山梨県

甲斐・下山城 甲斐の南部にある穴山梅雪の本拠地

甲斐・下山城

甲斐・下山城(しもやま-じょう)は、山梨県南巨摩郡身延町下山にある平城で、戦国時代には武田家の一族である穴山信君(穴山梅雪)が本拠地としていました。
甲斐源氏・加賀美遠光の孫・加賀美光重が下山郷に入り、下山氏を称したとされ、この身延・長國寺(長国寺)のある場所が、下山氏館跡、すなわち「下山城」とされています。
穴山氏は奥州に去った南部家の河内領に進出して下山城(穴山氏館)を本拠とし、河内領を支配しました。
下山城主・穴山信友の嫡男が穴山信君(穴山梅雪)です。

下山城

1575年に穴山信君が駿河・江尻城主となると、下山城は留守所となりました。

下山城跡

小さな寺院かな?と想像していたのですが、意外にも敷地面積がありまして、失礼致しました。

下山城

3段くらいに別れているなだらかな丘陵地となっており、西側には小さな川が天然の堀の役目を果たしています。
東側にも堀跡があるそうです。

身延・長国寺

敷地内には幼稚園?もあるようでして、館・城としては充分な面積と言えるでしょう。

下山城への行き方・アクセスですが、当方の関東オリジナル地図にて、入口をわかるようにしてあります。
ただし、国道からの入口はわかりにいくです。
ここで曲がるとは、誰も思いませんので、追突されないよう、危険防止の為に、早めにウインカーを出して、曲がってください。
山門を入って進むと右側に無料駐車場があります。

この記事は当方の戦国武将列伝Ωより再編集した内容になります。

甲斐・一条氏館(上野城) 今は模擬天守もある一条信龍の拠点
穴山信君(穴山梅雪)とは~武田家の親族衆筆頭と下山城
武田氏滅亡と武田勝頼・天目山の戦いと小山田氏滅亡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
甲斐
著者コメント
国道からクルマは入りにくいので注意。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 岩殿山城 岩殿山城(いわどのやまじょう)~東国一の難攻不落と言われた絶壁
  2. 獅子吼城(江草城) 獅子吼城(江草城) 武田信虎の甲斐統一で最後まで抵抗した山城
  3. 甲斐・一条氏館 甲斐・一条氏館(上野城) 今は模擬天守もある一条信龍の拠点

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 真田丸
  2. 八王子城
  3. 出羽・岩崎城
  4. 阿波・秋月城
  5. 日向・高原城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP