愛知県

勝幡城 織田家が躍進を遂げる本拠となっていた平城

勝幡城

尾張・勝幡城(しょばた-じょう)は、愛知県愛西市勝幡町と稲沢市平和町六輪字城之内にある平城です。

最初の築城は、平安時代の帰属・大中臣氏(おおなかとみうじ)である尾張権守・大中臣朝臣安長(大中臣安長)が屋敷を構えたと考えられます。

この大中臣安長は、現在は大須にある長福寺(ちょうふくじ)の七堂伽藍と十二僧坊を稲沢市七ツ寺町に移して1167年に再建しています。
※長福寺は戦国時代に豊臣秀吉によって清洲に、徳川家康によって現在の大須に移転。





戦国時代となって、その館跡に、1504年頃、勝幡城が築かれました。
築城したのは尾張下四郡の守護代「織田大和守家」の庶流で、清洲三奉行の一家「織田弾正忠家」当主の織田信定(織田弾正忠信定)となります。
織田信定は織田信長の祖父にあたり武将です。
下記は日光川の堤防下に埋もれている、織田弾正忠平朝臣信定古城蹟です。

織田弾正忠平朝臣信定古城蹟

もともと、この辺りは塩畑(しおばた)と呼ばれていたようですが、縁起が悪いということで、織田信定か織田信秀が「勝ち旗」の意で「勝幡」に改名したとされます。

勝幡村古城絵図によると、勝幡城は東西約87m、南北約127mの城域をもつ方形の城郭で、勝幡城は二重の堀で囲まれ、三宅川が外堀にもなっていました。

勝幡城

そして、織田信長の父・織田信秀は、尾張守護の斯波義達や主家・織田達勝をも上回る勢力となって行くのです。
要するに、織田家は、斯波義達の家臣である清洲城主・織田達勝のそのまた家臣(家来)と言う立場でしたが、戦国大名にと踊り出るわけですね。

織田信秀は、1532年に今川氏豊の那古野城を奪うと、本拠を那古野城に移しました。
そのため、勝幡城には家臣の武藤雄政(武藤掃部)が入っています。

勝幡城

なお、諸説ありますが、土田御前が産んだ織田信長は天文3年(1534年)に勝幡城で生まれたとされます。

弘治元年(1555年)、織田信長は主家・織田大和守家を滅ぼすると本拠地を清洲城に移しました。
勝幡城主の武藤掃部も、尾張・野府城へ移ったため、勝幡城は使われなくなり、やがて廃城になった模様です。

なお、勝幡城跡は、江戸時代の1812年、水野千之右衛門によって日光川の流れが変わり、跡地の大半が失われており原型を留めていません。

日光川

日光川に架かる「よめふりはし」の東詰めに石碑があり、橋には勝幡城の復元図が描かれているとのことです。





名鉄津島線藤波駅から徒歩約15分です。
駐車場はありません。

名鉄・勝幡駅の北口には、織田信秀と妻の土田御前、そしてまだ子供の織田信長(吉法師)の銅像があります。

土田御前と子供の織田信長(吉法師)の銅像

数少ない遺構の場所などは、当方のオリジナル地図にてわかるようにしてあります。

土田御前(どたごぜん)とは~信長の母
尾張・守山城 織田家と松平家の争いと森山崩れ(守山崩れ)
尾張・末森城 織田家と稲生の戦い
清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城
那古野城 名古屋城の二之丸に石碑あり
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
名古屋城 見どころ満載でかいぞ名古屋城の魅力と歴史
お城巡りに便利なお城マップ・カーナビ代わりにも

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
尾張
著者コメント
遺構は残されていません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷) 尾張・丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷) 旧志水家玄関車寄せ
  2. 下社城 下社城 柴田勝家が生まれたとされる城(館)
  3. 龍泉寺城(竜泉寺城) 龍泉寺城(竜泉寺城) 短期間しか使われなかった貴重な戦国の城跡
  4. 那古野城 那古野城 名古屋城の二之丸に石碑あり
  5. 長久手城 長久手城と岩作城~長久手の戦いに戦場となった徳川勢の城跡
  6. 尾張・末森城 尾張・末森城 織田家と稲生の戦い
  7. 蟹江城 蟹江城 豊臣秀吉と徳川家康のターニングポイントとなった蟹江城の戦…
  8. 犬山城 犬山城 日本最古の天守閣は【国宝】犬山城の写真と駐車場情報も

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 岡山城
  2. 竹田城
  3. 逆井城(飯沼城)
  4. 土佐泊城
  5. 伊豆・狩野城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP