静岡県

葛山氏館 (葛山館跡)とは 土塁が残る古い屋敷跡

葛山氏館




葛山氏館

葛山氏館(かずらやまし-やかた)は鎌倉時代に作られた武家屋敷の特徴が豊かな単濠単郭式の方形館で、静岡県裾野市にあります。
葛山館とも書きます。

葛山氏館跡

葛山館の大手門跡は東北隅と推定されているそうで、土塁や水堀もあり、敷地内には井戸が2箇所あったそうです。
葛山館跡の西側には葛山家の四天王と伝えられる重臣、半田氏屋敷跡、荻田氏屋敷跡と続いています。





領主の館跡の西隣が半田屋敷で、その更に隣が荻田屋敷と、鎌倉期の屋敷がこのように「並んでいた」と言うのが、現在でも確認できるのは、私も色々とこれまで見て参りましたが、記憶にありません。
領主の屋敷跡とそれに並ぶ重臣の屋敷としては歴史的な見地も高く、国指定になっても良いのではと感じずにいられません。
同じ重臣の岡村屋敷跡は一部が水田になったり改良されてしまったり、仙年寺の東側にあった古池屋敷跡は失われていますので、是非、土地の改変などなく、後世に残る事を願う次第です。

半田氏屋敷

半田屋敷跡などには、今でも半田さんがお住まいのようですので「跡」と呼ぶのは失礼かも知れません。
現在、中村集会所がある場所も重臣の屋敷跡と推定されているそうです。





詰めの城が駿河・葛山城と言う事になりますので、居館と要害がセットである「根古屋式城郭」と言えます。
伊勢長氏(北条早雲)の3男・北条幻庵の母は、側室であった葛山備中守維貞の娘です。
どうやら、実家で北条幻庵を産んだとされますので、その屋敷は、葛山館だった可能性もあるでしょう。

葛山城の全景

なお、このような館跡もきちんと残されているのは、大変貴重でイメージも湧きますし、非常に嬉しく感じます。

葛山氏館への交通アクセス・行き方ですが、当方のオリジナル地図にて場所をポイントしてあります。

駿河・葛山城とは 土塁・堀切・曲輪など見事な遺構
葛山氏広 葛山氏元 葛山信貞 葛山氏一族の栄華
仙年寺 葛山氏墓所 葛山城址にある史跡
葛山かくれ城(葛山古城)とは
千福城とは 葛山備中守の居城
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
長久保城の歴史~今川家・北条家・武田家が奪い合った最前線
小山田信茂(小山田藤乙丸)~(1545年?~1582年)郡内の実力者
武田信玄とは~智力溢れる戦略と人物像・性格は?
興国寺城~巨大な堀切と高い土塁に囲まれたココから戦国時代が幕を開けた
景ヶ島渓谷~見たことも無い柔らかな奇石が織り成す独特の世界観





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2021年 2月 04日

    こんにちは。少しお話を伺いたいのですが、よろしいでしょうか?

    • 城迷人たかだ
    • 2021年 2月 04日

    匿名様、コメントありがとうございます。
    誠に恐れ入りますが、ご希望・ご用件を賜らないと、当方も対応ができるかどうか、検討が困難です。
    ご了承願います。(^-^)

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP