徳島県

阿波・川島城~阿波九城のひとつと軍師・林能勝

阿波・川島城




阿波・川島城(かわしまじょう)は徳島県吉野川市川島町川島にある標高52mの岩の鼻にあり、比高30mとなる平山城で、阿波九城(あわくじょう)のひとつとなります。

阿波九城(あわ-くじょう)と言うのは、豊臣秀吉が長曽我部元親を討伐して、阿波に蜂須賀家政が入った際に、領内にあった城のうち、9つの城を改修して防御力を高めた城のことを言います。

一宮城・益田一正、撫養城・益田正忠(3593石)、西条城・森監物、川島城・林能勝(5500石)、大西城・牛田一長、海部城・中村重友(5254石)、牛岐城・賀島政慶(1万石)、脇城・稲田植元(1万石)、仁宇城・山田宗重が、最初の城主として蜂須賀家から派遣されました。
それぞれ、約300の兵を常駐させたと言います。

そのうちのひとつが、この記事でご紹介する川島城となります。





最初の築城は不明ですが、戦国時代、この辺りは、上桜城主・篠原長房の所領でした。
その後、天正年間(1573年~1592年)の最初に頃に、川島惟忠(川島兵衛進惟忠、川島兵衛之進)が築いたと言われています。
川島惟忠(かわしま-これただ)は、三好家の一族、三好長慶の甥とされます。

1572年には、すぐ近くの上桜城の戦いとなりました。
この合戦にて川島惟忠は、篠原長房を討伐した際に功績があったようで、そのあと、この地に200貫を知行して、川島城を築き、名前も川島姓を称した模様です。
本丸に二の丸、三の丸もあった要害だったと言います。

阿波・川島城

しかし、天正7年(1579年)、長宗我部元親が岩倉城に攻めよせ、脇城外の戦いにて三好勢は全滅します。
この合戦にて川島惟忠は討死したようで、川島一族は、備中まで逃亡したと言います。

阿波・川島城

天正13年(1585年)、阿波に蜂須賀家政が入封すると、川島城には家老の林能勝(林道感)が5500石で入りました。
小さいながらも城下町も生成されたようです。

林能勝

林能勝(はやし-よしかつ)の先祖は木曽義仲とされ、尾張の上林村に移って「林」と称したと言われています。
最初は、今倉左馬助に仕えて、のちに織田信長の家臣となりました。
戦功を挙げた際に、織田信長より、仁王正清の刀を授かったともあります。

阿波・川島城

1582年、本能寺の変のあと、蜂須賀正勝の家臣に加わっていたと言う事になります。
織田信長、羽柴秀吉、松平元康、松平秀忠からも武勇を賞されており、築城能力にも優れていたことから、蜂須賀正勝のもとでは、軍師格となりました。
徳島城の造営でも、武市常三(武市信昆)と共に、縄張りと普請を務めています。

林能勝は、1588年の九州征伐にも参陣すると、剛勇の武将・草野十郎を討ち取り、羽柴秀吉から「蘭奢待」の一部である「鬼の褌」の鍔を賜っています。
1592年の朝鮮攻めでは、朝鮮から女性を連れて帰国したようで、朝鮮女の墓というものが、川島城のあった古城山の墓地にあるそうです。
その後、林能勝は1596年に隠居すると道感と号しました。

阿波・川島城

1614年、大坂冬の陣には、81歳の高齢を押して出陣すると軍監となったほか、戦功も挙げ、黄金100両を賜りました。
蜂須賀家家臣の稲田示稙、山田宗澄、樋口正長、森村重、森氏純、岩田政長と林能勝は、徳川家康から称され「阿波七感状」のひとりにもなっています。
林能勝は、1616年2月6日の死去。
林能勝の墓は丈六寺観音堂の脇にあるそうです。

ただし、養子の林勝行が大坂夏の陣にて乱心したとして、林家は改易となった模様です。

川島城も、元和一国一城令により、寛永10年に廃城となりましたが、一揆などの発生に備えて、城跡は維持されていた模様です。
また、江戸末期まで川島城跡には徳島藩の奉行所が儲けられていました。

川島城模擬天守

模擬天守は観光客向けで、入場は無料です。
入場時間は9:00~17:00で、月曜日が定休、年末年始も閉館です。

川島城模擬天守

受付は無人になっており、記帳することで入場できるようです。
各階は会議室・研修室として使用しているようで、最上階に少しだけ展示があるとの事でした。
わざわざ入りませんでしたので詳細は不明です。

毎年3月下旬~4月上旬は、桜も開花して、川島城も綺麗なようです。

模擬天守前の道路わきが無料駐車場となっています。

電車の場合、JR徳島線にて阿波川島駅から、徒歩約10分となります。

川島潜水橋

オマケ写真ですが、下記は、吉野川にかかる、川島潜水橋です。

川島潜水橋

車1台がやっと通行できる橋で、洪水時には川の水の中に沈みますので、欄干がありません。

篠原長房~文武に優れ三好家を支えた高名な武将
徳島城~立派な石垣と堀は意外にも見どころ満載
蜂須賀小六(蜂須賀正勝)~豊臣秀吉の腹心
蜂須賀家政と蜂須賀至鎮とは~徳島にて阿波踊りを始めさせた戦国武将
撫養城~阿波の入口にある防衛拠点と模擬天守
阿波の土柱~高速道路のPAからも徒歩で観光できる珍スポット
阿波・大西城~歌舞伎の中村勘三郎さんご先祖様の城跡
木曽義仲(源義仲)とは
四国の戦国史跡巡りにも便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 高水寺城(陸奥・郡山城)
  2. 八王子城
  3. 角館城
  4. 丹後・下岡城
  5. 下溝城(下溝堀之内)
  6. 佐渡・雑太城
  7. 深大寺城
  8. 殿ノ城
  9. 館の城
  10. 新井城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP