島根県

玉造要害山城 (玉造城) 湯氏の本拠地

玉造要害山城




玉造要害山城(たまつくりようがいさんじょう)は、島根県松江市玉湯町にある標高108m(比高80m)の山城です。
別名は玉造城、要害山城、湯ヶ山城(ゆがせん)、湯ノ城(ゆのさん)とも言い、玉造温泉を守る城です。
出雲の玉造は、昔から温泉と青メノウの産地として知られ、古代玉つくり集団の住居跡(国指定史跡・出雲玉作史跡公園)もあるように、重要な拠点でもありました。

玉造要害山城としては、鎌倉時代の後期に、隠岐国・出雲国の守護である佐々木泰清の7男・佐々木頼清(佐々木七郎左衛門)が湯荘に入って「湯氏」を称したのが始まりとされます。
玉造要害山城の築城に関しては、1332年、後醍醐天皇が隠岐へ配流される際、湯氏一族の富士名義綱(富士名判官義網)が同行しました。
その留守中に、家臣の諏訪部扶重(すけしげ)が謀反を起こして、玉造要害山城に籠城しましたが、攻められて落城したとあります。
富士名雅清(ふじな-まさきよ)は、その後、船上山の戦いなど、後醍醐帝を支えており、若狭守護になっています。





その後、南北朝時代に湯頼清の孫・湯秀貞 (湯伊予守秀貞) が玉造城を大改修しました。
本丸と帯郭には、尾根筋方面に土塁・縦土塁が設けられ、本丸直下の堀切は、土塁を伴う厳重な構えになっているようです。
ただ、これらは、戦国時代の改修跡と考えられますので、毛利氏の手が加わったものと推測します。

玉造城

戦国時代の天文11年(1542年)、湯家綱 (湯佐渡守家綱) が大内氏に従っている記録があり、1551年に亡くなったとある湯家綱の墓碑が壊れた状態で、城跡に残っています。
永禄元年(1558年)に記された玉作湯神社の棟札には「湯菊丸」の名があります。

玉造要害山城 (玉造城)

なお、本家ではない可能性もありますが、尼子氏の重臣に湯惟宗(ゆ-これむね)がおり、尼子経久尼子晴久尼子義久の3代に仕えました。
その子が湯永綱で、1557年に湯永綱の長男として、多胡辰敬の娘が湯之荘で産んだ武将に、のち3万8000石にて、因幡・鹿野城主となる亀井茲矩(かめい-これのり)がいます。

ただ、出雲の湯氏を称するの家は、3流11系統あり、詳しくは不明です。

玉造要害山城 (玉造城)

玉造城への交通アクセス・行き方ですが、JR玉造温泉駅から、一畑バスの「玉造温泉行き」に乗車して、玉造温泉バス停下車となります
JR玉造温泉駅からタクシーで向かうと5分くらいです。
玉造要害山城に登城する場合には、麓の玉造湯神社の石段横(鳥居横)から坂道を上がり、説明看板を確認して、その横の石段を登って行けます。

玉造要害山城 (玉造城)

所要時間は、玉造湯神社の入口から片道15分ほどのようです。
玉作湯神社は観光客が多いですが、城跡は、そんなに足を踏み入れる人はいません。
駐車場は、神社の駐車場を利用できます。

このあとは、玉造温泉の旅館に宿泊しました。

亀井茲矩の解説 残党を保護し大名へと成功した尼子家臣
玉作湯神社「叶い石」「願い石」の正式なお参り方法【玉造温泉】
湯薬師広場たらい湯【玉造温泉】天然の化粧水を無料で汲める
玉造温泉「湯陣千代の湯」100%源泉かけ流しの温泉旅館
玉造温泉ゆ~ゆ 歴史ある日本で最初の美人の湯が玉造温泉
出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
山陰地方の史跡・観光のカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 飯羽間城(飯場城)
  2. 河和田城
  3. 越中・小出城
  4. 備中・福山城
  5. 近江・真野城
  6. 都於郡城
  7. 神辺城(村尾城)
  8. 桂ヶ岡砦跡
  9. 神尾山城
  10. 建部山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP