宮崎県

新納院高城(日向・高城)~大友と豊臣の大軍に2度包囲されても落ちなかった頑城

新納院高城(日向・高城)

日向・高城(たかじょう)は、宮崎県児湯郡木城町にある標高60m、比高は50mの山城で高城城、新納院・高城とも書きます。
日向三高城(新納院高城穆佐院・高城月山日和城)にも数えられ、伊東氏48城のひとつでもありました。

高城は、三方が急な崖なのですが、唯一西からは丘陵で続いているため、空堀を7重にも巡らして遮断し、防衛強化しています。
下記は第1堀切跡です。

高城の堀切

そのため、大友宗麟豊臣秀吉の軍勢でも落とすことができなかったのが、高城ということになりますが、現在は城山公園として整備されており、本丸を中心に腰曲輪が残されています。

最初の築城は不明ですが、701年には既に土塁が築かれていたと言う文献もあるようです。





南北朝時代の1335年に、島津忠宗の4男・島津時久が、足利尊氏からの恩賞として日向児湯郡新納院の地頭に任じられ、高城に入ると新納時久(にいろ-ときひさ)と称します。
ちなみに、1350年には、京にいて留守の間に日向守護・畠山直顕から高城は攻撃されて陥落したため、別の領地であった日向救仁院(志布志)を本拠としており、新納時久の墓は、志布志城跡の矢倉場にあるとされます。

1357年12月には、一色範親の命により土持貞綱が新納院の地頭職となり、高城は新納院土持氏の城となります。

新納院高城(日向・高城)

高鍋城(財部城)の記事でも触れていますが、都於郡城主・伊東祐堯が、伊東家が室町幕府より日向平定の下知状を貰おうとし、これに反発した土持氏と争いました。
1456年に、財部土持氏の土持影綱と県土持氏の土持宣綱は連合して伊東祐堯と、財部城から近い毛作原にて小浪川の戦いとなり、激突します。
激戦となったこの合戦で、土持勢は多数の兵を失い、有力武将の土持三河守金綱は討死しています。

新納院高城

翌1457年、伊東勢は新納院土持氏の財部城を包囲すると総攻撃を仕掛け、ついに財部・土持惟綱(土持是綱)は伊東家に降伏し、約600年続いた財部・土持氏は没落しました。

こうして、高城も伊東家の城となり、野村蔵人が高城主となり、伊東氏四十八城の一つに数えられました。

日向・高城

1572年、伊東義祐木崎原の戦いで島津勢に大敗し、さらには1577年に島津の圧迫を受けると家臣らが次々に離反し、佐土原城を捨てた伊東義祐は大友宗麟を頼って豊後に落ち延びます。(伊東崩れ)
そして、日向は島津家の支配下となり、高城には島津義久の家老・山田有信が新納院高城に入城しました。

新納院高城

豊後に逃れた伊東義祐は、大友宗麟に日向への出兵を促し、いよいよ6万ともいう大軍が、南下を始め「耳川の戦い」(高城の戦い、高城川の戦い、高城川原の戦い)となります。

高城の城下

その時、大友勢の田原親賢は高城を包囲しますが、山田有信は僅か300の兵で3ヶ月籠城していました。
そこに、援軍として島津家久・吉利忠澄・鎌田政近・比志島国貞ら3000が大友勢を足止めして、耳川の戦いとなりますが、島津勢は釣り野伏せの戦法にて大勝利を納めます。

新納院高城(日向・高城)

耳川の戦いは、島津義久の記事にて詳しく記載していますので、ここではこれ以上は省きますが、高城はまた大軍に包囲されるようになります。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉の九州攻めの際に、毛利輝元小早川隆景吉川元春黒田長政蜂須賀家政藤堂高虎、加藤嘉銘、脇坂安治、宇喜田秀家、大友義統と言った20万を率いた羽柴秀長の大軍が、高城を総攻撃します。
この時も、山田有信はわずかに1500の兵にて籠城し耐えましたが、援軍に駆け付けた島津義久は、すぐ近くの根白坂の戦いにて羽柴秀長に敗れて、あえなく撤退します。

そのあと、島津義久は羽柴秀長に降伏しますが、それでもなお高城は籠城して降伏勧告をはねつけていたため、島津義久が説得して、山田有信(山田新介有信)も子の山田有栄(山田昌巌)を人質に出して1587年4月29日に高城を退去しました。
そして、鳥取城主の宮部継潤が高城に入って受け取っています。

下記は高城の本丸にある耳川合戦などの供養観音です。

供養観音

ちなみに、山田有栄(山田昌巌)は、1600年の関が原の戦いの際には、島津義弘に従って右翼を任されてました。
中央突破して薩摩へと敗走する際には、途中で食べ物をくれた村人らに支払う路銀も無くなったとき、支払いなんか不要だと言う意見も多かった中、山田有栄は自らの刀の金象嵌の鞘を村人に渡して感謝したと伝わります。
その後、薩摩藩では2020石にて家老となり、出水を領しました。

なお、九州討伐のあと、新納・福嶋・諸県3万石は秋月種実に与えられ、高城は支城となり、元和元年(1615年)の一国一城令にて廃城となっています。





高城の近くには、根白坂の戦い耳川の戦い(高城川合戦)古戦場跡、竹鳩ヶ淵跡(下記写真)、戦死者を弔った宗麟原供養塔(国指定史跡)などがあり、史跡としての見どころは多いところです。

竹鳩ヶ淵跡

高城への交通アクセスですが、クルマの場合、西側の台地から車道があり本丸近くに無料駐車場がありますので、訪問はとても便利です。
見学所要時間は20分といったところです。

2度も大勢の敵が押し寄せても落ちなかった高城ですが、落ちないと言うことで、受験生は合格祈願として訪問必須とも言えるのではないでしょうか?

伊東祐堯~日向伊東氏の中興の祖とされる名将
穆佐城~日向守護になった畠山直顕の拠点
日向・高岡城(天ヶ城)と野村文綱(野村備中守文綱)
高鍋城(財部城)と小浪川の戦い~財部土持氏の本拠地
木崎原の戦い~島津の釣り野伏せ戦法と伊東家の総大将「伊東祐安」
伊東義祐~日向から南九州の覇権を争うも伊東崩れで没落
伊東祐兵~所領を失うも巧みに戦国を生き抜き3万6000石にて復活
都於郡城~伊東家の本拠として素晴らしい大規模な山城
佐土原城~伊東家の本拠としても栄華を誇り天守もあった山城
根白坂の戦い~島津家の降伏を決定づけた夜襲失敗
島津義久とは~耳川の戦いの詳細や富隈城と国分城も
志布志城と鎌田政近~松尾城・内城・高城・新城からなる城郭群
島津義弘~数々の武勇を残すも実直であった文武両道の猛将
豊臣秀長 (羽柴小一郎、羽柴秀長)~有能な秀吉の補佐役
黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介
月山日和城(三俣院高城)~霧島連山や桜島まで望むめると言う重要拠点

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
3 based on 1 votes
攻略難易度
初心者向け
旧国名
日向
著者コメント
本丸脇までクルマで上がって行けて、立派な駐車場もあります。付近は耳川の戦い、根城坂の戦いもあったところですので、セットでどうぞ。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 日向・南郷城 日向・南郷城~伊東祐慶が築いた展望も素晴らしい近世城郭
  2. 月山日和城(三俣院高城) 月山日和城(三俣院高城)~霧島連山や桜島まで望むめると言う重要拠…
  3. 日向・安永城 日向・安永城~北郷家が支配した庄内十二外城のひとつ
  4. 日向・高原城 日向・高原城とは~長倉祐政と上原尚近の武勇も
  5. 日向・高岡城(天ヶ城) 日向・高岡城(天ヶ城)と野村文綱(野村備中守文綱)
  6. 都於郡城 都於郡城(とのこおりじょう)~伊東家の本拠として素晴らしい大規模…
  7. 日知屋城 伊東祐邑と日知屋城~キレイな海に囲まれた堅城と鵜戸神社
  8. 延岡城(懸城) 延岡城(懸城) 延岡市をいつまでも見守る石垣も立派な城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 備中松山城
  2. 但馬・八木城
  3. 能登・菅原城
  4. 信濃・大井城
  5. 大津城
  6. 大洲城
  7. 武蔵・長沼城
  8. 阿波・一宮城
  9. 日知屋城
  10. 美濃・垂井城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP