新潟県

越後・上条城 上条上杉家や上条政繁の居城

越後・上条城

上条城と言う城も日本各地にあるため、ここではハッキリと越後・上条城として区別させて頂きます。

越後・上条城は、その名も、ジョー・ジョー・ジョーと読みますが、標高15mの微高地にある比高10mの平山城です。

最初の築城は、越後守護で越後上杉家2代目の上杉房方(うえすぎ-ふさかた)と考えられます。
越後中郡の北条・安田・斎藤氏など土豪衆の監督も兼ねて4男・上杉清方を分家し、居城にしたのが始まりとされます。
こうして、上杉清方(うえすぎ-きよかた)は、上条上杉家を興しました。





関東管領と山内上杉家の家督は、足利学校や金沢文庫を再興した、実兄・上杉憲実(うえすぎ-のりざね)が継いでいましたが、永享の乱のあと、伊豆・国清寺に隠居します。
この時、山内上杉家の家督が、越後・上条城の上杉清方に譲られ、当主を兼ねました。
しかし、足利幕府は、上杉憲実が関東管領から退くことは認めませんでした。
そんな中、1440年に、結城氏朝が足利持氏の遺児・春王丸と安王丸を擁して挙兵した結城合戦になると、足利幕府は上杉憲実に復帰を命じたため、やむなく出陣しています。
その軍勢に、上杉清方は、上杉持朝・上杉持房・上杉教朝らと共に加わり、足利春王丸・足利安王丸らを捕縛すると京に護送しました。
そして、1442年5月に、上杉憲実は鎌倉に入ると、完全に引退していることから、上杉清方が関東管領と武蔵国守護も、兼務した可能性があります。
上杉清方の没年は1444年と伝わり、まだ33歳?と若くして上杉清方は死去した模様です。
一説には、幼い子を死に追いやった自責の念で、京からの帰り道で自刃したとも言われています。

上杉清方の子・上杉房定(うえすぎ-ふささだ)は、1449年2月に越後守護・上杉房朝が急死すると、長尾頼景らによって、越後守護として擁立されます。
越後守護代・長尾邦景と長尾実景の父子を攻め、越後・府内を掌握しました。
家督は、末子の上杉房能(うえすぎ-ふさよし)が継いで越後上杉家7代当主となっています。

越後・上条城

越後上杉家の8代当主は、上杉定実(うえすぎ-さだざね)ですが、もともとは、上条上杉家出身だった模様で、1503年6月に上杉房能の娘婿となります。
そして、守護代・長尾為景に担がれて養父・上杉房能を襲撃しました。
上杉房能は、上杉顕定を頼って関東へ逃れる途中に、直峰城で長尾為景の追撃を受けて、天水越まで行くと自刃しました(永正の乱)。

黒滝城主・黒田秀忠が、1546年2月に反乱を起こして春日山城まで攻め込みますが、これを長尾為景の4男・長尾景虎(16歳)が総大将となって鎮圧したことで、長尾景虎の武名が越後に轟きます。
この長尾景虎こそ、のちの上杉謙信と言うことですね。

だいぶ話がそれてしまいましたので、越後・上条城の話に戻しますが、この頃の上条城主は上条定憲(じょうじょう-さだのり)で、守護を傀儡化した長尾為景と抗争を続けていました。
しかし、そのあとを継いだ上条頼房のときには、長尾家に恐れて没落して廃絶した模様です。
その上条上杉氏の家督は、上杉謙信の命もあったようで、1571年に、八条上杉家の上条政繁が継ぎ、越後・上条城に入りました。

越後・上条城

上杉家一門では4番目の勢力として、上杉謙信の数々の合戦にて活躍します。

御館の乱のとき、上条政繁は上杉景勝に味方して、武功を挙げています。
ただし、要害地にあるとはいえ、防御力が弱いことから、越後・上条城は一時、上杉景虎(北条三郎)勢に包囲されて落城しています。
しかし、すぐさま旗持城の佐野清左衛門尉によって奪還されました。

1586年(天正14年)、上杉景勝と対立した上条政繁が上方に出奔したため、上条城(じょうじょう-じょう)には村山慶綱が入っています。

また、1600年の上杉遺民一揆(越後の乱)でも、上杉残党に上条城は攻略されました。
その一揆鎮圧後に、上条城は廃城になったとのことです。

なお、国道353号のすぐ西側に、山城となる越後・黒滝城がありますので、越後・上条城は、館として活用されていて、有事の際には黒滝城に籠もったのも知れません。





交通アクセスですが、JR信越本線・JR越後線の柏崎駅から徒歩約60分となります。

駐車スペースはありますので、クルマで訪問は可能です。
下記が越後・上条城への登城口なのですが、坂道はバイクや軽自動車であれば入っていけて、本丸部に駐車可能です。
普通自動車は入口付近のスペースに止めても、歩いて1分といったところです。

越後・上条城

場所は、当方のオリジナル新潟地図にて場所をご確認頂けますと幸いです。

ちなみに、上杉謙信の実姉・仙洞院は、母が上条上杉弾正少弼の娘ですので、上杉景勝も、上条上杉家の血を継いでいることになります。
越後・上条城の観光所要時間は5分といったところです。

春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城
上条政繁 出自に関して謎が多い上杉家の重臣
長尾為景 二度主を殺した「奸雄」謙信の父
上杉謙信・長尾景虎・上杉景虎の人物像に迫る
御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争い
越後・安田城(新潟県柏崎市) 安田景元・安田顕元
越後・琵琶島城 上杉家に忠実な宇佐美氏の本拠地
当方オリジナルの日本全国お城マップ

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
越後
著者コメント
とても低い平山城ですので、訪問はしやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 越後・水原城 越後・水原城(水原館・水原代官所) 水原親憲の活躍も
  2. 佐渡・雑太城 佐渡・雑太城 佐渡最大の城跡である妙宣寺と日野資朝の墓
  3. 越後・鳥坂城(胎内市) 越後・鳥坂城(胎内市) 上杉家筆頭家老「中条藤資や中条景泰」の本…
  4. 越後・御館 御館の乱の主戦場も遺構は僅か
  5. 越後・平林城 越後・平林城 見事な居住部遺構 色部勝長と色部長実など
  6. 越後・福島城 越後・福島城 はかなく短命に終わった巨大な越後福嶋藩庁
  7. 春日山城 春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城 東城砦・林泉寺も
  8. 大葉沢城 大葉沢城 鮎川清長と鮎川盛長は畝状竪堀で防御

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 阿波・秋月城
  2. 尾張・小幡城
  3. 院庄館
  4. 越後・安田城(阿賀野市) 
  5. 高森城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP