熊本県

肥後・岩尾城と阿蘇氏の本拠地だった浜の館

岩尾城

鎌倉時代の1207年頃に、名門・阿蘇家の阿蘇惟次が、本拠地をこの山都町(矢部町)はの浜の館に移しましたとされますが確証はありません。
そして、貞応年間(1222年~1224年)頃に阿蘇惟次が詰の城として築いたのが、岩尾城だと考えられています。
この浜の館と岩尾城をまとめて掲載したいと思います。





肥後・浜の館

浜の館(はまのやかた)は、1207年頃からだとすると戦国時代まで約370年間、阿蘇神社の大宮司である阿蘇家の本拠となり、属城24城を支配しました。
阿蘇氏が矢部に移った際に、白羽の矢を放ち、矢が刺さった場所に「浜の館」を構えたと言う言い伝えがあります。
長らく、矢部高校が推定地と言われてきましたが、1793年から矢部高校改築の際に発掘調査を行ったところ、茅葺・入母屋造などの遺構が出たため浜の館の場所が確定しています。

浜の館

出土品のうち21点が国の重要文化財に指定されています。

館跡は東西220m・南北180mの方形と推定され、北に堀切、その他の三方に濠が巡らされていたようです。
そして、少なくとも永仁3年(1295年)、永享2年(1430年)、永正7年(1510年)の3回に渡って焼失した痕跡もあったようです。
校舎のプール側に、浜の館の看板があるようですが、クルマでの進入が難しそうだったのと、不審者に思われそうな雰囲気だったため、撮影は自粛させて頂いております。
行くなら、土日などが良さそうです。

1544年に、阿蘇惟豊が従三位に叙せられた際には、勅使・烏丸光康が浜の館に下向しています。

戦国時代には島津義久の圧迫を受けるようになり、1585年に宿老・甲斐宗運が死去すると御船城を手に入れた島津勢が天正14年(1586年)に野尻城を攻撃します。
この時、まだ2歳だった当主・阿蘇惟光は母親に連れられて弟・阿蘇惟善とともに目丸山に逃亡し(目丸落ち)、浜の館は焼失しました。

肥後・岩尾城

肥後・岩尾城(いわお-じょう)は、熊本県上益城郡山都町城原字本丸にある標高483mの山城(丘城)で、比高は40mとなり、矢部城とも呼ばれます。
浜の館から岩尾城の入口までは、約200m、歩いて2分の距離とそんなに離れていません。

熊本の人気観光地として有名な石造アーチ橋「通潤橋」(つうじゅんきょう)の北側にある小高い山に築かれており、東側を除く三方が五老ヶ滝川に囲まれた要害となっています。

肥後・岩尾城

阿蘇惟豊が全盛期を築いたあと、八代日記によると、天文21年(1552年)3月5日「矢部惟豊岩尾城火事」とあり、岩尾城にて火災があったことが明記されています。

肥後・岩尾城

九州征伐にて小西行長宇土古城に入ると、矢部郷も小西家の領地となりました。
そして、結城弥平次や大田市兵衛が岩尾城と愛藤寺城を管理していますが、浜の館は再建されなかったようです。

1600年、関ヶ原の戦いの後、熊本城加藤清正が肥後52万石となると、1601年に長尾善政が岩尾城主になっています。

肥後・岩尾城

長尾善政がなくなると、家老・加藤正方の子である加藤正直が岩尾城主となりましたが、慶長17年(1612年)に幕命により内牧城へ移り、岩尾城は廃城となりました。

肥後・岩尾城

岩尾城への登城ですが、道の駅・通潤橋の駐車場利用が便利です。
下記写真は岩尾城から道の駅を見た写真です。

道の駅・通潤橋

五老ヶ滝川に掛かる歩道橋を渡った正面を5分ほど登ると、岩尾城の二の丸に出ます。

岩尾城

公園整備されていますので、スニーカー以上であれば装備は不要です。
観光所要時間は20分~60分といったところでしょうか?

肥後・岩尾城

浜の館と岩尾城への行き方・アクセスですが、熊本交通センターからバスで80分「通潤橋前」下車徒歩すぐです。
駐車場ですが、道の駅・通潤橋が便利で、下記の地図ポイント地点から下がったところが無料駐車場です。

阿蘇惟種の墓、阿蘇惟豊の墓も近くにあります。

有名な通潤橋とセットでどうぞ。

通潤橋 日本屈指の美しさを誇る最大級の石橋
当方オリジナルGogoleマップ (九州)
甲斐宗運と御船城~阿蘇氏を忠実に守り抜いた生涯不敗の軍師で名将
相良頼房と深水宗方・犬童頼兄~人吉城の相良家物語
島津義久とは~耳川の戦いの詳細や富隈城と国分城も
肥後・高森城と高森惟居~菅野美穂さんもお参りした高森殿杉
甲斐宗運と御船城~阿蘇氏を忠実に守り抜い名将
加藤清正~肥後の虎・勇猛果敢で知られる熊本の戦国大名
阿蘇神社~神話の2300年前から存在する阿蘇山の守り神

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
肥後
著者コメント
明確な遺構はありませんが、名門「阿蘇家」の本拠です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 八代城(続日本100名城) 八代城(続日本100名城) 八代の古麓城 麦島城 細川忠興が隠居…
  2. 肥後・内牧城 肥後・内牧城と内牧御茶屋~加藤一族である加藤可重と加藤正方も
  3. 隈府城 菊池城 菊池武経や菊池義武 隈府城 隈部親永ら菊池一族の争い
  4. 人吉城 人吉城~日本100名城にも選出されている石垣などが立派な城
  5. 本渡城 本渡城とは 有明海を望む天草鎮尚や天草久種の本拠地
  6. 肥後・田平城(網田城) 肥後・田平城(網田城) 阿蘇氏の重臣・中村二大夫の居城
  7. 肥後・村山城 肥後・村山城 人吉にあるひっそりとした城跡
  8. 阿蘇二十四城 肥後・阿蘇二十四城 阿蘇氏の本拠である南郷城 長野城 下田城 吉…

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 龍泉寺城(竜泉寺城)
  2. 高浜城
  3. 徳島城
  4. 常陸・武生城
  5. 出羽・稲庭城
  6. 岸和田城
  7. 庭瀬城
  8. 横手城
  9. 甲斐・下山城
  10. 放生津城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP