神奈川県

相模・田村館のちょこっと解説~相模川の田村の渡し

相模・田村館




相模・田村館

相模・田村館は、神奈川県平塚市田村にある平城(館跡)になります。
この田村郷は、相模川を渡河する重要交通路にあり、田村の渡しから、相模川を渡ったようです。
対岸には、相模国一宮の寒川神社や、梶原景時の相模・一宮館(梶原景時館)があります。





田村付近は、大山・箱根・富士山を眺望できる景勝地として知られ、歌川国芳も描いています。
江戸時代には、中原街道と大山道の2つの往還の渡し場となっており、旅籠屋などもできて栄えたようで「田村の宿」とも呼ばれていました。

1953年(昭和28年)に、神川橋(かみかわばし)が開通するまで、地元の皆様が、渡し船を運営されていたようです。

相模・田村館としては、鎌倉幕府の有力御家人・三浦義村の田村館(田村山荘・田村ノ館)があったとされます。
三浦義村(三浦平六義村)の本拠は、三浦半島ですが、三浦一族の岡崎義実が、相模・岡崎城を領しています。
また、相模・平塚城も、三浦氏の領地だったとの伝承もあることから、岡崎郷(糟谷荘・糟屋荘)の一部として組み込まれていたのかな?と言う印象も受けます。
1219年、鎌倉幕府の将軍になるため、京から藤原頼経が下向した際に、田村で5日間過ごしたともされます。
また、1228年には、その鎌倉幕府の第4代将軍・藤原頼経や、執権・北條泰時、連署・北条時房など多数が、三浦義村の山荘跡地を、遊興で訪れて3日間滞在したと、新編相模国風土記稿にあるようです。
もっと、古くは、平安時代初期に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が、逗留したため「田村」と呼ばれるようになったともあります。





現在、団地の一角に石碑があるのみで、遺構などは残されていません。
ただ、現地を訪れて、わかったのですが、周囲は、水田などより、若干の微高地となっており、相模川の洪水など、水害も軽減される場所であることがわかりました。

交通アクセス

真芳寺への行き方・アクセスですが、小田急線の本厚木駅・南口から、平塚駅行きのバスに乗車して、田村十字路バス停下車の徒歩3分となります。
駐車場はありません。

真芳寺砦などと、セットでどうぞ。

住吉要害(山下長者屋敷)の歴史解説~伊勢宗瑞(北条早雲)相模平定の足掛かり
大庭城の解説【大庭景親】とは~舟地蔵伝説「鎌倉殿の13人」
相模・岡崎城 三浦同寸の城
城所城のちょっこっと開設~糟屋盛直・城所正揚
大庭景義【懐島館】の分かりやすい解説~懐島権守平景能
相模・平塚城の解説~三浦氏・大森氏の舘跡?
真芳寺砦(墨染館)の解説~相模・牛ヶ渕古戦場(大神古戦場)
関東の城跡めぐりオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP