新潟県

直峰城 上杉勢の関東遠征重要拠点で1日目に宿泊

直峰城

直峰城(のうみねじょう)は、新潟県上越市にある山城で、史料によっては能峰城・直峯城とも書きます。
典型的な中世山城で、標高は344m、比高230m、自然の地形が巧みに利用されている堅固な山城と言えます。

最初の築城時期は諸説あり不明ですが、南北朝時代(1335年~1392年)に、南朝に味方した風間信昭(かざま-のぶあき、風間信濃守信昭)が本拠地にして活躍していたと伝わります。
出自は信濃水内郡にある風間神社の庄司の出身とされ、東側の尾根に、風間信濃守屋敷があったとされます。
1333年、鎌倉幕府滅亡に功績があった新田義貞が越前を拠点とすると、風間信濃守信昭もその麾下に入った模様で、信濃の高梨経頼らと戦っています。
新田義貞が灯明寺畷にて討死したあと、風間長頼が直峰城主として見受けられ、蔵王堂城や、上杉憲顕の子・上杉憲将らが籠城した顕法寺城を攻撃しています。





しかし、そのあと風間氏は滅亡したようで、国宝・重要文化財になっている大友文書によると、1362年の足利義詮の判物から、大友氏時に領地が与えられたとあります。
大友氏時と申しますと、大友氏の8代当主・大友氏時(おおとも-うじとき)が、年代も合致しますので、戦功があったのでしょう。
大友家は出自こそ、相模・大友荘(神奈川県小田原市)ですが、この頃の本拠地は九州・大分ですので、かなり遠い飛び地となった模様です。
そのため、実質的には、越後守護・上杉憲顕(上杉4代当主)の支配下に組み込まれたようです。

ただし、風間氏としては、1400年の大塔合戦にて、風間宮内少輔が箕輪城主・村上満信に従って行動しているのが見受けられます。

時は流れて戦国時代となると、1507年、永正の乱の際に、関東へ逃亡中していた7代・上杉房能が直峰城に寄りますが、長尾為景の追撃を受けて松之山に逃れたあと、天水越にて自刃しています。(永正の乱)
以後、直峰城は長尾為景の領地になり、 吉田周防守英忠が入ったと考えられます。

直峰城

上杉謙信春日山城主となると、三国峠から関東へ抜ける交通要衡(国道403号)となり、関東遠征の際、上杉軍は1泊目の宿泊地として、直峰城を利用したとも言います。
ただし、宿泊したのは、麓の寺(添景寺)などで、有事の際の指定避難場所が直峰城であったことでしょう。

直峰城には、吉田英忠、竹俣清綱、長尾伊賀守などが城将を勤めています。

養子の上杉景勝上杉景虎(北条三郎)が争った「御館の乱」の際、直峰城は景虎勢の長尾景明が守備していましたが、景勝勢の策略によって自刃します。
上杉景勝は小日向隼人佐、山田彦右衛門、北村孫兵衛尉らに「直峰之地」での戦功を称しています。
そして、景勝勢の吉益伯耆守が直峰城を守ったようですが、上杉景勝が攻め落とし、徐々に上杉景虎(北条三郎)を追い詰めて勝利しました。

その後、直江兼続の実父・樋口兼豊(ひぐち-かねとよ)が、1584年より直峰城を任されています。

慶長3年(1598年)、上杉景勝が会津・鶴ケ城に移封となると、春日山城に入った堀秀治の重臣・堀光親(堀伊賀守光親)が直峰城主となりました。
しかし、慶長15年(1610年)に堀忠俊が改易(所領没収)とになり、直峰城も廃城となっています。

会津には樋口氏が名をつけたと言う「直峰町」があると言います。

直峰城は、中腹まで、林道にて車で登れて舗装された駐車場があります。
駐車場に清掃が行き届いているトイレがあり、トイレの中にパンフレットが置いてあると言いますが、立入禁止になっていました。

直峰城

その無料駐車場から本丸までは歩いて15分(高低差97m)くらいで、本丸ですが、春日山城より本丸は広いそうで、晴れていれば能登半島も見えるとあります。

直峰城

他にも、大規模な空堀・曲輪跡などが残ります。
ただし、降雪期(12月~4月下旬)は、その駐車場には進入できません。
今回は、村上城まで行く関係で時間がないのと夏季で暑いため、無理せず登城は断念しましたが、秋にでも訪れてみたいところです。

麓には約2kmの敷石道・軍道(旧三国街道)は、添景寺墓地から「城の腰」にかけてあるようです。
越後・松代城などを経て三国峠へ繋がっています。

旧三国街道

毎年5月8日には、風間信昭の業績を称えて地元の「直峰保存会」さんが、風間祭を開催しているようです。
風間信昭の墓は、新潟県和島村の治暦寺にある模様です。

交通アクセスですが、北越急行・ほくほく線「虫川大杉駅」よりタクシーで20分です
バスの場合には、虫川大杉駅前から乗って、安塚北バス停で下車、本丸まで徒歩45分となります。
駐車場へのアプローチですが、道は舗装されています。
ただ、夏場の訪問時、狭くて、両側の草が覆いかぶさっているところがあり、私のスリムな車でも、草をかき分けて行くような感じになりました。

このあと、星峠の棚田に行きました。

春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城
越後・松代城 模擬天守もある三国街道抑えの山城
御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争い
樋口兼豊(樋口惣右衛門兼豊)~直江兼続の父
越後・上条城 上条上杉家や上条政繁の居城
星峠の棚田【にほんの里100選】写真では伝わらない感動がある
日本の城へのアクセス地図(オリジナル)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越後
著者コメント
車で行ければ比較的ラクです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 越後・高田城 越後・高田城(続日本100名城) 松平忠輝の築城いきさつ
  2. 鮫ヶ尾城 鮫ヶ尾城 上杉景虎が自刃して果てた城と堀江宗親
  3. 佐渡・相川城(羽田城) 佐渡・相川城(羽田城) 相川を守る佐渡の山城
  4. 箕冠城 箕冠城 武田に寝返るも最後は忠義の士となった大熊朝秀
  5. 新津城 新津城 新津勝資・上杉二十五将のひとり
  6. 越後・安田城(新潟県柏崎市) 越後・安田城(新潟県柏崎市) 安田景元・安田顕元
  7. 江上館(奥山荘城館) 江上館(奥山荘城館) 中条氏の本拠地 奥山荘城館遺跡
  8. 越後・三条城(三条島之城) 城跡はどこなのか?山吉景長と神余親綱…
PAGE TOP