神奈川県

相模・杉本城の解説~杉本義宗・杉本義茂(和田義茂)・斯波家長

相模・杉本城




相模・杉本城

相模・杉本城とは

相模・杉本城(すぎもと-じょう)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある山城で、大蔵山に築かれています。

場所 : 相模国
形態 : 平山城
比高 : 約40m
天守 : なし
築城者 : 杉本義宗
築城年 : 平安時代末期
主な城主 : 斯波家長
指定文化財 : なし

相模・杉本城

理解するのが少し難しいのですが、鎌倉の中にあり、鎌倉で最も防御性が優れた城と言えます。
鎌倉全体を「鎌倉城」とも言いますが、それは鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代の事と言えるでしょう。
その他の時代においては、鎌倉全体での鎌倉城とは呼ばず、もっと細かな地名などで場所を表記したため、ここでご紹介場所の城名は、相模・杉本城と言う事になります。

杉本義宗

最初の築城は、平安時代末期とされ、三浦義明の嫡男・杉本義宗(1126年生まれ)が、ココ鎌倉郡杉本に屋敷を構えました。
杉本義宗の妻は、大庭景継の娘です。
当然、屋敷は、麓を通る街道・六浦道(金沢街道)沿いにあったものと推測されますので、山城は詰の城だと考えられます。
ただし、山の相模・杉本城は、街道監視の砦程度の運用だったと考えられます。





杉本義宗(すぎもと-よしむね)は、安房への進出を試み、長狭常伴の安房・金山城を攻略しようと出陣します。
しかし、三浦水軍を率いて、海から上陸しようとしたところ、矢弓を受けて負傷し、三浦に退却しました。
その後、療養していたようですが、相模・杉本城で死去したとあります。享年39。

弟の三浦義澄大多和義久は、のち源頼朝に味方して大活躍していますので、嫡流の杉本義宗(三浦義宗)も、生きていれば、鎌倉幕府で要職についたことでしょう。

相模・杉本城

杉本義宗の嫡男は、相模・和田城にて和田義盛となり、三浦一族として鎌倉幕府では、侍所の初代別当となっています。
相模・杉本城には、次男・杉本義茂(和田義茂)が入りました。

杉本義茂(和田義茂)

1180年、源頼朝が挙兵し、石橋山の戦いに、三浦義澄・大多和義久・和田義盛など、三浦一族は参じますが、このとき、杉本義茂(和田義茂)は杉本城に残って、留守を守ったとされます。
三浦一族は、増水した酒匂川を渡れず、三浦半島に引き返す際、鎌倉の由比ヶ浜で畠山重忠と遭遇します。
和田義盛らと畠山重忠らは、お互いに知る間柄で、攻撃するつもりはなかったようです。
しかし、事情を知らない、杉本城の和田義茂が援軍として由比ヶ浜に到着すると、畠山勢に討ちかかり、小坪坂の戦いとなってしまいました。





そして、畠山重忠は、河越重頼・中山重実・江戸重長・金子氏・村山党などの援軍を得て、衣笠城の戦いとなっています。
老齢だった三浦義明は討死し、三浦一族は、安房へ逃れて、源頼朝らと合流しました。
この時、安房の長狭常伴が、源頼朝を襲撃したため、三浦義澄が討ち取ったとあります。
源頼朝が鎌倉に入るとね杉本義茂(和田義茂)は、源頼朝の側近として寝所警護などを担当しました。

斯波家長

鎌倉幕府が滅亡して、南北朝時代になると、室町幕府将軍・足利尊氏は、鎌倉に嫡男・足利義詮(あしかが-よしあきら)を入れて、東国武士を統括させます。
このとき、足利義詮を補佐する武将として、斯波家長(しば-いえなが)が関東管領となり、鎌倉に入りました。
しかし、南朝後醍醐天皇の命を受けて、義良親王を奉じ、奥州の鎮守府将軍となったいた、北畠顕家(きたばたけ-あきいえ)が、東北から南下し、1337年12月、足利義詮や斯波家長・桃井直常らが守る鎌倉を攻撃しました。
朝夷奈切通から鎌倉に入った北畠顕家・北条時行・新田義興らを、斯波勢は、相模・杉本城にて迎え撃ちます。
そして、杉本城の戦いとなりましたが、3日ほどで落城したようで、17歳の斯波家長も討たれ、相馬重胤も自刃しました。
足利勢としては約300名が命を失ったとされ、中腹の杉本寺の境内に、斯波家長の五輪塔と伝わる石仏群があります。

斯波家長の墓

足利義詮・上杉憲顕・桃井直常・高重茂らは、房総へと逃れています。
約5ヶ月後、高師直が石津の戦いにて、北畠顕家を討ち取りました。





その後、相模・杉本城が、使われた形跡はないため、城跡は見学できる状態とは言えないようです。
唯一、有料拝観となる、中腹の杉本寺が、遺構と言えば、遺構になるかと存じます。
どうしても、本丸へ登りたい場合には、杉本寺からではなく、北側から入ると、行けるようです。

交通アクセス

杉本寺までは、JR鎌倉駅・東口5番乗り場から、京急バス[鎌23]太刀洗行き、[鎌24]金沢八景行き、[鎌36]ハイランド行きのいずれかに乗車して、杉本観音バス停下車の徒歩2分です。
鎌倉駅から歩くと、杉本寺の入口まで、所要約30分になります。
駐車場はありませんので、付近のコインパーキング利用となりますが、どこも小規模で、そんなに止められるところはありません。
今回は、東洋カーマックス・鎌倉二階堂駐車場が空いていたので、利用させて頂きました。





5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
畠山重忠 武蔵最大勢力として忠義を貫いた武士の鑑
護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)
鎌倉城とは 鎌倉幕府が築かれた鎌倉の城域
鶴岡八幡宮 歴史観点からの観光参拝みどころ
杉本寺の解説「鎌倉最古の寺」大蔵山杉本寺(杉本観音)
鎌倉幕府とは 武家政権設立までの道のりをわかりやすく
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 平泉・接待館
  2. 落合岬
  3. 陸奥・根城
  4. 庭瀬城
  5. 馬込城
  6. 古渡城
  7. 川之江城(仏殿城)
  8. 松戸城
  9. 古河公方館(古河御所)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP