徳島県

阿波・伊沢城と伊沢頼俊~最後は阿波国主を目指すも

阿波・伊沢城




阿波・伊沢城(いさわ-じょう)は、徳島県阿波郡阿波町岡地にある平城です。

鎌倉時代の1179年に、伊沢家景(伊沢四郎太夫家景)が館を築いたとされます。

伊沢家景は、源頼朝に従って、多くの戦功を挙げおり、特に文治5年(1189年)の奥州平泉藤原泰衡を討伐した際には抜群の功績があり、源頼朝より伊那佐和庄一千町歩を賜って「伊沢」と地名を改め城を築いたとされます。
しかし、これをまともに受けると、最初の築城年が1179年ではなくなってしまいまして、不明瞭です。

伊沢城の遺構は残っていませんが、伊沢八幡神社の近くにある蛭田池が、伊沢城の庭園と内堀だったと言われており、その西側の桑園が伊沢城跡と推定されています。
城主の居館は「鎌倉泉」と呼ばれているそうで、伊澤神社には、歴代城主が祀られています。





戦国時代になると、伊沢氏は勝端城の細川家に従っていたようで、天正4年(1576年)に細川真之が、三好長治に対して挙兵すると、伊沢頼俊は一宮城主・一宮成祐らと呼応して細川真之に味方しました。
そして、天正5年(1577年)3月、荒田野で戦いにて三好長治を追い詰めて自害させたとあります。

この時、伊沢頼俊(伊沢越前守頼俊)は阿波の守護所である勝瑞城に入って、阿波を支配しようとしたとされます。
しかし、矢野駿河守や三好勝時(三好越後守勝時)、庄野久右衛門らが勝端城に迫ったため、僅か20日で勝瑞城から脱出し伊沢頼俊は坂西城に入りました。
そのため、5月に三好長治の残党である引田城主・矢野国村(矢野駿河守)と、阿波・木津城主の篠原自遁によって坂西城が奇襲を受け、伊沢頼俊は誅殺(自害とも)されて伊沢城は落城したとあります。

阿波・伊沢城

その後、15代の伊沢綱俊(いざわ-つなとし)が家督を継いだようですが、長宗我部勢の阿波侵攻の際にも伊沢城は落城した模様で、伊沢綱俊は所領を失った模様です。

その後、豊臣秀吉の四国征伐によって、蜂須賀家政阿波・一宮城に入ると、しばらくは阿波は土豪による一揆が多発しました。
この時、伊沢綱俊が住友彦兵衛らと一揆鎮圧に尽力したため、蜂須賀家によって、伊沢綱俊は与頭庄屋に任ぜられ、代々続き、ご子孫は現在に至っているそうです。
また、ご子孫は阿波藩の土木事業にも功績がありました。





なお、戦国期に伊沢頼政と言う武将の名も見受けられますが、どの代に入ってくるのか?、それとも一族や子なのかなど、不明です。
もし、ご存知の方がおられましたら、コメント欄にでも情報を賜りますと嬉しく存じます。

勝端城~戦国時代には四国で最も栄えた阿波の本拠地
阿波・一宮城~阿波統治のカギとなった大規模な山城
引田城と四宮光武~讃岐の寒川元隣も
蜂須賀家政と蜂須賀至鎮とは~徳島にて阿波踊りを始めさせた戦国武将
小笠原成助(一宮成祐)~阿波国主に一時なった有力武将
阿波・木津城と篠原自遁の攻防~東条実光も
こんぴら奥の院「箸蔵寺」~金毘羅さんの奥の院である四国別格霊場
四国の戦国史跡巡りにも便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 岐阜城
  2. 紀伊・泊城(芳養泊城) 
  3. 尼崎城
  4. 川口兵庫介館跡(川口氏館跡)
  5. 枡形城
  6. 陸奥・蒲田館
  7. 陸奥・土沢城
  8. 陸奥・米内館
  9. 武蔵・菅谷城(菅谷館)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP