山梨県

甲斐・下山城 甲斐の南部にある穴山梅雪の本拠地

甲斐・下山城




甲斐・下山城(しもやま-じょう)は、山梨県南巨摩郡身延町下山にある平城で、戦国時代には武田家の一族である穴山信君(穴山梅雪)が本拠地としていました。
甲斐源氏・加賀美遠光の孫・加賀美光重が下山郷に入り、下山氏を称したとされ、この身延・長國寺(長国寺)のある場所が、下山氏館跡、すなわち「下山城」とされています。
穴山氏は奥州に去った南部家の河内領に進出して下山城(穴山氏館)を本拠とし、河内領を支配しました。
下山城主・穴山信友の嫡男が穴山信君(穴山梅雪)です。

下山城

1575年に穴山信君が駿河・江尻城主となると、下山城は留守所となりました。

下山城跡

小さな寺院かな?と想像していたのですが、意外にも敷地面積がありまして、失礼致しました。

下山城

3段くらいに別れているなだらかな丘陵地となっており、西側には小さな川が天然の堀の役目を果たしています。
東側にも堀跡があるそうです。

身延・長国寺

敷地内には幼稚園?もあるようでして、館・城としては充分な面積と言えるでしょう。

下山城への行き方・アクセスですが、当方の関東オリジナル地図にて、入口をわかるようにしてあります。
ただし、国道からの入口はわかりにいくです。
ここで曲がるとは、誰も思いませんので、追突されないよう、危険防止の為に、早めにウインカーを出して、曲がってください。
山門を入って進むと右側に無料駐車場があります。

この記事は当方の戦国武将列伝Ωより再編集した内容になります。

甲斐・一条氏館(上野城) 今は模擬天守もある一条信龍の拠点
穴山信君(穴山梅雪)とは~武田家の親族衆筆頭と下山城
武田氏滅亡と武田勝頼・天目山の戦いと小山田氏滅亡





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 桂ヶ岡砦跡
  2. 岐阜城
  3. 増島城
  4. 大洲城
  5. 弓庄城
  6. 唐沢山城
  7. 上野・菅沼城
  8. 葛山氏館
  9. 高越山城(高越城)
  10. 聖通寺城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP