島根県

石見・山吹城 本城常光が毛利勢から石見銀山を守る

石見・山吹城




石見・山吹城 (やまぶき-じょう)は、島根県大田市大森町にある山城で、標高414m、比高200mの要害山にあるため、別名は石見・要害山城とも言います。
周辺の石見・石見城、矢筈城、矢滝城(石見・高城)と共に「石見銀山」を守る4つの(石見銀山城館)城館群のひとつであり、国指定史跡「石見銀山遺跡」や、世界遺産「銀山柵内」に城跡が包括登録されています。
山吹城では、19本以上の畝状竪堀や土塁、空堀、石垣など、まさに石見銀山が重要な地であったことがわかります。
銀山旧記によると、最初の築城としては、石見銀山が発見された1309年頃に、周防の大内弘家の命にて築城されたとされます。





戦国時代に入ると、博多の商人・神谷寿貞によって開発された「灰吹法」により、銀の採掘量が増大しました。
1530年~1533年には、石見の小笠原長隆が銀山を占領しますが、大内氏が奪回すると、石見・山吹城を改修して強化しました。
しかし、1537年、出雲・月山富田城尼子経久が石見銀山を占領し、尼子・小笠原の連合軍と、大内氏との争奪戦が繰り返されました。
※当サイトの記事中写真は、パソコンなど大きな画面でクリックすると、拡大致します。

石見・山吹城

陶隆房(陶晴賢)の謀反による大寧寺の変で、大内義隆が自害すると、1555年、厳島の戦い毛利元就と対した陶晴賢は、宮尾城を落とせず、敗走して自刃しました。
その後、毛利元就も石見銀山を狙うと、石見・山吹城主の刺賀長信は、1556年に毛利家に臣従し、銀山は毛利氏が一時支配するところとなりました。
そのため、尼子晴久は25000の大軍を送ると、宍戸隆家ら7000の毛利勢を「忍原崩れ」で撃破し、石見・山吹城を兵糧攻めしました
刺賀長信と副将の高畠遠言は、城兵の命と引き換えに自害して、山吹城を尼子氏に明け渡しています。
そして、戦功があった本城常光が、石見・山吹城主に就任しました。

石見・山吹城

本城常光 (ほんじょう-つねみつ) は、石見の国人高橋氏の一族で、武勇に優れた武将でした。
永禄2年(1559年)、毛利勢が山吹城を攻撃しますが、本城常光は、矢滝城下での降露坂の戦いにて撃退することに成功しています。





1561年12月に、尼子晴久が急死すると、尼子家臣団が動揺したため、跡を継いだ尼子義久は、室町幕府将軍・足利義輝に毛利家との和睦調停を依頼します。
この雲芸和議 (うんけいわぎ) にて、尼子氏の石見方面への不干渉と言う条件を、尼子義久は承諾します。
そのため、尼子氏に従っていた石見の国人らが失望したのを見た毛利元就は、和議を反故にして、山吹城を包囲したため、本城常光は毛利家に降伏しました。
これにより、石見・出雲の多くの尼子家臣が、毛利家に寝返る事態となっています。
しかし、永禄5年(1562年)、本城常光の武勇などを嫌った毛利元就は、本城常光は誅殺しています。

なお、石見・山吹城には、吉川元春の家臣・森脇市郎左衛門を入れて、毛利氏は石見銀山を支配し、織田家との戦いの軍資金を確保した形になります。
下記は、石見・山吹城への登城口(手前)です。

石見・山吹城の登城口

1584年(天正12年)、豊臣秀吉毛利輝元が服属すると、石見銀山は豊臣秀吉の上使である近実若狭守と、毛利氏の代官・三井善兵衛が共同管理しました。
すなわち、半分は豊臣家の軍資金に充てられ、豊臣秀吉の朝鮮出兵を可能にした次第です。
下記は、石見・山吹城への登城口(奥川)でして、自転車ではなく、龍源寺間歩も見学する場合には、ここに降りてこれるとスムーズです。

1591年(天正19年)毛利輝元は、豊臣秀吉の命にて、領国の鉱山奉行に、備後・松岡城主の林就長と、幕臣だった柳沢元政を豊臣家臣にして任命しています。





慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにて、毛利家は石見国を失い、石見銀山は江戸幕府の直轄領となりました。
大久保長安が石見・山吹城に入ると、山吹城を改修して吹屋(銀精錬所)を置いたと記録があります。
翌年の1601年には、大森代官所に拠点を移したため、石見・山吹城は廃城となりました。
その後、2度と利用されないように破却したため、遺構の多くは失われていると言う事が言えるでしょう。
山麓にある西本寺の山門は、城門を移築したものと伝わります。





石見・山吹城への交通アクセス・行き方ですが、クルマは進入禁止のため、観光用の駐車場に止めてから、徒歩・レンタサイクルで行くことになります。
石見銀山「龍源寺間歩」に向かう途中に「山吹城跡1.1㎞」の標識あり、登城口(上記の手前の登城口)となっており、本丸まで50分前後です。
大手口を登ると大石垣が残っていたり、砦跡の平地(なりち)、空堀がありますが、山上の本丸には遺構は無いようです。
観光地で土日祝は、駐車場も混雑しますので、平日に訪問されることをお勧め申し上げます。

石見銀山の歴史
龍源寺間歩の見学参考情報
月山富田城の解説【日本100名城】尼子経久・尼子晴久・尼子義久
石見・石見城の解説 (石見銀山城館)
大久保長安とは 八王子の大久保石見守長安陣屋跡
山陰地方の史跡・城跡へのカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 榎下城
  2. 備後・三原城
  3. 並河城
  4. 大和・郡山城
  5. 近江・伊庭城
  6. 日向・井上城
  7. 初沢城
  8. 国宝・松江城
  9. 与板城
  10. 犬山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP