滋賀県

鎌刃城の歴史 堀秀村と樋口直房【続日本100名城】

鎌刃城

鎌刃城(かまはじょう)は、滋賀県米原市番場にある山城で、標高は384m、比高は250mと堅固な城です。
国史跡に指定されているほか、続日本100名城にも選定されていますので、ご紹介しない訳には参りません。
南の曲輪から青龍滝の付近が、細長く急斜面になっているため、鎌刃の名前が付けられた模様です。

最初の築城は不明ですが、土肥氏が城主だったとも伝わります。
より確実なのは藤原秀郷流と考えられる堀氏(新庄氏)で、番場宿の領主だったようです。





1472年は、今井秀遠が堀次郎左衛門尉が籠城した鎌刃城を攻めています。

1538年には、六角定頼が侵攻して鎌刃城、太尾山城、磯山城、佐和山城とともに落城して、六角氏の属城となりました。

鎌刃城

そして、鎌刃城主としては、堀秀村(堀存村)がいます。
堀秀村(ほり-ひでむら)は、はじめ、近江・小谷城の浅井氏に従っていたようですが、幼い頃に父が死去したため、家老の樋口直房が家中を取り仕切っていたようです。
この樋口直房(ひぐち-なおふさ)は、とても優秀な家臣で、兵法・軍略にも通じ、良政も敷いたことから人望も厚く、近江一の智謀とされています。
竹中半兵衛が、美濃・稲葉山城を乗っ取った際には、一時、近江に来た竹中半兵衛を援助もしました。

1570年、織田信長朝倉攻めを行った際、木下秀吉に仕えていた竹中半兵衛の説得を受けて、15歳の堀秀村に進言したようで、堀氏は浅井家から織田家に寝返りました。
すぐに小谷城攻めに参加し、姉川の戦いにも参じると、樋口直房(樋口三郎兵衛直房)は秀吉の与力として、堀家から離れた立場になっており、竹中重治と共に重用されたようです。

そして、石垣が随所に組まれるなど、鎌刃城も改修されたようです。

鎌刃城

1571年、浅井長政が箕浦表に出て反撃を行った際に、浅井井規が5000にて鎌刃城を攻めようとしました。
この時は、近江・横山城から木下秀吉が援軍を出したため、鎌刃城は落城を免れています。
その後、樋口直房は近江・横山城を任されるなど、かなりの重きに扱われています。





1573年、越前・朝倉攻めの際、堀秀村と樋口直房は、木ノ芽城の守備を任されています。
しかし、1574年、越前一向一揆によって、木ノ芽城は攻撃を受け、樋口直房は城を放棄して一揆衆と和睦しました。
それだけでしたらまだ良かったのですが、樋口直房は逐電したとされます。
さすがに羽柴秀吉もこれには怒り、関盛信を向かわせると樋口直房と妻・一族郎党を捕らえて斬首しました。
その首は妻の首と共に、長島一向一揆と戦っていた織田信長の元に届けられたと言います。

番場地区

そのため、堀秀村もすぐに改易(所領没収)となり、6万石とも10万石とも言われる所領を失い、織田家から追放されました。
その後、堀秀村は許されて、1000石にて豊臣秀吉に仕えたとも言われますが、1588年頃には豊臣秀長の軍勢にいたようです。
そして、1599年、堀秀村は死去しています。享年43。

江戸時代は1500石の旗本として、堀家は存続した模様です。

樋口直房も、へんな行動に出なければ、藤堂高虎くらいに活躍する武将になっていたかも知れませんね。

さて、近江・鎌刃城ですが、鈴鹿山脈(すずかさんみゃく)の北側に位置するため、野生の鹿・熊・山ヒル・アブ・スズメバチが普通に出る山城です。
ヒルは9月頃まではいて、特に雨上がりのあとはウヨウヨでる模様です。
今回は時間も足りず登城は断念しましたが、番場の歴史を知り明日を考える会さんが、鎌刃城の登山道などを整備し、手作りの展望台を設置するなど、活動されているようですので、頭が下がる思いです。
途中、何箇所か、熊除けの鐘も置いてあるので、鳴らしながら進むと良いみたいです。

鎌刃城への交通アクセス・行き方や続100名城のスタンプなどですが、中山道沿いの番場と呼ばれる宿場にある、Cafe&Gallery「源右衛門」(古民家風の建物で営業はしていない?)に、スタンプは設置されているようで24時間押せます。

Cafe&Gallery「源右衛門」

店の入口のそとにボックスがあり、案内パンフレットは協力金100円です。

Cafe&Gallery「源右衛門」

これらの場所は、当方のオリジナル地図にてわかるようにポイントしてあります。
バスは少ないので、米原駅サイクルステーションから電動自転車(レンタサイクル)1000円を借りると便利かも知れません。
約4km、自転車で約15分、タクシーで10分(1600円前後)の距離です。
彦根城からタクシーでも1600円くらいです。
なお、その番場地区から鎌刃城に登る場合には、名神高速43ガードから入って距離にして約3km、片道40分ほどで本丸のようです。

アイリスオーヤマの米原工場側から、ワイルドな林道で途中まで登っていくこともできると言います。
ただし、崖くずれで、石が道路上に落ちているなどしているため、歩きでもクルマでも、途中で断念する城マニアが多い山城です。
道を見違えて、隣の番場城にたどり着いてしまう場合もあるようですし、トレッキングポールなど、軽登山の装備をお勧め致します。





しかし、なんで、こんな登城するのにハードルが高い山城を続日本100名城にしたのでしょう?
国史跡だからかも知れませんが、歴史的に見ても、近江・長浜城のほうが、重要だと思うのは、私だけでしょうか?
もっとも、歴史的に著名ではありませんが、もちろん、鎌刃城も素晴らしと思います。
今後、ふるさと納税やクラウドファンディングなどでアクセスを整備し、リフトで山頂に登れるようにするなど、工夫が施されることを望む次第です。

竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
彦根城~国宝・彦根城を訪れるのならココを見よう
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将
関盛信と関一政とは~関ヶ原では井伊直政に属した伊勢亀山城主

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
近江
著者コメント
ヒルにご注意を。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 観音寺城 観音寺城 登城方法や便利な駐車場も 六角高頼と日本屈指の観音寺城…
  2. 近江・田中城 近江・田中城 田中吉政のふるさと?
  3. 近江・山崎山城 近江・山崎山城 山崎片家の居城
  4. 近江・伊庭城 近江・伊庭城 伊庭貞隆 主家の六角氏をも上回った実力者
  5. 水口城 水口城~徳川家が築城した江戸初期の名城
  6. 近江・八幡山城 近江・八幡山城 わずか10年の歴史も現代に残る風情豊かな城下町の…
  7. 近江・木村城(北村城) 近江・木村城(北村城)(野洲市)
  8. 玄蕃尾城 玄蕃尾城(続日本100名城) 賤ヶ岳の戦い
PAGE TOP