兵庫県

但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥

但馬・朝倉城




但馬・朝倉城(あさくら-じょう)は、兵庫県養父市八鹿町にある標高150m、比高100mほどの山城です。
最初の築城としては、平安時代末期に地名を苗字とした朝倉高清を初代とし、鎌倉時代に入ると子の朝倉信高(朝倉八郎信高)によって朝倉城が築かれたと云われます。

朝倉氏は孝徳天皇の皇子・表米親王(ひょうまい-しんのう)の後裔を称し、はじめ日下部氏を称した一族の氏族のひとつになります。
日下部氏の流れをくむ氏族としては、太田垣氏・八木氏・田公氏などもそうですが、越前・一乗谷城にて戦国大名になる朝倉氏も、この但馬朝倉氏の庶流となりますので、朝倉氏の本貫の地がこの朝倉城です。





朝倉高清の長男・朝倉安高は但馬・八木城にて八木氏を興し、次男・朝倉信高が朝倉氏を継いでいます。
しかし、1221年、承久の乱にて敗れると朝倉氏は衰退したため、八木安高の孫・八木高実が但馬・朝倉氏を継ぎました。

但馬・朝倉城

越前・朝倉氏のほうは、鎌倉幕府が滅亡して、1333年(元弘3年)に、足利尊氏が六波羅探題を攻めた際に、朝倉広景・朝倉正景の父子が斯波高経に従って活躍しました。
朝倉広景は斯波高経の母方の祖父・長井時秀の被官であり、越前・若狭・越中の守護になった斯波高経の軍勢にいたと言う事になります。
そして、藤島の戦いにて新田義貞を討った戦功により、1336年に、越前・黒丸館(黒丸城)を与えられます。
その後、主君である斯波氏を追い、越前・一乗谷に本拠を構えたと言う事になります。

但馬に残った但馬朝倉氏としては、応仁の乱にて山名氏に従った朝倉豊後守がいます。
また、戦国時代末期にも朝倉大炊(あさくら-おおい)と言う武将が但馬・朝倉城を改修し守りを固めました。

但馬・朝倉城

しかし、1577年に羽柴秀吉が攻め寄せると、但馬・八木城主の八木豊信と朝倉大炊は降伏しています。
その後、豊臣秀吉の家臣・青木一矩が但馬・朝倉城主になったともされますので、但馬・朝倉氏は没落したようです。

但馬・朝倉城

ただし、朝倉大炊は徳川家康に名産品「朝倉山椒」を献上したと伝わりますので、生き残ってはいたものと推測致します。

登山口脇には室町時代と推測される朝倉宝篋印塔がありますが、朝倉大炊が先祖供養のために建立したのか、それとも本人そのものなのか、色々と想像してしまいます。

朝倉宝篋印塔

なお、付近には朝倉城だけでなく、朝倉比丘尼城、 朝倉向山城と3城があります。
朝倉城址は、越前・朝倉氏発祥の地として整備されており、遺構も良く残っているそうです。
登城口から本丸までは15分ほどの登りになる模様ですが、駐車場がありませんので断念しました。
また、近くの道路き狭いところが多いですので、走行にはご注意を。
登城口や案内板がある場所は、当方のオリジナル地図にて分かるようにしてあります。

越前・亥山城~朝倉景鏡と杉浦玄任の本拠地
朝倉景鏡~朝倉家を最後に裏切った筆頭一族
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将
但馬・八木城 別所重宗が石垣の城に改修
竹田城 日本100名城で日本屈指の山城
但馬・出石城 観光名所と出石藩主の小出吉英





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 武蔵・矢上城
  2. 賀儀城
  3. 尾張・前田城
  4. 日向畑遺跡
  5. 瀬戸丸山城
  6. 高槻城
  7. 美濃・明知城
  8. 高木清秀屋敷
  9. 丹波・八上城
  10. 伊豆・長浜城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP