神奈川県

作延城 川崎にある古い城跡

作延城




作延城(さくのべ-じょう)は、神奈川県川崎市高津区下作延にある平山城です。
最初の築城としては、鎌倉時代に小山田城の一族である稲毛重成(稲毛三郎重成)が築いたと伝わります。
ただし、稲毛重成の本拠地は、武蔵・桝形城であり、その麓に屋敷を構えていたと考えられています。
そのため、作延城は支城と言ったことでしょうが、戦乱の世ではありませんので、外敵の侵攻を防ぐために、城・館を築いたとは考えにくいです。
そのため、子など一族が溝の口を領するようになって、その詰城として作延城を築いたと言うのが、自然かも知れません。
なお「さくのべ」ですので、柵を伸ばしていたと言う事から、さくのべと言う名称になった可能性もあります。
城の柵かも知れませんが、恐らくは平安時代に谷に牧場の柵を伸ばして、馬の飼育をしていたとみてよいでしょう。
ただし、作延城があった正確な位置などはわかっていません。





また、源頼朝の弟・全成が僧侶として入った威光寺(現在の妙楽寺)も、丘陵にあります。

いずれにせよ、伝承では、城山と呼ばれていて、新編武蔵風土記では、城山堀・矢倉塚・天守台などの地名もあったと記載されています。
となると、戦国時代にも、小田原城の北条氏が、小机城枡形城と共に、防衛ラインとして機能していた可能性があります。
北条氏所領役帳には、上作延村の武将は増田満栄(増田駿河守満栄)とあり、玉縄城主・北条氏綱の家臣だったようです。
1521年、増田満栄は圓福寺を建立しています。

作延城

現在、作延城があったとされる丘陵は、川崎市立緑ヶ丘霊園と言う大きな墓地に変わっており、遺構などはありません。
霊園内に、城址碑と解説板がありますので、その場所を当方のオリジナル関東地図にてポイントしておきます。

武蔵・作延城への交通アクセス・行き方ですが、JR南武線の津田山駅から、徒歩5分で入口です。





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 常陸・府中城
  2. 鷺山城
  3. 相模・磯部城(磯部館)
  4. 出羽・岩崎城
  5. 福谷城
  6. 肥田城
  7. 榎下城
  8. 拳母城(七州城)
  9. 相模・岡崎城
  10. 仙台城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP