高知県

浦戸城 土佐の桂浜を見下ろす長宗我部氏の居城

浦戸城

土佐・浦戸城(うらど-じょう)は、高知県高知市浦戸にある山城です。
高知を代表する景勝地「桂浜」(かつらはま)には、坂本龍馬の銅像もありますが、その背後にある山が、標高59mの土佐・浦戸城になります。

浦戸城

浦戸城は土佐湾から高知への海の玄関ともいえる入口にある城で、恐らくはかなり昔から城砦として機能していたと考えられます。





戦国時代に入ると、本山城主・本山茂宗(本山清茂)が勢力を伸ばし、長浜城とともに浦戸城を整備しました。

浦戸城

その本山茂宗の死後、永禄3年(1560年)長浜城の戦いとなります。

長宗我部国親は、1560年5月27日、長浜城を夜襲して占領したため、本山茂辰と5月28日に戸ノ本の戦いとなります。
下記は、戸ノ本の戦いがあった場所にある石碑です。

戸ノ本の戦い

本山茂辰の兵力は2500で、1000の長宗我部国親・長宗我部元親(初陣・22歳)・長宗我部親貞(初陣・20歳)は劣勢でしたが優位に戦い、本山茂辰は浦戸城へ退きました。

浦戸城

長曽我部勢は浦戸城の南北の海岸線に舟を配置し水上を封鎖、また陸からも柵を設けて包囲体制を取りました。
下記は、鎮守の森公園の駐車場脇に再現された馬防柵です。
長宗我部元親の銅像がある公園ですね。

浦戸城の戦い

このように浦戸城は包囲されますが、長宗我部国親が急な病となったため撤退し、本山茂辰は助かりました。
なお、岡豊城に戻った長宗我部国親は、治療のかいもなく間もなく死去します。

この時、浦戸城は落城したとする説もありますが、以後、本山茂辰は朝倉城を本拠としており、浦戸城は放棄したのか、長曾我部家が手に入れた模様で長宗我部親貞(吉良親貞)が入り改修しました。
長宗我部親貞(吉良親貞)に関しては下記にて詳しくご紹介しています。

長宗我部親貞(吉良親貞)とは

その吉良親貞の兄・長宗我部元親はもともと体が弱かったとされますが、合戦ともなるとその活躍は目覚ましく、1564年頃には本山茂辰を降伏させました。
また、1569年には、安芸城主・安芸国虎を破り、1575年に土佐統一を果たします。

そして、更には四国をほぼ制圧した長宗我部元親でしたが、1585年、豊臣秀吉の四国攻めによって降伏し、阿波・讃岐・伊予は没収され土佐一国のみ安堵となりました。

1588年には、居城を豊岡城から、大高坂山城(高知城)に移しますが水害が多かったため、岡豊城に戻ったあと、1591年からは浦戸城を大改修して、本格的な本拠地にしています。

浦戸城

本丸には五間四方3層の天守も建てられたと言いますので、まさに土佐を統治する長曾我部家の居城と言えるでしょう。
豊臣秀吉の意向もあり、朝鮮出兵の海上基地としても改良が加えられたようです。

しかし、長宗我部元親のま死後、跡を継いだ長曽我部盛親は、1600年、関ヶ原の戦い石田三成に味方したため、所領没収となり、代わりに浦戸城は掛川城主・山内一豊に与えられることになります。





この時、徳川家康井伊直政の家臣を土佐に派遣して、浦戸城を接収させようとしましたが、竹内惣右衛門を中心とする一領具足らは身分剥奪を恐れて、浦戸城の引渡しを拒否します。
そして、長曽我部盛親に土佐半国か二郡を与えるよう要求しました。
これを「浦戸一揆」と呼びます。
一揆をおこした一領具足らは、長浜の雪蹊寺(せっけいじ)に滞在していた鈴木重好(井伊谷三人衆鈴木重時の子)を17000で包囲して銃撃したため、徳川家康が怒り、四国の諸将に鎮圧を命じました。

山内一豊は弟の山内康豊を派遣し、土佐・中村城代だった桑名吉成や吉田貞重も説得に参加します。
また、井伊直政は計略をもって、旧長曽我部家の重臣を使い、吉川善助・徳井佐亀之助・池田又兵衛・野村孫右衛門・福良助兵衛・歳岡彦兵衛・下元十兵衛・近藤五兵衛ら273名を討ち、首を塩漬けにして大阪に送ったと言います。
そして、竹内惣右衛門も討って出て討死し、50日間の浦戸一揆は鎮圧されました。





その後、高石左馬助らの滝山一揆など、一領具足による反乱が起こっていますが、山内家は鎮圧しています。

このように一領具足ら長宗我部の旧臣は、土佐藩の上士・下士よりも低い身分の郷士として取り込み、幕末まで厳しい身分に置かれたのです。

翌年の慶長6年(1601年)1月に、ようやく山内一豊が浦戸城に入りました。
下記は浦戸城の本丸にある社ですが、本丸は狭いです。

浦戸城の本丸

このように手狭であったため、1601年8月より高知城の建設を開始し、浦戸城の資材や石垣などは運ばれ、1603年に浦戸城は廃城となっています。

現在、浦戸城の場所には、国民宿舎・桂浜荘や龍馬記念館などが建っており、遺構のほとんどは消滅しています。
ただし、唯一とも言える浦戸城の石垣が一部残されています。
下記の国民宿舎・桂浜荘の玄関より右側から、奥に見える従業員用の駐車場へ入っていきます。

浦戸城の石垣入口

その従業員用駐車場のさらに奥へと進むと、下記のような石垣が残されていました。

浦戸城の石垣

浦戸城への交通アクセス・行き方ですが、当方のオリジナル地図にて、坂本龍馬記念館の駐車場をポイントしておきます。
駐車場は坂本龍馬記念館などの駐車場を拝借できますが、小生が訪れた際には、建て替え中で、駐車場は離れた場所となりました。
桂浜の坂本龍馬記念館は、リニューアル・オープン後には浦戸城と長宗我部氏の展示も行われています。
個人的には、浦戸城の天守も再現して、坂本龍馬とダブルでアピールすれば、桂浜も四国の観光地トップになるのでは?とも感じますが、まぁ、そこまでの気兼ねは現時点では見受けられません。

桂浜とは 桂浜の便利な駐車場も
岡豊城と長宗我部国親の栄光~秦氏や明智との関係も
長宗我部元親~5分で分かる長曾我部元親と豊岡城の遺構
安芸国虎と安芸城~土居廓中武家屋敷と安芸氏の菩提寺である浄貞寺も
長宗我部盛親~土佐再興に命を賭け大阪城に馳せ参じたが
一領具足とは 浦戸一揆 一領具足供養の碑
長宗我部信親とは~戸次川の戦いで無念の壮絶な最期を遂げる
長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町の関ヶ原合戦史跡】
阿古姫と佐竹親直~大坂の陣にて伊達家が匿った長宗我部家の娘
山内一豊とは~秀吉家臣として活躍し土佐・高知城主まで出世した戦国大名
高知城の歴史と築城の名手である百々綱家とは~高知城の見どころ
四国「高知」の戦国時代の史跡から幕末史跡まで場所がわかる便利観光地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
5 based on 1 votes
攻略難易度
中級者向け
旧国名
土佐
著者コメント
山城ですが駐車場も利用できます。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 土佐・戸波城  土佐・戸波城  戸波親武 戸波親清
  2. 大岐城 大岐城 大岐正行(大岐左京進正行)
  3. 岡豊城 岡豊城【続日本100名城】長宗我部国親 秦氏や明智光秀との関係も…
  4. 土佐・中村城 土佐・中村城 四万十川の戦い 為松城
  5. 安芸城 安芸城 安芸国虎とは 土居廓中武家屋敷と安芸氏の菩提寺である浄貞…
  6. 吉良城 吉良城 吉良親実 最後の土佐・吉良氏
  7. 須崎城 須崎城 津野親忠 不運な運命を辿る
  8. 土佐・蓮池城 土佐・蓮池城 本山氏と長宗我部氏の攻防
PAGE TOP