茨城県

宮ヶ崎城(天王城・宮崎城) 宮崎幹親(宮ヶ崎幹顕)の本拠地

宮ヶ崎城

宮ヶ崎城は茨城県東茨城郡茨城町宮ヶ崎にある平山城(丘城)で、別名を天王城とも言いますが、宮崎城と書く場合もあります。
涸沼(ひぬま)の南岸にある、比高20mほどの台地の突端部に築かれているようです。
現在、2郭と3郭跡付近には、東西に新しい道路・県道16号線が開通していました。





鎌倉時代初期の1220年代に、鹿島成幹(鹿島三郎成幹)の孫である、鹿島三郎家幹が土着して宮崎家幹と称したようです。
宮崎家幹は、水軍も用いたようで、宮ヶ崎館に住みました。

宮崎氏は、南北朝時代になると、本家である鹿嶋氏と並ぶ勢力となっており、鹿島大使役として宮崎幹親(宮ヶ崎幹顕)などが鹿島神社7月大祭の際使を務めました。

宮ヶ崎城

また、鹿島幹寛・烟田時幹らと足利尊氏に味方して北朝勢として、鹿島幹寛・烟田時幹らと北畠親房の神宮寺城、阿波崎城などを攻撃しています。
1416年、上杉禅秀の乱にて宮崎氏は、幕府軍の烟田氏・江戸氏らに敗れて没落しました。
涸沼に面した宮崎城は、詰の城であったようで、1550年頃に、水戸城主の江戸氏が改修した模様です。

宮ヶ崎城

今回、予定外の訪問となったため、事前調査しておらず、気が付かなかったのですが、涸沼以外の3方は、巨大な空堀で囲まれているそうです。
また、南にある鹿島神社の南側には、単郭方形の宮ヶ崎館跡「きゅうでん掘」もあるそうですので、なかなか興味深い城跡です。

宮ヶ崎城

涸沼の対岸(北側)には、石崎城もあります。
当方のオリジナル関東地図では、宮ヶ崎城の案内板がある場所をポイントしておきます。
地元の有志の方々が、地権者ひとりひとりに協力を仰ぎ、少しずつ城跡を整備なさっているようで、大変うれしいですね。

常陸・小幡城 技巧も豊かな深い堀で迷う素晴らしい城

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
常陸
著者コメント
なかなか規模もある城跡です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 常陸太田の小野崎城 常陸太田の小野崎城 太田城を追われた小野崎通盛
  2. 常陸・太田城(舞鶴城) 戦国大名に発展した佐竹氏の本拠地
  3. 土浦城 土浦城 ほどよい広さが良い茨城の名城で続日本100名城
  4. 常陸・山方城 常陸・山方城 山方盛利や佐竹政義の居城
  5. 小場城 小場城 戦国期に佐竹氏を支えた佐竹西家の居城
  6. 常陸・橋本城 常陸・橋本城
  7. 常陸・久慈城 常陸・久慈城 茨城の海城か?
  8. 逆井城(飯沼城) 逆井城(飯沼城)のみどころ~戦国期の櫓門、橋、塀、主殿、二層櫓な…
PAGE TOP