千葉県

福星寺城(福星寺館)の解説 高い土塁で囲まれた館跡

福星寺城(福星寺館)




福星寺城は、千葉県四街道市吉岡にある標高は31mほどの平城で、別名は、 福星寺館、福星寺砦、吉岡砦とも言います。
城主は、千葉氏の一族で臼井城を治めた「臼井氏」の一族である「吉岡氏」とされます。
近くの木出城と共に、吉岡一族が居城したようで、吉岡氏の武将としては、関東公方に仕えた吉岡盛胤の名が見受けられます。





お寺を囲むように高い土塁が残っており、その中心に福星寺がありますが、方形武士居館としも、かなり立派な土塁です。

福星寺城(福星寺館)

雨上がりで足元が悪かったため、薮になっている箇所は未確認ですが、幅もある堀で巡らされているようですので、きちんと整備したら、在地豪族の館として、有料拝観施設として展開も可能なのではと感じてしまいます。
このような小さめの屋敷跡は、ほんと好きな部類ですが、千葉に残っているのは驚きでした。

福星寺城

なお、現在、福星寺城と呼ばれますが、福星寺は、江戸時代の元和二年(1616)に、權僧都宥照が開基・創建されたもので、実際に屋敷があったころの城名として、どのように名付けられていたのかは不明とのことです。
まぁ「下総・吉岡城」と呼んでよいでしょう。

福星寺

近くには、木出城、下総・中山城などがあり、同じ、吉岡一族が散らばっていたものと推測されます。

お城好きで有名な春風亭昇太さんも、四街道での公演の際に、ご訪問されたようです。
福星寺のしだれ桜は、徳川家康が「見事だ」と言ったサクラを江戸時代に移植しているもので、毎年3月中旬から4月上旬が見頃です。





福星寺城への交通アクセス・行き方ですが、千葉都市モノレール2号線の「千城台北駅」からバスで、福星寺バス停に行き、先に、福星寺や下総・中山城を訪問してから、帰りがてら、木出城が良いかも知れません。
駐車場・トイレなどはありませんが、福星寺城へ繋がる道路わきに、広めの駐車スペースがあり、5分間だけ止めさせて頂きました。
ただし、県道から入るところは、わかりにくいので、はやめにウインカーを出して、追突防止を図って頂きたいところです。
木出城、下総・中山城とセットでどうぞ。

木出城の解説【千葉のひっそりとした城跡】
臼井城の解説【臼井城の戦い】臼井景胤・白井胤治の奮闘
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 城址碑
  2. 周布城
  3. 相模・曽我城 (曽我氏館)
  4. 真芳寺砦(墨染館)
  5. 相模・岡崎城
  6. 越中・宮崎城
  7. 溝呂木城
  8. 久留里城
  9. 武蔵・権限山城
  10. 小野路城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP