宮崎県

宮崎城~戦国大名の伊東氏も一時本拠とした山城

宮崎城




日向・宮崎城(みやざきじょう)は、宮崎県宮崎市池内町の山城で、別名は池内城、龍峯城とも言います。

自然の地形を巧みに利用した標高92m・比高70mの山城で、本丸(椎城)、野首城、服部城、彦右衛門城、百貫城などの独立した曲輪で構成されており、船ヶ崎・万願寺・目引・野首と4つの登城口があります。
最初の築城は不明ですが、これら郭の名称は、守将の名前からとったものだとされています。

南北朝時代の建武2年(1335年)に、図師随円・図師慈円の父子が宮崎城にて南朝方として挙兵しています。
この時、図師慈円(図師六郎入道隋)は、北朝方の縣城主・土持宣栄(県土持氏)の攻撃を受けて落城しました。

その後、宮崎城の曽井氏を攻め滅した伊東氏の所領となり、伊藤氏の一族である伊東県氏が宮崎城主だったようです。
しかし、文安3年(1446年)に島津家に内応したため伊東祐堯が曽根城を攻略し、宮崎城には家臣の落合彦左衛門が入りました。





1534年、伊東家の家督を継いだ伊東祐吉が宮崎城を本拠としますが、これは都於郡城が焼け落ちていたからとなります。
その後、伊東義祐が還俗して家督を継ぐと、伊東家の本拠は佐土原城になりました。
しかし、佐土原城が火災となった際には、一時、宮崎城に入り飫肥城攻略の拠点としますが、のち都於郡城が本拠と転々しています。

1541年、伊東家の家臣・長倉祐有(長倉能登守祐有)が島津忠良に寝返り、伊東義祐との大淀川の戦いがこの宮崎平にて発生しています。
島津勢は、島津蔵人頭、日置美作守、羽島上総守らで名のある武士56人、兵300余人が討死。
長倉勢は400人あまりが亡くなり、長倉祐有も命を落としました。

その後、宮崎城には肥田木越前守(肥田木勘解由左衛門尉)や、長嶺紀伊守、肥田木越前守、肥田木勘解由左衛門尉などが入って、伊東氏48城のひとつとなり、伊東家全盛期を迎えています。

1578年、伊東崩れで伊東義祐が大友宗麟を頼って逃れると、がら空きとなった宮崎城には、島津忠朝(島津豊後守忠朝)が入り、天正8年には上井覚兼(上井伊勢守覚兼)が城主になっています。

その後、豊臣秀吉の九州攻めにて、延岡城(縣城)を任された高橋元種の所領となり、高橋家臣の権藤種盛(権藤平佐衛門種盛)が宮崎城に置かれました。

宮崎城

しかし、1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いの際に、高橋元種は兄の秋月種長と共に、西軍として大垣城にて籠城していたため、九州にいた東軍の伊東祐慶の家老・稲津重政(稲津掃部助重政)が清武城から軍を動かし、宮崎城代・権藤種盛は討死し1日で落城しました。
この宮崎城の戦いの翌日、大垣城にいた高橋元種は東軍に寝返って本領安堵となったため、のちに宮崎城も高橋元種に返還されています。

日之江城主・有馬直純が延岡城に移封されると、宮崎城も有馬氏へ引き継がれましたが、一国一城令で宮崎城も廃城となりました。





なお、現在、宮崎城の本丸と服部城は少しだけ整備されていると言いますが、その経路も荒れており、他は雑木林になっており、また駐車場がないことから、登城は控えさせて頂きました。

都於郡城~伊東家の本拠として素晴らしい大規模な山城
佐土原城~伊東家の本拠としても栄華を誇り天守もあった山城
伊東祐堯~日向伊東氏の中興の祖とされる名将
伊東義祐~日向から南九州の覇権を争うも伊東崩れで没落
伊東祐兵~所領を失うも巧みに戦国を生き抜き3万6000石にて復活
延岡城(懸城)~延岡市をいつまでも見守る石垣も立派な城
日向・飫肥城と風情ある城下町は超オススメの観光スポット
3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主
日本全国「お城マップ」オリジナル地図カーナビにも





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 天筒山城
  2. 熊本城
  3. 宇陀松山城
  4. 小机城
  5. 志布志城(内城)
  6. 甲斐・勝山城
  7. 聖通寺城
  8. 備中・高松城
  9. 丹波・八上城
  10. 大宰府と筑前・大野城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP