熊本県

肥後・内牧城と内牧御茶屋~加藤一族である加藤可重と加藤正方も

肥後・内牧城

肥後・内牧城(うちのまきじょう)は 熊本県阿蘇市内牧にある平城です。

肥後・内牧城

戦国時代には、阿蘇家の家臣・辺春盛道(へばるもりみち)が内牧城主として見受けられます。
天正十三年(1585年)に島津勢が押し寄せると、辺春盛道(辺春丹波守盛道)は内牧城にて防戦しますが自刃したとされます。

佐々成政の処罰後、加藤清正熊本城に入ると、阿蘇の拠点とするべく内牧城は改修され、黒川の流れを変えて、旧黒川をそのまま水堀にするなど近世城郭にしました。

肥後・内牧城

加藤清正の一族で家老の加藤可重(加藤右馬丞可重)が内牧城主となっています。

加藤可重

加藤可重(かとう-よししげ)は近江出身で、父は片岡国秀(片岡庄右衛門国秀)と、三河・足助氏の一族と考えられています。
どうして加藤姓になったのかは、よくわかっていません。
1589年に内牧城10000石となり、城の改修と城下町生成を行いました。
地元では今でも「右馬丞さん」として親しまれているようです。
朝鮮攻めで長男・加藤重正を失っています。





1604年に病没すると、次男・加藤正方ではなく、娘婿にしていた加藤重泰が内牧城代になりました。
その後、加藤正方が城代になった模様で、108騎持ちとあります。

内牧城

加藤可重には3男・片岡吉方(かたおか-よしかた)もいたようですが、1612年に片野川で鷹狩をしていたところ、佐敷城から来た四人の士卒と口論となり謀殺されたとあります。

加藤正方

加藤正方(かとう-まさかた)は、1580年生まれで、加藤清正の死後、幕府に対して、加藤忠広の家督継承を嘆願しました。
そして、加藤正方が江戸幕府の命にて八代城(麦島城)に移ると、1612年に岩尾城主・加藤正直が内牧城に入りました。

内牧城

なお、一門の加藤正次と御家騒動「牛方馬方騒動」となりますが1618年に勝利しています。
1619年に地震で麦島城が崩壊すると、八代城(松江城)の築城を開始し、1622年には筆頭城代家老となっています。
1632年に熊本藩の加藤家が改易(取り潰し)となると京にて片岡風庵を名乗りました。
その後、広島城の浅野家預かりとなり、1648年に亡くなっています。(享年68)

内牧城

1612年に内牧城に入った加藤正直は、加藤正方の子とされ、妻が加藤清正の娘の可能性もあります。
700石にて幕府旗本として存続しました。

内牧御茶屋

一方、内牧城は元和2年(1616年)の一国一城令にて廃城になり、城門の一部は、浄信寺の山門と、明行寺の門として移築されました。

細川氏が藩主の時代には、参勤交代の宿駅として内牧城跡が利用され、本丸跡は御茶屋、そして行政府施設となる手永会所が二ノ丸跡に建設され「内牧御茶屋」と称されました。
訪問した際には、2016年の熊本地震による仮設住宅が建っていました。

内牧御茶屋

幕末の1864年3月には、坂本龍馬勝海舟の一行も大分から長崎へ抜ける際に立ち寄っています。

内牧御茶屋

坂本龍馬は熊本にて横井小楠にも会っています。

夏目漱石が旅館山王閣に宿泊するなど、種田山頭火、与謝野鉄幹・与謝野晶子夫妻らの文豪も好んで訪れたのが、内牧城がある阿蘇内牧温泉(あそうちのまきおんせん)です。
その温泉街北側に城跡があり、公園整備されています。

内牧城

ただし、廃城となったあと陣屋ができ、戦前から温泉街になったと言う事で、遺構の多くは失われているようです。
しかし、下記のように肥後内牧城「二の丸」石垣遺構と言う部分も残されています。

肥後内牧城「二の丸」石垣遺構

アクセス

内牧城への行き方ですが、JR豊肥本線「内牧駅」からバスで15分、内牧バス停下車の徒歩5分です。
駐車場は、阿蘇内牧ファミリーパークの無料駐車場を利用可能です。

阿蘇内牧ファミリーパーク「あそ☆ビバ」は、内牧城をイメージした大型遊具もある公園になっているため、家族で訪れてお父さんは城めぐりと言う訪問も可能でしょう。

阿蘇内牧ファミリーパーク「あそ☆ビバ」

そうそう、内牧城の二の丸部分に、温泉もひかれている五岳ホテルがありました。

五岳ホテル

城側の部屋が取れれば、高いところから内牧城を見ることもできるかと存じますよ。


阿蘇内牧温泉 五岳ホテル

阿蘇の外輪山もスゴク迫力ありますし、とてもよいところです。
温泉の共同浴場もあちこちにありますので、帰りはぜひ温泉も楽しんで頂ければと存じます。

下記の地図ポイント地点が無料の駐車場入口となります。

加藤清正~肥後の虎・勇猛果敢で知られる熊本の戦国大名
阿蘇惟豊と阿蘇惟将~阿蘇氏を繋いだ阿蘇神社の大宮司
肥後・高森城と高森惟居~菅野美穂さんもお参りした高森殿杉
熊本城の歴史と見どころ~肥後国人一揆と城親基とは(熊本地震の被害も)
肥後・阿蘇二十四城 南郷城 長野城 下田城 吉田城
八代の古麓城と麦島城~そして細川忠興が隠居した八代城と松井興長
阿蘇神社~神話の2300年前から存在する阿蘇山の守り神
阿蘇山のドライブスポット景観ベスト5
オリジナル九州観光スポット地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
肥後
著者コメント
城の遺構はあまり残っていませんが水堀などは見事です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 竹迫城 合志城 合志親為(合志親賢) 竹迫城の攻防戦と合志家の命運
  2. 肥後・村山城 肥後・村山城 人吉にあるひっそりとした城跡
  3. 肥後・田平城(網田城) 肥後・田平城(網田城) 阿蘇氏の重臣・中村二大夫の居城
  4. 本渡城 本渡城とは 有明海を望む天草鎮尚や天草久種の本拠地
  5. 隈府城 菊池城 菊池武経や菊池義武 隈府城 隈部親永ら菊池一族の争い
  6. 人吉城 人吉城~日本100名城にも選出されている石垣などが立派な城
  7. 高森城 肥後・高森城と高森惟居~菅野美穂さんもお参りした高森殿杉
  8. 阿蘇二十四城 肥後・阿蘇二十四城 阿蘇氏の本拠である南郷城 長野城 下田城 吉…

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 宇土古城
  2. 相方城
  3. 観音寺城
  4. 出羽・岩崎城
  5. 陸奥・大湯館(大湯館城)
  6. 千石堀城
  7. 志筑城
  8. 信濃・飯田城
  9. 紀伊・狼煙山城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP