埼玉県

武蔵・柏原城 柏原氏館跡? 入間川陣城?

武蔵・柏原城




武蔵・柏原城 (かしわばら-じょう) は、埼玉県狭山市柏原にある平山城です。
入間川の河岸段丘(標高50m)に築かれているため、単独の山などではなく、台地の東端にある、端崖城(比高10m)と言うとわかりやすいでしょうか?
山ではないのですが、地元では「城山」と呼ばれており、別名は、城山砦、上杉砦、上杉城、柏原城山などがあります。
入間川(いるま-がわ)の水運の抑えてとしても、有効な立地です。





最初の築城は不明ですが、平安時代末期の豪族・柏原太郎と言う柏原氏の館跡の可能性があるともされます。
柏原太郎は、畠山重忠に従い、奥州藤原氏の征伐で活躍しているのが、見受けられます。

武蔵・柏原城

また、南北朝時代の1353年に、足利尊氏の3男・足利基氏が、南朝勢力に対抗する為、築城した「入間川陣城」の比定地ともされますが、詳しくは不明です。
その後、確実なのは、戦国時代の1545年に、上野・平井城関東管領上杉憲政が築いたとされます。
山内上杉家15代当主・上杉憲政は、北条氏綱に奪われた河越城を攻略するため、半年近くにわたり、武蔵・柏原城に入っていたとされます。
1546年「河越夜戦」(河越城の戦い)で有名ですが、上杉憲政と上杉朝定、そして古河公方・足利晴氏ら関東の諸将が8万ともされる大軍にて、河越城を包囲した際、上杉憲政が本陣を置いた場所とされるようです。
すなわち、臨時の陣城と言えますが、土塁と空堀が見事に残っている模様です。

陣城の規模の為、小さな城域と言え、指揮官クラスを中心に駐屯し、軍勢は周りで野営していた可能性もあるでしょう。
城と言うものは、防衛の意味もありますが、城内にて守備している兵が、怖くなっても、簡単に逃げられないように「堀」などで囲むと言う理由もあります。
上杉勢は、もともと大軍でしたので勝利する可能性のほうが高く、兵が逃亡する恐れが少なかったことから、それでよかったのかも知れません。

河越城の北条綱成・北条綱房・北条幻庵らは、僅か3000でしたがよく守り、小田原城から駆けつけた北条氏康大道寺政繁多目元忠ら8000が、上杉勢に夜襲を掛けました。





上杉朝定が討死して扇谷上杉家が滅亡したほか、難波田憲重、本間江州、倉賀野行政などが命を落としています。
上杉憲政は、なんとか戦場を脱出し、上州・平井城へと敗走しました。

なお、柏原城と申しますと、伊賀・柏原城もありますので、混同しないように注意が必要です。

今回、予定外の訪問だったため、麓からの撮影に留めました。
台地の上の部分には、駐車場と案内板もあるとの事です。

このあと、河越館跡へ向かいました。

北条綱成~地黄八幡と恐れられた北条家一の猛将
多目元興と多目元忠~北条家の最古参であり河越夜戦での大活躍も
北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
関東管領の上杉憲政とは~平井城と平井金山城
大道寺政繁とは~松井田町新堀・補陀寺にある大道寺政繁の墓
大穴城の解説 本多秀玄が陣屋を構えたか?
難波田城(難波田氏館) 難波田憲重 難波田憲次





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 出雲・鶴ヶ城 (田儀城)
  2. 河越城
  3. 朝倉山城
  4. 岐阜城
  5. 日知屋城
  6. 虎丸城
  7. 浜田城
  8. 武蔵・寺尾城
  9. 陸奥・横田城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP