宮崎県

日向・西城~山陰百姓一揆の舞台にもなった宮崎県の山城

日向・西城




日向・西城(にしの-しろ)は、宮崎県日向市東郷町山陰丙にある丘城(平山城)で、耳川の比高40mの断崖上にあります。

戦国時代の天文年間(1532年~1555年)には、伊東氏家臣・米良喜内則村の居城「山陰城」の支城となっていました。
海岸線の平野部からは、だいぶ入った山間部となります。

日向・西城

伊東48城の1つである山陰城とは約2kmほど離れています。

島津家により伊東氏が日向から敗走すると、隣の山陰城には島津家の家臣・吉田右衛門が入っていますので、西城にも、恐らくはその吉田氏の家臣が入部したと推測できます。
日向・西城の本丸は、結構、深い堀切にて遮断されていました。

日向・西城

なお、江戸時代には延岡藩の領地となりましたが、圧政に耐えかね、1690年(元禄3年)には「山陰百姓一揆」(山陰・坪谷村一揆)が勃発しています。

山陰百姓一揆

なんでも3年連続の凶作で、延岡藩臼杵郡代・梶田十郎左衛門と、代官・大崎久左衛門らの取り立ては厳しく、300戸1422名の農民が村を捨てて都農町の股猪野(またいの)へ逃散したようです。
しかし、高鍋藩に捕まり、飯米などの支援を受けたと言いますが79名の農民が死亡。
結局は徳川幕府が江戸城下の評定所にて判定することになり、農民らは減税を勝ち得ますが、逃散した罪は罪として首謀者の百姓は磔が2名、打首12名、遠島(八丈島)7名という犠牲も出しました。
なお、郡代・代官は追放(60国お構い)、藩主の有馬清純は政道不行届として越後・糸魚川に転封の裁定が下り、山陰村、坪谷村、下三ヶ村は天領となりました。

日向・西城

このような百姓一揆の記念碑もありますが、現在は西城公園として整備されており、とても歩きやすいです。
北の堀切と主郭の間には、なかなか風情ある「橋」も掛かっていますが、西城に関する案内版などは無いようです。





成願寺というお寺の東側の山頂にあり、春には約200本の桜や約2000本のツツジが咲き乱れますが、桜の見頃は3月下旬~4月上旬となります。
交通アクセスですが、結構、山側に入りますので、公共交通機関では不便です。
日向・西城の見学所要時間は20分といったところです。
場所は当方のオリジナル九州地図にてわかるようにしてあります。

佐土原城~伊東家の本拠としても栄華を誇り天守もあった山城
新納院高城(日向・高城)~大友と豊臣の大軍に2度包囲されても落ちなかった頑城
宮崎城~戦国大名の伊東氏も一時本拠とした山城
日向・塩見城~争いに翻弄された日向三城のひとつ
九州の史跡探訪用オリジナル地図(カーナビ代わりにも)





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 陸奥・高舘
  2. 阿波・大西城
  3. 武節城
  4. 上の山城
  5. 武田神社
  6. 田辺城
  7. 甲斐・椿城(甲斐・上野城)
  8. 膳所城
  9. 丹後・中山城
  10. 浦添城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP