福井県

熊川城 沼田麝香のふるさと? 沼田光兼も

熊川城

熊川城(くまがわ-じょう)は、福井県三方上中郡若狭町熊川にある標高185m、比高100mの山城です。
若狭街道が通る熊川宿を見下ろす山の中腹に築かれています。

諸説ありますが、上野・沼田城の沼田一族が鎌倉時代に移り住んだのが始まりとされます。
そして、戦国時代には、若狭守護で後瀬山城主の若狭・武田氏に従っていました。
若狭・熊川城は、永禄年間(1558~1570年)に築城されたと言う事になります。





沼田統兼(沼田弥七郎統兼、沼田光兼、沼田宗兼)又は沼田清延(沼田勘解由左衛門清延)が築いたとされますが、古くからあった城を改修したと言う事かも知れません。
まお、熊川城と申しますと、佐賀の熊川城や、朝鮮の倭城である熊川城もありますので、混同しないよう注意が必要です。

1562年(1569年とも?)、瓜生城主・松宮清長(松宮玄蕃允)が、若狭・沼田氏を攻撃したため、近江へ逃れると、熊川城は松宮氏の支城となりました。
恐らくは、武田義統粟屋勝久逸見昌経らの反乱に対している時期であるため、若狭・沼田氏は武田信方に加担していたので、攻撃を受けたと推測されます。

熊川城

近江に逃れた際に、どうやら、京にて幕臣として将軍・足利義輝に仕えていた藤川藤孝と面識を得た?ようで、沼田光兼の娘とされる沼田麝香(ぬまた-じゃこう)19歳が、細川藤孝の正室になりました。
そして、1563年に嫡子・細川忠興が生まれました。
このように、沼田光兼(沼田宗兼)は、丹後・田辺城の細川家を頼って、客将になったとも伝わります。
沼田光兼の子とされる沼田祐光は、津軽・大浦城主である津軽為信の軍師となり、1575年の大光寺城攻めなどで活躍したとあります。
ただ、若狭・沼田氏の動向などは不明瞭な点が多いです。

熊川城

なお、松宮左馬亮が熊川城主となっていましたが、1570年に織田信長が越前・朝倉氏攻める際に、松宮家は臣従しました。
そして、織田信長が熊川城で宿泊したともあり、麓の得法寺には徳川家康が泊ったと言う事で「家康腰かけ松の跡」と説明板があるようです。
このように松宮清長は、織田勢として転戦し、武田元明に随従して上京もしましたが、若狭衆に加わって越前一向一揆を鎮圧したあと、他の若狭衆の武将にもみられるように、取り潰しにあったようで、消息がわからなくなっています。

丹羽長秀が後瀬山城に入って若狭を支配すると、1584年に熊川城は廃止された模様です。

麓にある熊川宿(くまがわしゅく)は、1589年に浅井長政が小浜城に入った際に、若狭街道を整備して築いた街です。

熊川宿

沼田清延(沼田延元、沼田勘解由延元)が、その後も細川家の重臣として、丹後・中山城主になっており、のち門司城主になると佐々木小次郎にも関わっています。

熊川城への交通アクセス・行き方ですが、JR西日本の湖西線にて、近江今津駅、今津駅バス停から、西日本ジェイアールバスの若江(じゃっこう)線乗車します。
そして、約30分、若狭熊川バス停にて下車して、登城口の白石神社までは徒歩約3分です。
駐車場は、熊川宿の観光用駐車場を利用可能です。

登城口は白石神社の境内にあります。
足場も悪く、獣も出るようですので、登城は自粛しました。
トレッキングポールは必須のようです。

麓にある得法寺には熊川城主だった若狭・沼田氏の供養塔と伝わる墓塔があります。

若狭・小浜城 本丸と天守の石垣が残る小浜湾の海城
沼田祐光とは~津軽家の軍師ととして活躍した多彩な戦国武将・沼田面松斎
後瀬山城 武田信豊・武田義統 若狭武田家の滅亡
丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名
若狭の訪問にも便利なオリジナル史跡地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
若狭
著者コメント
なかなかコンパクトにまとまっています。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 越前・勝山城 柴田勝政と原長頼「越前・勝山城」
  2. 敦賀城 敦賀城 大谷吉継が整備した若狭の平城
  3. 越前・大野城 越前・大野城の魅力と周辺の外せない観光ポイント
  4. 疋壇城(疋田城) 疋壇城(疋田城) 刀根坂の戦いの7日後に朝倉氏滅亡
  5. 高浜城 高浜城 逸見昌経が城主を務めた風光明媚な若狭の城
  6. 若狭・国吉城(佐柿国吉城) 若狭・国吉城(佐柿国吉城) 粟屋勝久 受験生に最適「落ちない」山…
  7. 朝倉山城 越前・朝倉山城と朝倉景連
  8. 越前・藤島城 越前・藤島城~藤島の戦いと新田義貞最後の地である燈明寺畷
PAGE TOP