高知県

土佐・中村城 四万十川の戦い 為松城

土佐・中村城




土佐・中村城(なかむら-じょう)は、高知県四万十市丸の内にある標高70mの連郭式平山城で、比高も約70mになります。
土豪の為松氏が築いたとされることから、為松城とも呼ばれます。
為松(たんまつ)家は、中村の有力豪族でしたが、応仁の乱を避けて高知の所領・幡多荘(はたのしょう)にやってきた一条教房が、1468年に中村館(中村御所)を築くと、土佐・一条氏に従った模様です。
土佐・中村城の築城年代は不明です。
なお、土居氏、羽生氏、安並氏と共に、為松氏は、土佐・一条氏の家老となりました。





やがて、土佐では長宗我部家が勢力を拡大すると、信望を失った一条兼定は、1574年に、羽生監物、為松若狭守、安並和泉守などによって豊後・臼杵城に追放されます。
そのあと、土佐・一条氏は、長宗我部氏の傀儡となり、土佐・大津城へ移されました。

土佐・中村城

長宗我部元親は中村城に、実弟・吉良親貞を入れて幡多郡を支配しています。
1575年、一条兼定は土佐・中村城を奪還するべく、伊予・宇和島にて挙兵し、伊予の法華津播磨守らの援軍にて中村に入ると、3500の兵となりました。

土佐・中村城

しかし、長宗我部氏は一領具足も含めて7300にて僅か3日で反撃してきたため、一条氏らは四万十川の対岸にある栗本城に籠ります。
この四万十川の戦いで大敗し、戦国大名としての土佐・一条氏は滅亡しました。
下記の赤い橋があった付近で合戦となりました。

四万十川の戦い

なお、四万十市の方は今でも一条家に対して畏敬の念が強いようで、長宗我部氏は侵略してきた外敵と言う感じのようです。
下記は、土佐・中村城から、中村御所方面の展望になります。

土佐・中村城からの展望

関ヶ原の戦いのあと、山内一豊高知城に入ると、土佐・中村城には、山内一豊の弟・山内康豊が2万石にて入封しています。

為松城

土佐・中村城の山頂部には、為松城跡の碑があり、本丸とされます。
二の丸には、模擬天守となっている四万十市郷土博物館があり、有料見学可能です。

四万十市郷土博物館

下記の写真は、中村御所から撮影した、土佐・中村城の様子です。

土佐・中村城

土佐・中村城への交通アクセス・行き方ですが、土佐くろしお鉄道の中村駅から歩くと、徒歩50分です。
中村駅ちかくの観光案内所で、貸し自転車(レンタルサイクル)を借りて、麓まで来ても良いかと存じます。
無料駐車場の場所は、当方のオリジナル四国地図にてポイントておきますが、北側の道路から登って行ってください。
博物館のすぎ脇は、身障者専用ですが、手前に普通車用の駐車場が5台ほどありますが、アプローチの道路は狭いです。
運転に不安な場合には、北側の麓にある大きな駐車場をご利用ください。

もちろん、中村御所とセットでどうぞ。

中村御所 (土佐・中村館) 一条教房
一条房家とは 土佐一条氏の2代目
一条兼定 お雪供養塔
土佐・戸波城  戸波親武 戸波親清
須崎城 津野親忠 不運な運命を辿る
浦戸城 土佐の桂浜を見下ろす長宗我部氏の居城
岡豊城と長宗我部国親の栄光~秦氏や明智との関係も
長宗我部元親~5分で分かる長曾我部元親と四国統一
山内一豊とは 土佐・高知城主まで出世した戦国大名
高知城の歴史と築城の名手である百々綱家とは~高知城の見どころ
四国の史跡や観光地巡り用オリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 下野・小山城(祇園城)
  2. 二穴城
  3. 舟見城
  4. 弘前城
  5. 富木城
  6. 鹿沼城
  7. 豊後・岡城
  8. 疋壇城(疋田城)
  9. 織田信長
  10. 神辺城(村尾城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP