愛知県

三河・岡山城のちょこっと解説~吉良氏の重臣・富永氏の属城か?三河一向一揆では久留正勝が籠城

三河・岡山城

スポンサーリンク



三河・岡山城とは

三河・岡山城(おかやま-じょう)は 愛知県西尾市吉良町岡山砦山にある標高20m、比高15mほどの丘城で、別名は岡山砦・岡山古城。
最初の築城などは不明だが、南北朝時代の頃に三河・西条城吉良氏4代・吉良満義の5男・吉良満康が岡山氏として分家し岡山満康となると、吉良氏系の岡山氏代々の居城になったようだ。

戦国時代の城主としてはは富永勝光(富永半五郎勝光)と伝わる。
なお、富永半三郎勝光と言う名も見られるが委細不明。

この富永氏は平安時代の武将・伴助兼後裔で、設楽郡富永荘の領主だったようで三河・野田館があったと言う。
分家のようだが冨永資良(冨永五郎左衛門)は、室町幕府将軍・足利義満に仕え、冨永行康、冨永資正と続いた。
この3代の富永資正が、応仁二年(1468年)に吉良義信に仕えてから吉良氏の重臣になったようだ。


スポンサーリンク



そして、富永正安、富永忠安と続いたが、富永忠安(冨永右京大夫忠安)は西尾の鵜ケ池村砦屋敷に住んだと言う。
また、三河・室城(牟呂城)も手に入れたようで、1536年、松平信定に追われた松平広忠を室城にて匿ったが落城したとある。
西尾私史によると富永忠安は安祥城主・松平長親の娘を妻にして、吉良氏没落後の西尾・鵜ケ池村砦屋敷に住んだと言う。
また、妙高山・妙満寺を建立したが富永忠安は永禄9年(1566年)に死去したとも。

その子は富永忠元吉良義昭に仕え、三河・室城(牟呂城)の富永忠元(富永伴五郎忠元)に復帰すると、三河・岡山城も管理していたとある。

三河・岡山城

桶狭間の戦いのあと、三河統一を目指した徳川家康の攻撃を受けて、1561年、藤波畷の戦いで富永忠元は討死。
三河・東条城の吉良義昭は降伏したが、一時、三河・岡山城に入ったともされる。

1563年、三河一向一揆になると、吉良義昭は東条城に入って蜂起。
最初は一揆勢だった久留正勝(久留善四郎正勝)が松平勢に寝返ると、三河・岡山城に籠って一番槍りを遂げたともあるが、これもよくわからない。
江戸時代に入ると吉良荘を知行した吉良上野介義弥が、次男・吉良弥清を住まわせて、岡山八兵衛と称したともある。

以上、諸説ありよくわかっていない事をご理解願いたい。


スポンサーリンク



三河・岡山城の場所は、当方のオリジナル地図「名古屋・北陸方面」にてポイントしている。
オリジナル地図「名古屋・北陸」方面
スマホ画面などで表示して「検索窓」から検索して、カーナビ設定することでも使用可能。(徒歩ナビとしても可能)

三河・牟呂城(三河・室城)の解説【どうする家康】富永忠元(富永伴五郎忠元)の居城
三河・今川城(今川氏発祥の地)~三河・今川館の今川国氏と今川了俊
三河・東条城の解説【どうする家康】東条・吉良氏となった吉良義昭は織田信長に味方
安祥城の解説【どうする家康】松平親忠・安祥城の戦い
徳川家康・三河統一の戦い「善明堤の戦い」松平好景の討死【どうする家康】「藤波畷の戦い」
本證寺・空誓上人のわかりやすい解説【どうする家康】三河一向一揆の中心になった城郭伽藍寺院
岡崎・大樹寺とは~徳川家康が桶狭間の戦いのあと登譽上人から励まされた菩提寺
岡崎・大樹寺とは~徳川家康が桶狭間の戦いのあと登譽上人から励まされた菩提寺
三河・東条城の解説【どうする家康】東条・吉良氏となった吉良義昭は織田信長に味方
千代(ちよ) は実在したのか?人物像解説~本證寺の境内で神秘的に舞う歩き巫女(古川琴音さん)


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP