静岡県

持舟城(持船城・用宗城)の解説~今川水軍の拠点のひとつ

持舟城




持舟城(用宗城)とは

持舟城(もちふね-じょう)は、静岡県静岡市駿河区用宗城山町にある山城で、標高は78m、比高は70mほどになります。
静岡(駿府)の街から、西へと日本坂に出る際の交通要所にあり、戦国時代は、海岸線が、山城の直下にある、用宗駅(もちむねえき)の場所まで、来ていた模様です。
そのため、水軍を運用するための基地にもなっていたようで、別名も色々あり、用宗城、用船城、持船城とありますので、海城でもあると言えるでしょう。
現在でも交通の要所で、東海道本線だけでなく、持舟城跡の真下には東海道新幹線のトンネルがあり、北側には東名高速も通っており、山頂からは駿河の市街地と、駿河湾を望むことができます。

持船城

最初の築城は、戦国時代の天文年間に、今川家の家臣・一宮元実が築いたとされます。
ただし、それ以前より、砦程度に、使われていても、おかしくない、要所です。
その他、今川家の城主としては、一宮宗是(一宮出羽守宗是)、一宮左衛門尉、関口親永(関口刑部少輔親永)の名が見られます。
関口親永は、今川義元の妹婿である重臣でもあり、徳川家康の正室となった築山殿は、関口親永(関口親長)の娘ともされます。

用宗城

永禄11年(1568年)、甲駿同盟は手切となり、年末の12月6日、武田信玄が駿河へ侵攻開始します。(駿河侵攻)。
そして、12月12日、迎え撃った今川氏真は、薩埵峠に陣を張ろうと、駿府から興津・清見寺に入りました。
しかし、瀬名信輝・葛山氏元・朝比奈政貞・三浦義鏡など、有力家臣21名が武田家に寝返ったため、朝比奈泰朝の掛川城に落ち延びています。
この時、持舟城(用宗城)は、簡単に落城したようで、そのあと、武田家の三浦義鏡が城主となりました。





また、武田水軍を統括した、岡部貞綱が、伊勢からスカウトした、向井正重なる武将も、持舟城(用宗城)に入ったようです。
こうして、持舟城(用宗城)は、武田水軍の基地へと変わりましたが、1579年、徳川家康が駿河侵攻し、駿河・田中城や遠目砦を陥としたあとは、牧野康成らが、持舟城(用宗城)を攻撃しました。
この時、武田勢の三浦義鏡(三浦兵部義鏡)と、興国寺城主となっていた向井正重(向井伊賀守正重)ら400が、討死しています。
しかし、1580年2月には、手薄になっていたところを、再度、武田勝頼が奪回し、朝比奈氏秀(朝比奈駿河守氏秀)、朝比奈信置が持舟城に入り、改修しました。

天正10年(1582年)、織田信忠の甲斐攻めに、同調した徳川家康は、再度、攻撃をすると、甲斐の諸将が領国に引き上げます。
そのため、朝比奈信置は、5日間籠城したあと、今福虎孝がいる久能城に逃れました。
その後、持舟城(用宗城)は、使われなかったようです。





討死した向井正重の嫡男・向井正綱は、徳川家の水軍を率いて、北条家相手に小田原攻めでも活躍したと言います。
その向井正綱の子・向井忠勝は、江戸幕府史上、最大の安宅船「御座船安宅丸」の造船を行っています。
また、支倉常長をローマに派遣した、伊達政宗の南蛮船「サン・ファン・デ・バプティスタ号」の造船にも力を貸したようです。

この日、日本平は、かろうじて望めました。
空気が澄んでいれば、富士山も望める景勝地です。

持舟城

交通アクセス

持舟城(用宗城)への行き方ですが、中腹まで舗装された道路があります。
ただし、かなりの急坂で、道路は1.5車線です。
なお、クルマの場合、アクセスをかなり踏み込みますが、急坂道路のだいぶ上のほうに、見学者用の無料駐車場(3台ほど)も用意されていますので、登城される場合には便利です。

持舟城の駐車場入口

当方のオリジナル地図にて、駐車場の場所を、ポイントしておきます。
電車の場合、JR用宗駅のすぐ背後の山なのですが、線路を渡れず、グルッと迂回して歩く必要があり、登城口まで、徒歩15分かかります。
そして、急坂を登っていきます。

花沢城の解説「花沢城の戦い」小原鎮実(大原資良)が守った城跡
今川家重臣の関口親永と井伊直平の娘「さな」とは~今川家に尽くすも無念の切腹
久能山城 (久能城)とは 武田家が大改修した駿河の城
駿河・石脇城の解説~北条早雲が駿河で出世して行く居城
朝比奈元長と朝比奈信置とは?~今川家から武田家へと仕えた庵原城主
高天神城(鶴舞城)の解説 徳川と武田の攻防最前線の城【続日本100名城】
今川家の滅亡~掛川城と今川氏真・朝比奈泰朝 、薩埵峠の戦い
駿府城 気になる史跡と駐車場情報など
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 出雲・鳶ヶ巣城 (出雲・鳶巣城)
  2. 柏原陣屋
  3. 相模・住吉城
  4. 洲本城
  5. 拳母城(七州城)
  6. 信濃・丸子城
  7. 二本松城
  8. 鶴ケ岱チャランケ砦跡
  9. 横山党館

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP