信忠が討たれました。
その後、豊臣秀吉により、足利義昭は宇治の槇島城主として1万石にて復活しています。

1600年、関ヶ原の戦いとなったあと後、広島城福島正則が入ると、支城として鞆城を更に改修しました。
鞆城主には大崎玄蕃が就任しています。
鞆城は丘陵部の本丸を中心に、二の丸、三の丸で囲み、城域としては、南は鞆港、東は福禅寺、北は沼名前神社の参道まで大規模なものだったとされます。
また、本丸には3層3階の天守も建造されたと言い、慶長14年(1609年)になっても工事が行われていました。

鞆城の石垣は、いたるところに刻印があるそうですが、これは広島城や亀居城にも同様の刻印が見られると言います。

鞆城

特に、朝鮮通信使が1607年に寄港した際には「岸上に新しく石城を築き、将来防備する砦のようだが未完成である。」と記しています。
亀居城同様に福島家は幕府から目を付けられ、謀反の嫌疑が掛かったため、鞆城も廃城となりました。

鞆城からの展望

その後、福山城水野勝成が入ると、嫡子・水野勝俊の居所(奉行所)が鞆城の三の丸に置かれています。
この水野勝重(水野勝俊)が福山藩主を継いだあとには、鞆奉行所として重臣・荻野重富(荻野新左衛門重富)が在番しています。

現在、鞆城跡には「鞆の浦歴史民俗資料館」があるほか、宮城道雄の像、毛利家にゆかりのある早毛利稲荷神社の社が鎮座しています。
資料館の建物の南西側には、本丸石垣の一部が保存展示されており、石には丸印などの刻印が見受けられます。





鞆の浦の街はとても古いままで、幹線道路も相互通行が困難なほど、とても狭いです。
すぐ近くにクルマを止めるのは困難ですので、有料駐車場から歩いて見学しましょう。

5分で分かる足利尊氏~室町幕府の創始者~
足利義昭とは~信長包囲網など外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍
備中松山城~雲海に浮かぶ天守の幻想的な姿を見たい
福山城 天守もあり新幹線の福山駅からも近い観光名所
備後・大可島城 鞆の浦にある風光明媚な海城
鞆の浦「安国寺」 国の重要文化財も見学可能
山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)~尼子家再興に忠義を尽くした名将
水野勝成 出奔すること8回の戦国自由人から一転して名君へ
鞆の浦はなぜ重要な地点になったのか?
いろは丸沈没事件を追って鞆の浦へ 坂本龍馬の海援隊
鞆の浦(とものうら)の古い街並とみどころ~仙酔島
山陽にある史跡めぐり用オリジナル地図

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
備後
著者コメント
鞆の浦を散策する際に寄りましょう。

下記コメントにて追加情報募集中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





関連記事

  1. 神辺城(村尾城) 神辺城(村尾城) 約280年間も備後の中心地だった山城
  2. 大可島城 備後・大可島城 鞆の浦にある風光明媚な海城
  3. 相方城 相方城 山上に築かれた石垣が戦国を偲ばせる山城
  4. 備後・亀寿山城 備後・亀寿山城 幻の名族となった宮一族の滅亡

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 塩見城
  2. 伊豆・丸山城
  3. 延岡城(懸城)
  4. 徳川家康
  5. 獅子吼城(江草城)
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
PAGE TOP