和歌山県

紀伊・要害山城(堅田城) 山本氏と安宅氏の堅城

紀伊・要害山城(堅田城)

紀伊・要害山城(堅田城)は和歌山県西牟婁郡白浜町堅田にある標高50mほどの平山城で、土塁囲み単郭の城跡になっています。
そもそも、要害城と言う名称の城跡は日本全国にあります。
しかも紀伊の要害山城(ようがいやま-じょう)としては、同じ白浜町の紀伊富田駅のほうにも同名の紀伊・要害山城があるため、紀伊富田駅のほうを紀伊・要害山城(馬谷城)と区分して、ここでご紹介する白浜駅の裏山にある要害山城は、堅田要害山城と書く場合もありますが、紀伊・要害山城(堅田城)と表記させて頂きます。





最初の築城は例によって不明ですが、後醍醐天皇が討幕に立ち上がった1330年頃には龍松山城主・山本氏の家臣である堅田善行(堅田式部善行)が城主だったようです。
恐らくは、山本氏の一族であり、熊野別当の子孫と考えられる堅田式部大夫善行は1343年没したと言います。

その後、日置の紀伊・安宅本城などの安宅氏が勢力を拡大し、安宅氏の家臣・北金右衛門の甥とされる福田良左衛門(福田丹左衛門)が紀伊・要害山城(堅田城)に入りました。
ちなみに、安宅氏は、山本氏に対抗するため、紀伊富田駅のほうの紀伊・要害山城(馬谷城)を築いたと言う事になります。

紀伊・要害山城(堅田城)

ただし、抗争はあったものの安宅氏も山本氏も戦国時代まで残っており、山本氏は1585年、豊臣秀吉の紀州征伐を受けると降伏しました。
安宅氏は、もともと四国から紀伊水道をまたいで四国・淡路島一帯も支配地があったことから、熊野水軍も戦国期には洲本城を本拠としています。

紀伊・要害山城(堅田城)への交通アクセスですが、紀勢本線のJR白浜駅近くに、1時間無料の駐車場があります。
今回、遠景の写真は、その駐車場にクルマを止めさせて頂いて撮影致しました。
しかし、ご覧の通り、もう日も落ちてしまいましたので、登城は断念しています。

もちろん、白浜駅からはそんなに遠くはありませんが、整備はされていないようで、基本的にはヤブのようです。





これでこの日の城攻めはおしまいにして、南紀白浜の南紀白浜のとれとれ市場で、刺身などの夕食を頂きました。
夕方には、食堂の刺身が「半額」になっておりまして、ご飯・味噌汁(200円セット)をつけても、1050円でたらふく頂けました。
そして、ホテルハーヴェスト南紀田辺に宿泊致し、翌日、最初には円月島へ向かいました。

三段壁 熊野水軍の歴史ロマン漂う海の洞窟
龍松山城 最後の当主・山本康長は3ヶ月籠城するも
紀伊・塗屋城 豊臣勢が陣をしいた城跡
紀伊・安宅本城 熊野水軍を率いた安宅氏の本拠地?
オリジナル関西の城跡など観光マップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 紀伊・亀山城 紀伊・亀山城 湯川氏の本拠地である御坊の詰城
  2. 紀伊・安宅本城 紀伊・安宅本城 熊野水軍を率いた安宅氏の本拠地?
  3. 高富山城 高富山城 南紀串本の城跡
  4. 和歌山城 和歌山城 紀州藩の大城郭で麗しき日本100名城
  5. 紀伊・千丈山城 紀伊・千丈山城 南朝を支援した野長瀬六郎ら野長瀬氏の繁栄地
  6. 新宮城 新宮城 (続日本100名城) 丹鶴姫の伝説も 訪問情報
  7. 紀伊・周参見城 紀伊・周参見城 安宅氏と血縁関係で生き延びた周参見氏
  8. 堀内新宮城 堀内新宮城(堀内氏屋敷) 新宮の戦国大名・堀内氏善の本拠地
PAGE TOP