富山県

上熊野城 二宮左衛門太夫(二宮余五郎)

上熊野城(かみのくま-じょう)は、富山市上熊野にある平城です。
県道沿いの神明社付近に、越中・上熊野城があったと推定されています。
最初の築城は不明ですが、越中の土豪・二宮氏の本拠とされ、斯波高経・斯波義将に仕えていたともされます。

1355年には、桃井直常の身代わりとして討死した二宮兵庫の名前が、太平記に記されています。
また、戦国時代の城主は、天文年間(1532年~1555年)が二宮右衛門大夫三宅で、その後、二宮左衛門太夫がおり、越中守護代・神保長職の家臣になっていました。





1574年、上杉謙信の家臣である村田弥三郎・安達清蔵らが拠っていた、東福沢の津毛城を攻めましたが、二宮左衛門太夫(二宮余五郎)は敗走したと伝わります。
また、樫木城主・村田修理亮とも昼夜問わず戦ったようですが、二宮左衛門太夫は上杉勢に屈しました。
しかし、上杉謙信の死去すると、織田信長の支援を受けていた神保長住が越中侵攻した際に協力して、知行安堵を受けています。

そのため、上熊野城は上杉勢から攻撃されて、没落したようです。
のちに、二宮氏の一族が浄蓮寺を建立しました。
また、神明社の南端には僅かに土塁が残っていると言います。

予定外の訪問で駐車場が見つからなかったため、遠景だけ撮影しましたが、浄蓮寺の駐車場を利用できるようです。

このあとは、城生城へ向かいました。

富山城 続日本100名城 神保長職と神保長住
蜷川館 一休さんに登場する「蜷川新右衛門」ゆかりの城跡
城生城 斎藤信利と斎藤信吉
北陸の史跡巡りにも便利なオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越中
著者コメント
平城ですので、訪問しやすいです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 越中・天神山城 越中・天神山城 上杉勢も攻略した魚津の山城
  2. 越中・小出城 越中・小出城 唐人親広 何度も取り合いになった最前線
  3. 大峪城 大峪城 片山延高は前田家の智将も暗殺される
  4. 蜷川館 蜷川館 一休さんに登場する「蜷川新右衛門」ゆかりの城跡
  5. 越中・守山城 越中・守山城(二上山城) 神保氏張による神保氏の復活
  6. 放生津城 放生津城 神保慶宗と越中守護代家神保氏
  7. 越中・木舟城 越中・木舟城 石黒成綱の本拠地も天正地震で再建不能に
  8. 越中・白鳥城 越中・白鳥城 古い時代から使われてきた富山の山城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 越中・宮崎城
  2. 長篠城
  3. 膳所城
  4. 塩見城
  5. 鮫ヶ尾城
  6. 出羽・浜館
  7. 龍ノ口城(龍口城・龍の口城)
  8. 佐賀城
  9. 隈府城
  10. 長久手城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP