宮城県

多賀城 日本100名城の巨大な古代城柵で国府

多賀城




多賀城

多賀城(たがじょう)は、宮城県多賀城市にある古代城柵で、国の特別史跡に指定されています。
多賀柵とも呼ばれますが、歴史は古く、大和朝廷が蝦夷を制圧するため、軍事的拠点として724年に按察使・大野東人が築城開始しました。
胆沢城は平地に築城していますが、多賀城は丘陵もうまく生かした構造となっています。
その昔は、海水が近くまで入りくんだ状態だったと考えられています。





762年からは藤原恵美朝狩が更に改修するなど、合計で4回の大改修があったと考えられています。

780年には、蝦夷・伊治呰麻呂の乱で、多賀城は略奪され、一時焼失したようですが、のちに再建されました。

多賀城

陸奥国府だけでなく鎮守府も置かれ、約900メートル四方という広大な城内の中央には、重要な政務や儀式を行う政庁や寺院があったようです。

多賀城

802年、坂上田村麻呂が蝦夷討伐を行い、鎮守府が胆沢城(岩手県奥州市胆沢区)へ移ると、多賀城は兵站的機能になったものと考えられています。

869年には巨大地震である貞観地震にて、大きな被害を受けたようです。





家族の感想を少し入れておきます。
多賀城跡ですが、今は只、広い芝生の丘でした。
周囲も何もなく、ただ時だけが過ぎ、夕暮れがせめりゆく感じです。

多賀城

下記の多賀城碑(たがじょうひ)は、那須国造碑(栃木県大田原市)、多胡碑(群馬県高崎市)と並ぶ日本三大古碑の1つで、762年12月1日に多賀城の修築記念に建立されたと考えられています。

多賀城碑

1333年、新田義貞らの活躍で鎌倉幕府は滅亡し、後醍醐天皇の建武の新政にて地方を統治することになり、北畠顕家が陸奥守となりまた。
このとき、父の北畠親房らは、義良親王(後村上天皇)を奉じて多賀城へ赴き、南部政長や、結城宗広、伊達行朝らに協力を呼びかけ、南朝による新政府として陸奥将軍府を多賀城に設置しています。
しかし、足利尊氏が北朝を開いたため、南北朝時代となり、1343年、北畠親房が関城・大宝城の戦いに敗れて吉野に逃れます。
そのあとも、北畠顕信は陸奥に留まっていたため、北朝が1345年に設置した奥州管領と、権力を争いました。
1353年5月、宇津峰城が陥落すると、陸奥将軍府は事実上崩壊し、足利氏の一族らが東北に入りました。





歌枕の壺碑(つぼのいしぶみ)と呼ばれ、江戸時代には松尾芭蕉が訪れ、対面した感激を奥の細道にも記しています。

場所は多賀城南門の前で、石板の保護の為、江戸時代から覆堂の中に納められており、国の重要文化財に指定されています。

多賀城跡

多賀城の観光所要時間ですが、広すぎるので、全体をくまなく見ると2時間は必要です。
クルマで移動しながら政庁部分と石碑部分だと約20分で大丈夫です。
多賀城への交通アクセスですが、JR東北本線・国府多賀城駅より政庁跡まで徒歩約10分となります。





無料駐車場は、東門跡北側に約15台、政庁跡北東側に舗装約20台、政庁跡南側の南北道路階段下に約20台、多賀城南門跡および多賀城碑の近くに6台とあります。
下記の地図ポイント地点は、多賀城南門跡(多賀城碑近く)の駐車場で、トイレもあります。

この記事は、戦国武将列伝Ωの記事を再編集しました。

蝦夷・アテルイと坂上田村麻呂の戦い
文室綿麻呂と都留伎~二戸アイヌ壇の史跡とねぶた祭りの関係
胆沢城 坂上田村麻呂が築いた蝦夷討伐の拠点
志波城 大和朝廷の陸奥における最北端・最前線基地
日本全国のお城マップ(オリジナル)





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 鳥越城
  2. 岩櫃城
  3. 紀伊・千丈山城
  4. 中家住宅(奈良)
  5. 伊勢・津城
  6. 岩尾城
  7. 天堂城
  8. 備後・亀寿山城
  9. 小谷城
  10. 多聞山城(多聞城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP