神奈川県

相模・住吉城 三浦道寸が逃れた城

相模・住吉城

スポンサーリンク



相模・住吉城

相模・住吉城(すみよし-じょう)は、神奈川県逗子市小坪にる平山城・海城です。
城址は逗子マリーナ背後にある、標高80mほどの飯島崎(逗子隧道の上)にあり、現在は住吉神社があるようです。
最初の築城は不明ですが、鎌倉時代に鎌倉を海から守るべく、砦(見張り台)としての機能があったものと考えられます。

明確なのは戦国時代の初期で、小田原城を手に入れた北条早雲が、相模・三浦氏の相模・岡崎城を攻めた際に出てきます。
1512年8月、相模・岡崎城が落ちたあと、三浦義同三浦道寸)は小坪の相模・住吉城にて籠城しました。


スポンサーリンク



もともとは、三浦道寸(三浦義同)の弟・三浦道香の居城だった模様です。
ただし、整備されたのは1510年頃の模様で、北条早雲が改修したのを三浦氏が奪い取ったようです。
しかし、1513年、相模・住吉城も陥落し、三浦義同は相模・新井城(または三崎城)に逃れて、約3年の篭城戦となっています。
落城した際、三浦道香は、7騎で逃れましたが、逗子の延命寺にて自刃したと伝わります。

相模・住吉城

なお、住吉城と言う同じ名称の城跡は、上野・住吉城、常陸・住吉城、阿波・住吉城、肥前・住吉城と多いだけでなく、相模国には住吉要害と言う別の城跡もありますので、混同しないよう注意が必要です。

相模・住吉城への行き方・交通アクセスですが、JR横須賀線・江ノ電の「鎌倉駅」からバスにて「飯島バス停」下車して徒歩10分ほどになります。
トンネル手前を右にそれる細い道を進み、正覚寺背後の山にあります。
正覚寺の墓地を抜けると、住吉神社に続く石段があるようです。


スポンサーリンク



ちなみに「逗子」と言う地名の由来ですが、弘法大師が行基が作った延命地蔵を安置する「厨子」(ずし)を設けたことから、のちに漢字だけ変わって逗子との事です。

相模・岡崎城 三浦同寸の城
三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏
三崎城 三浦氏の本拠地
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
関ヶ原の戦いで討死した、三浦一族出身の平塚為広【関ヶ原の史跡】
鎌倉城とは 鎌倉幕府が築かれた鎌倉の城域
住吉要害(山下長者屋敷)の歴史解説~伊勢宗瑞(北条早雲)相模平定の足掛かり
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
関東の城跡めぐりオリジナル地図


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP