静岡県

江尻城の解説~30mもの高層「櫓」もあったとされる清水の城跡

江尻城




江尻城とは

江尻城(えじり-じょう)は、静岡県静岡市清水区江尻町の平城です。
清水港は、天然の良港であり、草薙神社や、三保の松原で知られる清水の街ですが、古くは「江尻」(えじり)と呼ばれていました。

江尻城

江戸時代には、東海道江尻宿が設置されています。
江尻城の最初の築城としては、戦国時代の1570年に、武田信玄の重臣・馬場信房が縄張り(設計)し、普請(工事)奉行は今福友清(今福和泉守)と、南にある袋城と同じころにできました。
巴川の水を引き入れた水堀もあったようで、巴川を通じて、清水袋城と連絡していました。
1571年、江尻城の最初の城主になったのは、駿河・蒲原城にいた重臣の山県昌景ですので、江尻城を重要性が、よくわかります。
武田信玄の死後、1575年、山県昌景は1500にて長篠の戦い参陣しましたが、徳川勢に突撃して討死しています。
その後、武田勝頼は、武田一族である穴山信君を、江尻城に入れて、駿河の防衛拠点としました。
江尻領主となった穴山信君は、城下町を整備したほか、観国楼と言う高さ30mの櫓も、設置したようです。
また、1581年に、遠江・高天神城が落城すると、徳川家康の侵攻に備えて、三の丸を増築しました。





1582年、織田信忠の軍勢が甲斐攻めを行った際、徳川家康は江尻城の穴山信君を調略しました。
穴山信君は、甲斐河内領と江尻領を安堵だけでなく、武田家が滅亡したあと、子の穴山勝千代が、武田の家督を継げることを条件に、徳川家康に寝返ります。
そして、駿河を攻略してきた、徳川勢の道案内をしました。

武田信玄娘・見性院を正室としている穴山信君(穴山梅雪)は、武田家の一門でも筆頭です。
そのため、穴山氏の寝返りは、武田家にとっては決定的であり、新府城にて籠城しようと考えていた、武田勝頼は、逃走を図るも、補足されて自刃を遂げる結果となりました。

武田家を滅亡させた織田信長は、徳川家康と穴山梅雪を、安土城に呼びます。
そして、徳川家康と堺の見物に向かう際に、明智光秀による本能寺の変が勃発し、穴山梅雪は帰国しようとしましたが、京都の南部にある宇治田原にて、一揆の襲撃を受け、亡くなりました。





穴山勝千代は、引き続き、河内領と江尻領などの領有を認められています。
しかし、穴山勝千代はまだ成人していなかったようで、江尻城主としては、本多重次、松平家忠、天野康景ら徳川家臣が入っており、本領の河内領にも菅沼定政が守備していることから、穴山家の政務は、徳川家康がコントロールしていたようです。
穴山勝千代が元服してまもないと考えられる1587年、疱瘡にて死去。享年16。
嗣子がいなかったので、穴山家は断絶しました。
そのため、徳川家康は、側室にしていた、武田家臣・秋山氏の娘である於都摩の方(下山殿)が産んだ5男に家督を継がせて、穴山信吉(武田信吉)としています。
武田信吉は、水戸藩25万石となっています。
その間、1590年、豊臣秀吉小田原攻めのあと、中村一氏駿府城に入り、家臣の横田隼人が、江尻城主となのました。
関ヶ原の戦いのあと、1601年に、中村氏は伯耆・米子城に加増移封となり、かわりに、内藤信成が駿府城に入った際に、水軍としての価値を失っていた江尻城は、廃城になった模様です。





現在の江尻小学校付近が、江尻城跡になりますが、もちろん、駐車禁止で、いかんせん、駐車場がありません。
南にある魚町公園の入口付近に、クルマを数台、止められそうでしたが、自粛致しました。
また、さくらももこ先生の出身校でもある小学校の敷地内(校庭の中)に、石碑と別の案内板もあるようですが、勝手な進入も、自粛しております。
そのため、安全な場所に、1分ほどの停車(停車禁止ではない)させて頂き、短時間撮影したため、ご紹介している、写真も少ない状態となっております。

交通アクセス

江尻城への交通アクセス・行き方ですが、JR東海道本線・清水駅から徒歩約15分の距離です。
駐車場はありません。

今福友清 今福浄閑斎とは
袋城(清水袋城)の解説~武田水軍の基地である海城
山県昌景 武田家を支えた重臣・飯富三郎兵衛
蒲原城 武田と北条の攻防である蒲原城の戦い
穴山信君(穴山梅雪)とは~武田家の親族衆筆頭と下山城
持舟城(持船城・用宗城)の解説~今川水軍の拠点のひとつ
武田勝頼が討死する天目山の戦いはこちら
駿府城 気になる史跡と駐車場情報など
安土城~それは織田信長が天下に示した最新のアトラクションだった
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 出羽・堀田城
  2. 相模・大磯城(小磯城)
  3. 西階城
  4. 志賀城
  5. 紀伊・田辺城
  6. 有馬城山
  7. 棚木城
  8. 三河・吉田城
  9. 宮路山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP