島根県

出雲・鳶ヶ巣城 (出雲・鳶巣城)  宍道隆慶・宍道政慶

出雲・鳶ヶ巣城 (出雲・鳶巣城)




出雲・鳶ヶ巣城(とびがす-じょう)は、島根県出雲市西林木町にある放射状連郭式の山城で、標高281m、比高は260mほどと堅固です。
別名は出雲・鳶巣城とも書きますが、浜田市に周布氏の石見・鳶巣城もありますので、注意が必要です。
出雲・鳶ヶ巣城最初の築城としては、戦国時代の1504年~1521年に、尼子一族である宍道久慶が築いて、金山要害城から本拠を移したとあります。
その宍道経慶と、母・尼子国久の娘の子である宍道隆慶 (しんじ-たかよし) は、尼子晴久に仕えていました。
しかし、1540年、尼子氏が攻めた、吉田郡山城の戦いでは、参陣するも、戦況が不利になると、早々に引き上げています。





そして、天文11年(1542年)1月、周防の大内義隆が自ら出陣して、大内晴持、陶隆房、杉重矩、内藤興盛、冷泉隆豊、弘中隆包や、当時、大内氏に臣従していた、毛利元就、小早川正平、益田藤兼らと、出雲へ侵攻します。
このとき、石見・出雲の尼子勢だった、吉川興経、三沢為清、三刀屋久扶、本城常光、山内隆通らが大内氏に寝返りますが、尼子一族にも関わらず、宍道氏も大内家に従いました。
そして、月山富田城の戦いに、大内勢として参じて法衣するも、なかなか、月山富田城が落ちなかったため、動揺した、三沢為清、吉川興経、三刀屋久扶、本城常光、山内隆通らは、再び尼子勢に転じます。
そのため、戦況不利となった大内勢は1年4ヶ月の長期戦のすえ、撤退し、立場が悪くなった宍道隆慶は、一族と共に大内氏に付き添って出雲を出て、周防山口の吉敷郡糸米村に居住しました。

大内氏滅亡時、宍道隆慶は、姫山城にて籠城しましたが、大内義長が山口を放棄すると、毛利元就に従属しました。
永禄4年(1561年)、毛利氏の出雲侵攻の際には、宍道隆慶と嫡男・宍道政慶(しんじ-まさよし)が、先祖伝来の地である出雲・鳶ヶ巣城を奪回しています。

出雲・鳶巣城

出雲方面を担当した毛利家の吉川元春が、鳶ヶ巣城の改修を命じており、大きな山城になった模様です。
出雲平野を一望できる主郭には宍道政慶公之碑があるようで、東1郭、東2郭など約10箇所の郭、土塁などの遺構もあり、現在は鳶ヶ巣城址公園として整備されています。
1570年(元亀元年)には、毛利輝元らが入城して、新宮党の遺児・尼子勝久ら尼子再興軍の出雲・高瀬城などを攻撃する拠点としました。
昔は、宍道湖が、麓付近まで伸びていたようで、出雲・平田城同様に、水運の抑えでもあった模様です。





天正5年(1577年)には、鰐淵寺の本堂を毛利元康、天野隆重、三沢為虎、三刀屋久扶、湯家綱らを従え、宍道氏が中心になって造営に参加しています。
しかし、宍道氏に反発した勢力もあり、主君・毛利輝元の許可を得ると、天正10年(1582年)10月、本宮山城主・大野高成を、鳶ヶ巣城に招いて、一族郎党を殺害しています。
城跡にある「大野塚」が大野高成の墓と伝わるようです。
天正12年(1584年)、毛利家によって出雲国衆の国替えが行われ、宍道政慶は、長門国阿武郡大井(萩市大井)へと2000石にて転封となりました。
その後、宍道氏は、長州藩士となっています。

出雲・鳶ヶ巣城

出雲・鳶ヶ巣城への交通アクセス・行き方ですが、一畑電鉄川「跡駅」から徒歩30分となります。
国道沿いに10台ほどの無料の駐車場があり、本丸までは、約1kmのハイキングコース(登山道)が整備されていて、片道40分程度の模様です。
なお、シカの駆除のため、鉄砲を撃つ時期もありますので、現地での案内にご留意願います。

出雲・平田城の解説
出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
宇龍城の解説【出雲】鉄の出荷をした港町
山陰地方の史跡・観光のカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 志筑城
  2. 和泉・高井城
  3. 突哨山チャシ
  4. 師戸城
  5. 余部城(丹波・丸岡城)
  6. 肥後・内牧城
  7. 天堂城
  8. 岩村城
  9. 岩殿山城
  10. 関宿城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP