島根県

出雲・平田城の解説

出雲・平田城




出雲・平田城 (ひらた-じょう)は、島根県出雲市平田町極楽寺山にある標高53m、比高45mの丘城です。
別名は、手崎城、薬師寺城、薬師城とも言います。
最初の築城は不明ですが、応永年間(1394年〜1428年)には、出雲国守護・京極氏の家臣である多賀氏の居城だったと伝わります。
その頃の、出雲・多賀氏としては、室町幕府の所司代を務めた多賀高直が知られます。
足利尊氏の室町幕府成立時に、多賀氏は、佐々木判官に従っていたため、京極持高の家臣になっていた模様です。





近江の本家筋と考えられる多賀政経と多賀高忠が、文明4年(1472年)に越前へ敗走したあと出雲に下ったとあります。
恐らくは、出雲にいた多賀一族を頼ったのでしょう。
多賀高忠は、文明7年(1475年)に出雲の国人を率いて上洛し、六角高頼らと戦いますが、三沢氏ら出雲国衆を戦死させて敗退し、以後、没落しました。
戦国時代となり、出雲守護代の尼子経久が、京極政経を勝って、事実上の出雲の主になります。
そして、1528年(大永8年)には、飯野氏が出雲・平田城主として見られます。
このとき、出雲の多賀氏は、飯石郡掛合の日倉城に移されたともありますが、これは、掛合の多賀山氏と、出雲・多賀氏を、昔の文献などが混同している可能性も考えられます。

出雲・平田城

1562年(永禄5年)、毛利勢が出雲に侵攻すると、毛利元就の支配下となりました。
山中鹿之助らが尼子勝久を立てた尼子再興軍が蜂起すると、1570年(元亀元年)、吉川元春出雲・鳶ヶ巣城に入り、出雲・平田城には家臣の岡元長と、牛尾春重(牛尾大蔵左衛門春重)が守備につきました。
牛尾氏の本家筋と考えられる、元の出雲・牛尾城主だった牛尾幸信(牛尾弾正忠幸信)は、尼子勢だったようですので、牛尾一族は、敵味方に分かれたようです。
尼子勢の出雲・高瀬城主である米原綱寛は、何度も、船を使って、出雲・平田城を攻めていますが、毛利勢は撃退しています。
出雲・平田城に関しては、昔は、宍道湖が、麓付近まで伸びていたようで、出雲・鳶ヶ巣城と同じく、水運の抑えでもありました。

愛宕山公園として整備された際に、地形が変わってしまっており、明確な遺構は残されていないようです。





出雲・平田城への交通アクセス・行き方ですが、一畑電車の雲州平田駅にて下車し、徒歩25分となります。
クルマの場合、約30台ほどの愛宕山公園駐車場が利用できるなど、駐車場はいくつかあります。
600本ある「桜の名所」になっているほか、出雲市唯一の動物園「愛宕山動物広場」には、新たにポニー広場ができたとの事です。

出雲・鳶ヶ巣城 (出雲・鳶巣城)  宍道隆慶・宍道政慶
月山富田城の解説【日本100名城】尼子経久・尼子晴久・尼子義久
出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
三笠城 (牛尾城)の歴史解説 尼子氏の重臣である牛尾幸清・牛尾久信
山陰地方の史跡・観光のカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 甲斐・勝山城
  2. 大和・郡山城
  3. 石浜城
  4. 浮牛城
  5. 富崎城
  6. 越中・福光城
  7. 猿倉城
  8. 塩越城
  9. 怪島城
  10. 鍋山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP