新潟県

越後・琵琶島城 上杉家に忠実な宇佐美氏の本拠地

越後・琵琶島城

越後・琵琶島城(びわじまじょう)は、新潟県柏崎市にある平城で、鵜川が大きく蛇行して形成された中洲のような場所で、で支流にも挟まれた川の脇にあります。
また、戦国時代に、鵜川の周りは、湿地帯であったも推測されているようで、防衛には適した地だった模様です。

特に、柏崎湊が近いことからも、舟運が利用できた城で、軍事的にも経済的にも非常に重要な城であったと言われます。
なお、野尻湖のところにも、琵琶島城がありますが、野尻湖は信濃・琵琶島城として区別させて頂きます。

最初の築城は不明ですが、伊豆・宇佐美荘(宇佐美)を本貫とする工藤祐茂(宇佐美祐茂)の宇佐美氏が、南北朝時代のはじめの頃に、越後守護職になった上杉憲顕に従って、越後に入りました。
そして、越後有数の規模である柏崎湊を所領としたようで、宇佐美城とも枇杷島城とも呼ばれます。





上杉家の中で長尾氏が台頭してくると、宇佐美氏は常に上杉家に味方していますが、これは昔からの主従関係を重んじていたからと推測できます。

そして、宇佐美定満(宇佐美定行)は、上杉家の軍師として活躍しました。
1535年、上杉定実の弟で上条城の上条定憲に協力すると、上条上杉家の再興を目指して、上杉定実・長尾為景と戦っています。

しかし、1536年、春日山城下で敗れただけでなく、上条定憲が死去した可能性があり、宇佐美定満(36歳)は長尾為景に降伏したと考えられます。
ただし、その長尾為景を同じ年に隠居へ追い込みました。
そのあと、宇佐美定満は長尾晴景に仕えています。

その後、1548年に長尾晴景が隠居すると、あとを継いだ長尾景虎(のちの上杉謙信)に仕えることになります。
宇佐美定行は上杉謙信の参謀として、上杉25五将の1人に数えられ、武田信玄との第4次川中島の戦いで、山本勘助の啄木鳥戦法を見破ったのも宇佐美定行とされます。

宇佐美定満は「琵琶島殿」(びわ嶋殿)と名前があり、上杉家の外様・譜代衆の中で、中条藤資、本荘繁長、本荘秀綱、石川重次、色部勝長、千坂景親、長尾政景、斎藤朝信、安田顕元?、長尾藤景、柿崎景家の次となる12番目の序列となっていました。(披露太刀之衆)

高齢を理由に隠居すると、子の宇佐美定勝が家督を継いだと考えられています。

越後・琵琶島城

そして、有名なのが野尻池事件となります。

宇佐美定満は、永禄7年(1564年)、謀反の疑いがあった長尾政景と共に、越後・坂戸城近くにある「野尻池」にて溺死しました。
この事で宇佐美氏は没落しています。

そのため、琵琶島城には前島修理亮が入っています。
この前島修理亮は、御館の乱にて、上杉景虎(北条三郎)に味方しました。

上杉景勝は、琵琶島城近くの旗持城主・佐野清左衛門尉宛てに、琵琶島城への警戒と琵琶島城から御館への兵糧輸送の阻止を明示、更には琵琶島城を調略するようにと指示しています。
実際に、琵琶島城からは物資が御館へ運ばれようとしましたが、佐野清左衛門尉が攻撃して阻止しており、琵琶島城は降伏・開城しました。

越後・琵琶島城

そのあとには、上田長尾家の家臣・桐沢具繁が入城し、在城料として、乱で没落した越後・北条家の所領(柏崎市北条)を与えられています。

現在、琵琶島城の遺構はほとんど失われており、柏崎総合高校が本丸跡とされます。
下記のような案内図もありますので、見学は許されていますが、生徒さんに迷惑を掛けないよう静かにマナーを守って見学したいところです。

越後・琵琶島城

なお、宇佐美定満が溺死した野尻湖にある野尻城も、信濃・琵琶島城とも呼ばれているため、混同に注意が必要です。

交通アクセスですが、JR信越本線・越後線「柏崎駅」から徒歩20分となります。

なお、琵琶島城の石碑は高校の敷地内にあります。
しかし、琵琶島城跡はこちらと言うように案内板もあり、立入しても大丈夫なようです。
さすがに、駐車する場合には、きちんと許可をもらった方が良いでしょうが、道路じたいも、高校の中を貫通していますので、通り抜けもできるようになっており、通行がてら撮影させて頂きました。

御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争い
春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城
長尾為景 二度主を殺した「奸雄」謙信の父
信濃・琵琶島城【信濃・野尻城】(野尻新城も)
宇佐美定満(宇佐美定行)とは~上杉家の軍師と琵琶島城(野尻湖での溺死)
長尾政景の溺死事件と仙桃院の数奇なる運命の果て
越後・安田城(新潟県柏崎市) 安田景元・安田顕元
越後・上条城 上条上杉家や上条政繁の居城
当方オリジナルの日本全国お城マップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越後
著者コメント
平城で開かれている高校内ではある。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 越後・松代城 越後・松代城 模擬天守もある三国街道抑えの山城
  2. 江上館(奥山荘城館) 江上館(奥山荘城館) 中条氏の本拠地 奥山荘城館遺跡
  3. 佐渡・青木城 佐渡・青木城 水堀などが残る青木殿の城跡
  4. 越後・福島城 越後・福島城 はかなく短命に終わった巨大な越後福嶋藩庁
  5. 佐渡・相川城(羽田城) 佐渡・相川城(羽田城) 相川を守る佐渡の山城
  6. 春日山城 春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城 東城砦・林泉寺も
  7. 越後・鳥坂城(胎内市) 越後・鳥坂城(胎内市) 上杉家筆頭家老「中条藤資や中条景泰」の本…
  8. 栖吉城 栖吉城 越後・長尾家一門筆頭の居城

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 備中・茶臼山城
  2. 日向・飯野城
  3. 門屋城(戸沢氏城館)
  4. 出羽・紫島城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP