島根県

宇屋谷城の解説 神庭・神代神社【出雲国】

宇屋谷城




宇屋谷城 (うやだに-じょう) は、島根県出雲市斐川町神庭にある丘城です。
標高40m、比高20mほどで、神代神社の境内(参道にある手水鉢)から、北に伸びる尾根上に築かれています。
宇屋谷城は、ほぼ単郭の城跡のようですので、宇屋谷館と言った方が良いかも知れません。
明瞭な土塁や堀切が残っているようで、錦織家旧跡との看板もあります。
宇屋谷城に関して、調べても、詳しくは不明ですが、錦織氏の居城(居館)だった可能性は高いでしょう。





すぐ脇の神庭・神代神社は、錦織氏が祀官を務めておりますが、応仁の乱で敗れた錦織右京大輔清次が、都落ちして出雲に逃れると、出雲臣家の養子となったとあります。
そして、姓名を自身の錦織とし、文明2年(1470年)に、米原氏の家臣になったと伝わります。
これ以上のことは不明です。

神代神社 (かむしろ-じんじゃ) は、荒神谷遺跡の東側、出雲ロマン街道(簸川南地区広域農道)沿いにあります。
鳥居がない代わりに灯籠を建てている、一風変わった神社です。
石段上にあり、登るのは大変なようですので、参拝まではあきらめました。

神代神社

江戸時代の延宝元年(1673年)、南に位置する、出雲・高瀬城の米原氏の子孫によって八幡宮が勧請・合祀されています。

神庭・神代神社の祭神は、宇夜都辨命(宇夜都弁命)(うやつべのみこと)ですが、出雲風土記にしか登場しない謎の神様(女神)です。
出雲国風土記では出雲郡の健部郷(たけるべのさと)の話で「神代社」とあり、神代の時代にこの地に天降り、荒れ地を開拓された、ありがたい神様として紹介されています。
この女神様が降臨されたことが、地名由来となり、この辺りを宇夜谷(うやだに)と呼ぶようになった明記されています。
神代神社背後の権現山では、約10分登山すると、磐座(いわくら)があるのですが、その石神と呼ばれる岩に、宇夜都弁命()が降臨したと言う事です。

神代神社

宇夜の女と言う読み方が、「ウヤツベ」だったと言う事ですね。
また、出雲風土記では下記のような記述もあるようです。

日本書紀引用景行天皇の御子「ホムチワケ」は言葉を話さなかった。
ある日、白鳥が空を飛ぶのを見て「あれは何ですか?」と突然言葉を話したので、天皇は白鳥を捕まえてくるように命じた。
鳥取という家臣はその白鳥を追いかけ、出雲の「宇夜谷」でようやく捕まえた。
白鳥と触れ合ったホムチワケは言葉を話せるようになった。

上記は、誉津別命(ほむつわけのみこと) の話として、日本書紀にも似たような話が出ています。

宇屋谷城

その後、改めて「健部」(建部)と名づけたわけは、纏向の槍代の宮で天下をお治めになった天皇(景行天皇)がおっしやったことには、「わたしの御子、倭健の命の御名を忘れまい」と仰せられて健部の制を定め給うた。その時、神門の臣古祢を、健部とお定めになった。そこで健部の臣らが、大昔から今になるまで、ずっとここに住まいしている。だがら、健部という。」とあるようです。

平安時代に、神庭・神代神社は、延喜式内社として紹介されています。

日本全国では旧暦10月を神無月と言いますが、出雲では八百万の神々が出雲に参集されるとして「神在月」と言う、特別な11月の訪問でした。

出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
出雲・三笠山城 尼子十砦
出雲・平田城の解説
玉造要害山城 (玉造城) 湯氏の本拠地
山陰地方の史跡・観光のカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 獅子吼城(江草城)
  2. 鉢形城
  3. 丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷)
  4. 陸奥・福島城
  5. 出羽・湯沢城
  6. 越中・宮崎城
  7. 世田谷城
  8. 江馬氏下館
  9. 千徳城
  10. 紀伊・亀山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP