静岡県

小長谷城(小長井城)の解説~大井川の千頭にある城跡

小長谷城(小長井城)




小長谷城(こながや-じょう)は、静岡県榛原郡川根本町東藤川にある山城で、別名は、小長井城、徳谷城、天王山城とも言います。
南アルプスの南側を流れる、大井川の奥地にあり、標高は362m、比高55mほどです。
最初の築城は不明ですが、今川家が駿府守護となった頃、この千頭の領主は、小長谷氏(小谷井氏)でした。

小長谷城(小長井城)

川根本町の徳山城には、駿河・土岐氏の土岐山城守(鴾山城守、鴾彦太郎)がいて、小長谷氏(小谷井氏)とは仲が良い一族であると言う文献もありますので、小長谷氏(小谷井氏)の小長谷長門守は、土岐一族の可能性があります。
しかし、南北朝時代の1353年に、足利尊氏が駿河守護・今川範氏に命じて討伐し、駿河の土岐氏は没落しました。





戦国時代の1568年、武田信玄が駿河に侵攻すると、まもなく、小長谷氏(小谷井氏)は武田氏に臣従します。
そして、武田勝頼の代になると、長篠の戦いで大敗し、遠江・諏訪原城と、犬居城が、徳川家康に奪還されます。
そのため、小長谷城は、次に狙われそうな最前線となりました。

小長谷城(小長井城)

駿河三浦氏で駿河先方衆(駿河・田中城)の三浦員久が「土岐谷筋」(徳谷の誤記か?)の山中へ在陣するよう、命じられており、駿河・小長谷城(小長井城)に入りると、縄張りを武田流へと改修(天王山御普請)した模様です。

小長谷城

1582年、織田信忠の甲斐攻めにて、武田氏は滅びますが、この時も、小長谷城(小長井城)に徳川勢が、お押し寄せたとはありませんので、この時の城主・小長谷政房(小長谷長門守政房)は、徳川家に恭順したようです。

小長谷氏は、その後、徳川家の旗本として江戸時代も存続しています。

小長井城

千頭にお住いの皆様には、大変失礼ながら、こんな山地に、城が必要なのか?と、感じてしまいます。
しかし、駿府から山を迂回して、犬居城、二俣城へ繋がる、山間ルートであることからも、ここに砦の機能があっても良いと、帰ってから地図をみてわかりました。





交通アクセスですが、大井川鉄道の千頭駅から、大井川を渡って、徒歩25分ほどの距離です。
駐車場は、本川根B&G海洋センターのを拝借できそうです。
今回、時間の関係で、遠景のみの撮影に留めましたが、遺構もよく残っているようですので、機会があれば、再訪してみたいところです。

諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)【続日本100名城】武田家築城・今川氏真城番・徳川家
遠江・小山城 武田と徳川がしのぎを削った小山城の戦い
犬居城 武田流の見事な縄張り 天野景貫とは
二俣城と二俣城の戦い 松平信康の墓 訪問記・写真集
横岡城の解説~大井川沿いにあった鶴見因幡守栄寿の居城
寸又峡温泉「湯屋飛龍の宿」~トロトロ美人の湯
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 大光寺城
  2. 蓮池城
  3. 徳山館
  4. 信濃・愛宕城
  5. 宇和島城
  6. 岩村城
  7. 守礼門
  8. 相模・沼田城
  9. 駿河・朝日山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP